赤ちゃんがミルクアレルギーになった時の症状は?原因や他に何をあげる?

現在、5歳と2歳の娘がいるママです。

長女が生まれたとき、うまく授乳ができずに、粉ミルクを併用していたのですが、私自身に、杉とヒノキのアレルギーがあったので、もしかしてこの子も何かしらアレルギーがあるのではないかと思い、

念のためにミルクアレルギー用の粉ミルクを飲ませていました。

そして離乳食を始める5か月頃に念のため、血液検査をしまして、
ミルクアレルギーは無かったのですが、
卵アレルギーが見つかりました(涙)

なにかしらのアレルギーは覚悟していたのですが、まさか卵とは・・・・

料理な苦手な私は、卵は本当によく使うアイテムだったので、離乳食時期の時は何とかなりましたが、

普通食になった時、クッキーやホットケーキ、ハンバーグなど、卵が入っているものは一切食べられなかったので、ほぼ娘に味噌汁ご飯を食べてさせておりました(汗)

ですが成長につれ現在は半生、生卵以外は食べられるようになり、
初めて卵焼きを食べたとき

「卵ってこんなに美味しかったんだ」

娘のこの言葉が忘れられません。

食物のアレルギーは食べられないから可哀想ですよね。

今回は、ミルクアレルギーについてお話しします。

スポンサーリンク

赤ちゃんがミルクアレルギーになった時の症状は?

私のように子育て中、粉ミルクで赤ちゃんを育てているママは多いです。

ですが、最近の赤ちゃんは本当に何かしらのアレルギーを持っている子が多いです。

ミルクアレルギーの場合、粉ミルクを飲むと以下のような症状がでます。

・下痢 下血
 粉ミルクを飲むたびに、下痢や、血便、嘔吐などが見られます。
・湿疹 じんましん
 顔や体全身に赤いブツブツ出ます。
・呼吸困難
 ミルクアレルギーの強い症状です。これは、すぐに救急車を呼んでください!!

今まで粉ミルク飲んでも何も無かったのに突然こういった症状が出た場合も、アレルギーを疑ってください。

アレルギーの症状はミルクを飲んでからすぐの赤ちゃんもいれば、数時間経ってから、という赤ちゃんもいます。

それに、赤ちゃんのうんちは元々ユルユルなので、下痢なのか見分けがつかないと思います。

ですが、ママの「なんかいつもとおかしい」「気になる」

と言う堪がきっかけで、ミルクアレルギーが見つかる事もあります。

少しでも気になる事があれば、かかりつけ医に相談してください。

赤ちゃんがミルクアレルギーになってしまう原因

そもそもアレルギーとは、本来、体に害を与えない物質なのに、免疫機能が過剰に反応してしまって起こる事です。
ミルクアレルギーの原因は牛乳に含まれている「カゼイン」というタンパク質です。

ちなみに母乳に含まれるカゼインは牛乳と比べて分子サイズが小さく、最も少ないので、アレルギーになりにくいとされています。
その他の原因の一つとして赤ちゃんの腸の消化能力が低い事もあげられています。

タンパク質が多く体内に入ると、大人であれば簡単に消化できますが、消化能力の低い赤ちゃんにとっては負担になってしまいます。

その結果、体の中で、ミルクを異物と判断し、アレルギー反応が出るのです。

ですが、ミルクアレルギーに限らず、乳幼児に発症した食物アレルギーは成長とともに食べられるようになります。

成長とともに腸などの消化器官の働きが良くなれば、段々治っていきます。


スポンサーリンク

赤ちゃんにはミルク以外は何をあげる?

ミルクアレルギーの原因が分かったところで、赤ちゃんはまだ、ミルクしか飲めないのにどうしたらいいの?
となります。

ご安心を。冒頭でも触れましたが、ミルクアレルギー用の粉ミルクが複数売っていますので赤ちゃんに合う粉ミルクを見つけあげて下さい。

母乳をあげているママも、赤ちゃんのアレルギーの度合いによっては、乳製品の摂取を止めなければならないかもしれません。

アレルギー用の粉ミルクも絶対にアレルギーが出ないという訳ではありませんので、
赤ちゃんにミルクアレルギーが分かったら、先生に相談して、決める方が良いと思います。

さいごに

食物アレルギーと分かったら、決して自己判断で与えないでください。

アレルギーで一番怖い症状はアナフィラキシーショックです。

長女は幸いにも重度の卵アレルギーでは無かったので、私が自己判断で、卵焼きをあげていました。
顔に赤い湿疹が出るのですが、1時間で引くので勝手に「これ位なら大丈夫かな?」と思い、

1週間に一回だけとか、決めてあげていました。

そんな事をしていたある日、いつものように、卵を食べて赤い湿疹が1時間経っても消えなかったので、焦って受診したところ

案の定叱られました。

「昨日大丈夫だったからと言って今日も大丈夫とは限らないのですよ」と。

それから、アレルギー専門の病院に行き、ゆで卵を15分茹でた黄身から食べるように指導を受けました。

その時に
「アレルギーの治療はネットでとか、周りの経験談を鵜呑みにしてはいけない」

と気づきました。

「卵アレルギーだからあえて卵を食べさせて強くさせたの」
など、ビックリするような情報がネットにはありふれています。

決して鵜呑みにしないで先生の指示に従ってください。

そしてアレルギーがあっても元気で可愛いわが子には変わりないのですから、子育て、楽しんでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする