子供の抜け毛が多くなってきた時の対処法は?予防法と原因は?

健康

子供の抜け毛がひどくなった感じているママもいるのではないでしょうか。
そんな時、親としてはとても心配になります。
枕に髪の毛がたくさん付いていたり、シャンプーで洗った時など、ゴソット髪が抜けると可愛そうになったり不安になったりします。
そこで今回は、子供の抜け毛の原因や対策についてお伝えします。

スポンサーリンク

子供の抜け毛が多くなってきた時の対処法は?

〇医療機関で診てもらう
一度医療機関で診てもらうことを推奨します。
自宅でのケアが適切でない場合や子供の抱える違和感や不安感を増やしてしまうことが考えられるからです。
小児科や皮膚科を受診することが主だと思いますが,ストレスによる薄毛の疑いがある場合は、心療内科が適しているケースもあります。

〇外的刺激をケアする
紫外線や髪を引っ張る力など、外的刺激に関しては日々のケアが大切です。
まず紫外線対策としては、日傘・帽子・陽の強い時間帯に外に出ないなど。
また、髪が引っ張られることによるダメージは、定期的に分け目・髪型を変えることでケアできます。

〇ストレスをケアする
子供が不調や身体の変化を訴えた場合、まず医療機関へ行くようにしましょう。
原因がストレスと特定できた場合,まずは心療内科で診てもらい、医師のアドバイスに従いましょう。
自宅でできることとしては、子供が何にストレスを感じるのかを知ることが大切です。

子供の抜け毛が多くなった時の予防法

シャンプーを変えたり、良く泡立てて地肌にシャンプーをあまりつけないようにしたりするなど刺激を少なくすることではないでしょうか。
 あとは、原因や対策でも書かせていただきましたが、本人があまり気にしないようにすることと、ストレスをあまり与えないことですかね。
 親としてできることは食生活だと思います。
 バランスのとれた食事に加え、髪の毛に良いとされている海藻や魚介類を取り入れるのも1つの方法だと思います。

子供の抜け毛が多くなる原因は?

●子供の円形脱毛症
円形脱毛症は、一種の自己免疫疾患です。
普段はウイルスや細菌から私たちの体を守ってくれている免疫細胞が、髪の毛を作る細胞を間違って攻撃してしまうことで起こります。
初期症状では10円玉ぐらいの脱毛箇所が見られますが、放っておくとどんどん進行して、範囲が広くなっていきます。
子供によっては、すね毛など他の箇所にも脱毛が見られることがあるので、「おかしいな」と思ったら皮膚科を受診することが重要です。

●ストレスによる抜毛症
大きなストレスを感じると、自分で自分の髪の毛を抜いてしまう「抜毛症」を発症する子供もいます。
抜毛症の背後には、大きなストレスが隠れているので、治療に時間がかかることも珍しくありません。
子供は大人に比べて自分の気持ちを言葉で表現することがまだ上手にできません。
もし子供が自分で自分の髪の毛を抜いているのを見かけた場合は、子供の話をよく聞くなど密なコミュニケーションを図るようにしましょう。
また、抜いているその場に居合わせたら「また抜いてる!止めなさい!」ではなく、他のことに気を逸らせる声掛けをするようにしましょう。

●生活習慣・食生活の乱れ
夜更かしなどの食生活や生活習慣の乱れが抜け毛の原因になっていることもあります。
髪の毛を作るには、豊富な栄養が必要です。
食生活が乱れると、髪の毛を作るのに必要なたんぱく質や亜鉛、ビタミンといった栄養素が不足してしまいます。
また、遅寝遅起きなど、生活習慣が乱れると全身の血行が悪くなったり、ホルモンバランスが乱れたりして、髪を作る細胞に栄養が十分行き渡らなくなってしまいます。
その結果、健やかな髪の毛が育ちにくくなり、髪の毛のサイクル(ヘアサイクル)が乱れて、脱毛が起こると考えられているのです。

さいごに

1番かわいそうな思いをするのは子供ですよね。
年頃になって恥ずかしい思いをさせないためにも小さいうちから早期発見、対策をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました