夫がマタニティーブルーになる原因は?対処法と注意点は?

マタニティーブルーは女性が妊娠や出産をしたときに   
感情が不安定になることをいいますが、
実は男性も女性と同じようにマタニティーブルーに似た
症状になることを知っていましたか?
男性がマタニティーブルーになると育児の参加を放棄したり
家庭から逃避したりして夫婦の危機を招く場合もあります。
夫がマタニティーブルーになる原因とその対処法や
注意点をいろいろと調べてみましたので
ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

夫がマタニティーブルーになる原因は?

夫がどうしてマタニティーブルーに
なってしまうのでしょうか?
その原因はママが妊娠や出産を経て起こる様々な体や   
心の変化を、そばで見ているパパは敏感に感じ取り
ストレスを感じてしまうことにあります。
女性のマタニティーブルーは主にホルモンが原因に
なりますが、男性の場合はホルモンが
原因というわけではありません。
子供が生まれることによって自分は
今後どうなってしまうんだろうという将来の不安から
マタニティーブルーに似た症状になってしまうのです。
特に金銭的な面で妻や子供を養っていけるのか
ということが大きいようですね。
子供を育てるには今よりもっと稼がなくてはならないとか
現在の仕事を続けていけるのかと
先行きのことを考えてしまい
気持ちがうつ気味になってしまうこともあります。
またママと2人になる時間が減ったことも
原因の一つになります。
子供が生まれると急に生活の中心が子供になり
1日中子供に振り回されている感覚になります。
ママも赤ちゃんの世話で忙しくなり
パパのことをかまってあげられなくなり
それが原因でパパが浮気に走ってしまうことも
世の中では時々ありますね。
あとは世間ではイクメンと言われ育児に参加する男性が  
奨励されていることが夫のプレッシャーとなり
ストレスに感じている場合もありますね。

夫がマタニティーブルーになった時の対処法

夫がマタニティーブルーになってしまった時は
ママは悩み苦しんでいる夫のありのままを受け入れて、
夫の考え方や行動に理解をして譲れそうなことがあれば  
譲って認めてあげましょう。
ママが夫に不満があったとしても少し
我慢してあげることが必要で、ママに受け入れて
もらうことで夫の気持ちは少しずつ余裕が生まれてきます。
また夫が自分の趣味に打ち込めるリフレッシュの時間が
取れるように工夫してあげましょう。
夫の好きな場所やリラックスする場所に積極的に
出かけてみるのもいいですね。
可能であれば短時間でも子供を信頼できる人に
預かってもらい夫婦だけで
時間を過ごしてみるのもお勧めです。
それでも夫が一向によくなる気配がない場合は
夫婦だけで抱え込まず専門家に
カウンセリングを受けてもらいましょう。


スポンサーリンク

旦那がマタニティーブルーにならない為の注意点は?

旦那がマタニティーブルーにならない為の注意点ですが 
パパに不満をぶつけて
追い詰めるようなことをしないようにすることです。
ママはパパにもっと育児を手伝ってほしかったり
気遣いが足りなかったりすると不満に思い
育児中はストレスをぶつけてしまうことも
多々あると思います。
ただパパにとっては期待を押し付けられると
ストレスになってしまうこともあります。
夫婦どちらかができる時にできる事をやるという
スタンスで完璧を求めず
ハードルを低く持つことが大切です。

さいごに

子供が生まれると今までに経験したことのない
未知の事態がひんぱんに起こりママだけではなく
パパも気持ちが不安定になることがわかりました。
パパがマタニティーブルーになったときは完璧を求めず
おおらかな気持ちで接してあげてほしいなと思います。
そして時に1人の時間を作ってあげて
おおいにリフレッシュをしてもらいましょう。
子育ての道のりは長いので夫婦でお互いを支えあって
赤ちゃんを育てるという大変な時期を
乗り越えていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする