赤ちゃんにワセリンはいつから大丈夫なの?おすすめと一日何回塗るのが効果的?

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので
肌トラブルを起こしやすいです。
みずみずしいイメージがある赤ちゃんの肌ですが、
実は乾燥しやすくカサカサしてしまう事もよくあります。
そんな時はワセリンが効果的です。
ただ、赤ちゃんにワセリンはいつから大丈夫なのか
心配するママもいるのではないでしょうか?
ワセリンのおすすめと一日何回塗るのが
効果的なのか調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんにワセリンはいつから大丈夫なの?

赤ちゃんにワセリンはいつから大丈夫なのでしょうか?
赤ちゃんは生まれてからすぐに
ワセリンを使っても大丈夫です。
生まれたばかりの頃はお腹にいた時の
ママの女性ホルモンの影響から、赤ちゃんの肌は
十分な水分や皮脂が蓄えられています。
どちらかというと皮脂量が多すぎる位なのですが、
皮脂量が多いのは顔のTゾーンだけで
他の場所は乾燥しています。
皮脂量が多い場所に保湿は必要ないと思われがちですが、
べたべたしていても保湿は必要です。
沐浴で清潔にした後に毎回保湿ケアをしてあげましょう。
生後3カ月くらいから、赤ちゃんの肌は皮脂量や
水分量が少なくなり乾燥しやすくなります。
春や夏は汗によって体の水分が奪われ、
冷房で乾燥します。
冬は外の空気が乾燥しがちなので、肌も乾燥します。

ワセリンは乳児湿疹にも効果があるようです。
赤ちゃんそれぞれの体質もあるので
絶対に効果があると断言はできませんが、
私の子供には効果がありました。
私の子供が赤ちゃんの頃、口の周りの
よだれかぶれがひどい時期がありました。
口の周りが赤くかぶれ、赤ちゃん用の
ベビーローションで保湿をしていました。
しかし、あまり効果がなく膿が出る程までひどくなり
半年ぐらいよだれかぶれが続きました。
余りにもひどかったので病院で飲み薬と
塗り薬を処方してもらったのですが、
処方されたのがプロペト(ワセリン)でした。
ワセリンで赤ちゃんの肌を保湿し、
なかなか治らなかった乳児湿疹も治りました。
その後2人目の子供が赤ちゃんの時は、
保湿は迷わずワセリンを使いました。
よだれかぶれは多少ありましたが、
ワセリンのおかげで膿が出るほど赤くなる
という事は全くありませんでした。

赤ちゃんのワセリンのおすすめ

赤ちゃんのワセリンのおすすめは
どのようなものでしょうか?
赤ちゃんのワセリンは白色ワセリンや
プロペト、サンホワイトがおすすめです。
ワセリンは主に4つの種類があります。
黄色ワセリンと白色ワセリン、
プロペト、サンホワイトです。
つまり黄色ワセリン以外を使うと良いのです。

黄色ワセリンは1990年より前に一般的だったワセリンで
名前の通り黄色のワセリンなのですが、
今はお店では市販されていません。
不純物を含む割合が高いので、
アレルギーを起こしたり
刺激になったりしやすいのです。
現在はワセリンと言えば白色ワセリンの事を指します。
白色ワセリンは薬局やドラックストア、
場所によってはコンビニでも売られていますが、
わりとお手頃価格で手に入ります。
0歳児の赤ちゃん向けの
ベビーワセリンも販売されていて、
肌に伸ばしやすく、やわらかい質感なので
使いやすくお勧めです。

白色ワセリンより純度が高く
不純物が少ないのがプロペトです。
プロペトは病院で処方される位なので、
白色ワセリンに比べて安全性が高いです。
薬局やネットでも購入ができます。

最後にプロペトより更に高品質なのがサンホワイトです。
とっても敏感な赤ちゃんの肌には一番安全なのですが
値段が高めなので購入しにくいです。 


スポンサーリンク

赤ちゃんのワセリンは一日何回塗るのが効果的?

赤ちゃんのワセリンは一日何回塗るのが
効果的なのでしょうか?
ワセリンはかさつきが気になった時やお風呂上がりの時、
お出かけ後の時など一日3回ぐらいを
目安に薄くつけるのが良いですね。
またワセリンは油分が多く、沢山つけすぎると
洗ってもべたべた感が残り、きれいに落ちないので
つけすぎには十分に注意して下さいね。
 

さいごに

赤ちゃんのワセリンは生まれた時から
すぐに使っても問題は無いのですね。
肌が薄くて敏感なので、なるべく純度が高く
不純物の少ないワセリンを選ぶと
安心して使う事ができますね。
肌トラブルを防ぐ為に保湿は必要不可欠です。
是非みなさんもワセリンを使った保湿を
毎日の習慣にして下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする