赤ちゃんがお風呂上りに震えるのは大丈夫?注意点や対処法は?

お風呂や沐浴から赤ちゃんが出たあと、ブルブルっと震えることはありませんか?

特に何もしていないのに震えたら、痙攣かな?!と心配になったお母さんも、いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、赤ちゃんのお風呂上りの震えについての注意点や対処法などをお話ししていこうと思います。

では早速見て見ましょ~(・∀・)

スポンサーリンク

赤ちゃんがお風呂上りに震えるのは大丈夫?

まず、赤ちゃんがお風呂上りに震えること自体は、あまり珍しいものではないようです。

なぜかと言いますと、赤ちゃんが震えるのは、暖かかった場所から急に寒いところに移動したことによることが多いからです。

大人でも、暖かいところから寒いところへ移動すると、わかっていても震えたりしますよね。

赤ちゃんの場合は、大人が寒くなくても寒暖差を感じることが多いので、ブルブルっとしている時は、寒くてなっている可能性があるのです。

他にも、お風呂上りで気持ちよくて、おしっこが出ちゃったというパターンもあります。

これはお風呂から上がる前の、お風呂の中でブルブルっとしていると、気持ちよくておしっこが出ているかもしれません。

おしっことはいっても、大人のものとは違って老廃物が出ているわけではないので、お風呂でおしっこが出たからとショックを受けることはありませんよ。

赤ちゃんのお風呂上りの震えの注意点

さて、お風呂上がりの赤ちゃんの震えは、寒暖の差やお風呂に入って、暖かくて気持ち良いという生理的快感によるものが多いとお伝えしました。

しかし、全部が全部赤ちゃんの生理現象によるものでもありません。

冒頭でお話ししたように、痙攣を起こしている可能性もあります。

赤ちゃんは、痙攣を起こしやすいです。

ですので、「痙攣?!どうしよう!」と慌てるのではなく、まずは経過を観察しましょう。この時、赤ちゃんに服を着せるのを忘れないでくださいね。


スポンサーリンク

赤ちゃんのお風呂上りの震えの対処法

赤ちゃんのお風呂上りの震えの対処ですが、まずはお風呂に入る前に浴室を温めてあげましょう。

沐浴をしてるお母さんは、お昼の暖かい時間帯に入れてあげるようにしましょう。

沐浴をするお部屋も、暖めてあげるのを忘れてはいけませんよ。

赤ちゃんが生まれてから1、2カ月経ったころには、夜お風呂に入れているお母さんも多いと思います。

お風呂に入れているお母さんは、浴室を温めるのと、お風呂を上がった後に過ごすお部屋を暖かくしてあげましょう。

冬は寒くなっているので、21度くらいの室温を保ってあげると良いですよ。

また、痙攣で震えている場合は、経過を見て早めに病院を受診しましょう。

痙攣の特徴は、焦点が定まらずにびくびくと小刻みに震えます。

こんな症状が出ていたら、痙攣し始めたタイミングから時間を計り、すぐに病院を受診します。

慌てて大きな声で叫んだり、揺さぶったりしないように気を付けましょう。

さいごに

いかがでしたか?

赤ちゃんの震え、怖いですよね。

うちの娘も、お風呂の中でしたが、良く震えていました。

気持ちよくておしっこが出ていることはしょっちゅうで、お風呂上りでもたまにブルっとしていました。

機嫌が悪くなったことはなく、本当に快感から来る尿意が多くて、よく母と、「気持ちよかったんだね~。」なんて話していました。

最近は、お風呂の中で震えることはなく、浴槽から出たタイミングであったり、お義母さんに風呂上りの娘を迎えに来てもらって、体を拭いている時にジョ~っと出ちゃうことがあります(苦笑)

2回ほど膝の上でやちゃったという笑い話になっています。

うちの場合はこんな感じで、何事もなく来ていますが、痙攣やてんかんの可能性も捨てられないので、赤ちゃんの様子は十分注意して見てあげましょうね。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする