手作りマスクの洗う頻度はどうすればいい?洗剤の選び方と早く乾かす方法は?

手洗い 健康

最近では何かと使用する事が多いマスクですが、やはり使ってると
気になるのが衛生面ではないでしょうか。

使い捨てマスクはその点、毎日新しいマスクになる為、衛生的には優れていますが

そんな時は手洗いが可能な布マスクなら繰り返し使える為、節約にもなります。
しかも最近では好きな柄でマスクを手作りし使う方も増えてますが、毎日使う物なので
楽しく使えるのは良いですよね。

そんな手作りマスクでが繰り返し使えるという利点はありますが、やはり洗濯しないと
汚れや臭い、また花粉やウィルスなどマスクに付着している為、洗濯が必要です。

今回はそんな手作りマスクの洗う頻度などをご案内してまいります。

スポンサーリンク

手作りマスクの洗う頻度はどうすればいい?

マスクといえば使い捨てを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
その為、マスクを洗うという考えがあまりなく、ついついマスクを洗い忘れてしまう方も
いるのではないでしょうか。
そんなマスクはどれくらいの頻度で洗えば良いのでしょうか。

・手作りマスクを洗う頻度は1日1回が基本となります。
マスクとなると口から入る細菌やウィルスや花粉などを守る為、マスク表面に
様々な細菌やウィルスが付着している可能性があります。
その為、清潔に保つ為にも1日に1回洗濯するのが基本となります。
手作りマスクも数枚もっておりマスクは毎日替るので洗濯は毎日じゃなくても良いかな
と考える方もいるかと思いますが、洗濯せずにそのまま放置してしまうと
他の衣類やなどにマスク表面から細菌やウィルスが移る事がある為、その日の内に
洗濯するようにしましょう。

・1枚づつ手洗いをするようにしましょう。
マスクは生地を傷めないように手洗いで行うのが好ましくまたマスクに付着した細菌や
ウィルスが他の衣類に付着しないように1枚づつ洗い他の衣類と一緒にならないように
するのが好ましくなります。
またマスクの洗う前と洗った後は指や手に細菌やウィルスが付着して可能性がある為
入念に手洗いを行いましょう。

スポンサーリンク

手作りマスクの洗う洗剤の選び方

手作りマスクとなると布タイプになるかと思いますが、布マスクの使用する洗剤は
一般的な衣類用洗剤で洗えますが水に早く溶ける液体洗剤がおススメです。
また自分で作った物でなく、購入した布マスクであれば購入したパッケージなどに
洗剤の種類の記載されていれば洗剤なども選んだ方が良いかと思います。
また汚れがひどい時は塩素系漂白剤を使うのもおススメです。

良い香りでマスクを楽しみたいとい方は香付の柔軟剤を使用する方もいるかもしれませんが、柔軟剤はマスクの使用を想定していない為、使わない方が無難となります。
また仮に使用した場合は顔に直接触れ為、思いのほか香が強く感じてしまい中には気分を悪くする方もいる為、柔軟剤の使用はおススメできません。

手作りマスクを早く乾かす方法は?

洗った後は乾かす必要がありますが、マスクは熱に弱い材料を使っているものもあり
縮みや型くずれをする可能性がある為、乾燥機を使う事が出来ません。
そんな手作りマスクを早くは乾かす方法は?

・水気を十分に切る
すすぎが終わったら十分に水気をきりましょう。
両手でマスクをはさんで押しながら水気をきります。
その後は清潔なタオルではさむ両手で軽く叩いて水気をとりタオルの位置をずらしながら
タオルに水気が吸収されるように行います。

・陰干しをする
タオルで水気が切れたら縮み防止の為にも軽く縫い目方向に引っ張り形を整えます。
また干す時はゴム紐に洗濯バサミを挟まず、マスク本体、特二縫い目に洗濯バサミを挟むと
ゴム紐が伸びたり生地の傷みも少なくなります。
.
・扇風機やサーキュレーターを使用する。
早く乾かす方法として扇風機やサーキュレーターの風を当たる方法もありますが
ドライヤーは乾燥機と同じで生地の縮みの原因となる為、使用しないようにしましょう。

さいごに

手作りマスクの洗う頻度はどうすればいい?
・手作りマスクを洗う頻度は1日1回が基本となります。
・1枚づつ手洗いをするようにしましょう。

手作りマスクの洗う洗剤の選び方
一般的な衣類用洗剤、特に水に早く溶ける液体洗剤がおススメ

手作りマスクを早く乾かす方法は?
・水気を十分に切る
・陰干しをする
・扇風機やサーキュレーターを使用する。

手作りマスクなるとやはり愛着をもって長く使いたいですよね。
より快適に使う為にも毎日の洗濯を日課として使用する事で気持ち良く
使えるのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました