子育て中寝ている旦那に殺意がわいた時や効率のいい睡眠のとり方

赤ちゃんが生まれると最初の難関はズバリ「寝不足」ではないでしょうか?

数時間おきに泣くわが子のお世話で大変なのに横で「ガーガー」いびきをかいて寝ている旦那。

赤ちゃんが泣いているのに起きないってどういうこと??

と私は何度も思いました。

そして翌朝、寝不足な私に向かって「あんま寝れなかったんだよねぇ」

と、言われた日には殺意がわきます。

これ、子育て中のママのあるあるです。

ネットには「旦那デスノート」や「旦那 完全犯罪」、「旦那 いつ死ぬ」など、結構怖い見出しがあります。

世の旦那様、寝ているだけで奥様はあなたに殺意がわくのですよ!

スポンサーリンク

子育て中横で寝ている旦那に殺意がわいた時

子育て中、特に夜中のお世話で疲れているのに横で気持ちよさそうに寝ている旦那に殺意がわいてしまう事、誰しもあると思います。

旦那も昼間は働いているので夜はゆっくり寝てくれていい。と分かってはいるのですが、夜中に数回泣く赤ちゃんに対して一度も起きなかったとき、

「どういう神経しているんだろう?」と逆に尊敬してしまいそうにもなります。

専業主婦の方は昼間、赤ちゃんが寝ている時に一緒に眠れる時間がありますので、「旦那は昼間、寝ずに働いていてくれているんだ」と割り切ってください。

そのかわり、昼間、ママは赤ちゃんと短時間でも寝るようにして下さいね。

共働きのママはやはり自分も昼間働く立場なので夜中のお世話は辛いところです。

殺意がわくなら寝ている旦那、起こしちゃいましょう。

寝ぼけてすぐ寝るかも知れませんが「私も眠いの!」と訴えるだけでも多少のストレス発散になります。

あまりにも寝不足が続くとママも仕事に支障をきたしますので、やはり夜中のお世話を夫婦交代でやる、など話し合いが必要です。

私の弟夫婦は共働きで夜中のお世話の時、奥さんが寝ている弟を起こして何もしなくてもとにかく起きてもらっていたらしいです。

義妹曰く「自分だけ寝不足なんてイヤ」という考えです。

私は専業主婦ですので、「弟、かわいそうだな」と思っていましたが、今思うと子育ては夫婦でするものですよね。

スポンサーリンク

それにママも働いているなら尚更パパの協力が本当に必要です。

赤ちゃんの時期は本当に寝不足との戦いです。

夫婦で戦ってほしいです。

効率のいい睡眠のとり方は?

赤ちゃんは生まれてしばらくは昼夜の区別がつかないので、とにかくお腹がすくと泣きます。

特に母乳は消化が早いので夜中何回も授乳することになります。

一晩ぐっすり寝てくれるようになるには個人差がありますがだいたい早くて生後6か月~です。

ですが、その時期には夜泣きが始まりますので1歳過ぎないと一晩ぐっすりは厳しいかもしれません。

そんな時期、5分でもママは寝ていたいですよね。

この時期にできる事は

・夜中の授乳はパパと交代する
夜中の授乳、母乳は消化が早いのでどうしても赤ちゃんがよく起きてしまします。
そんな時は、泣くたびに交互にパパとママで交代するなどして睡眠を確保してみてください。
パパの時は母乳ではなくミルクをあげることによって少し長めに眠れると思います。
可能であれば、夜中はミルクにする、と言う方法もあります。

・赤ちゃんが寝た時は一緒に寝る
赤ちゃんは昼夜関係なく寝ますよね。
同じタイミングでママも一緒に寝て下さい。家事なんて後回しでいいのです。
なんなら、お惣菜やネットスーパーを利用してご飯は考えないようにしてもいい位です。
一番はママの健康です。
ママが寝不足で倒れた方が大変なのですよ。
無理はしないでください。

他にもベビーベッドで寝かさず、添い寝をして泣くたびに寝ながら授乳ができるので起き上がることなく楽ですよ。

ただ、寝返りで赤ちゃんを窒息させないよう細心の注意が必要です。

最後に

好きで一緒になったのに寝ているだけで殺意がわくようになると、この先ちょっとしたことで旦那に対してイライラが出てくるようになるかもしれません。

赤ちゃんが生まれると生活スタイルが変わりますのでママのストレスがなるべく軽くなるよう、旦那さんとはしっかり話し合う事をおろそかにしないで下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする