赤ちゃんの歩き始めるきっかけは?練習方法とあったほうが良い物は?

子育て

現在赤ちゃんを育てているママのみなさん

赤ちゃんが歩き始めるとき、一体何がきっかけになって歩き始めるのかな?って、気になりませんか?

最初首もふにゃふにゃして、たよりなかった赤ちゃんの首が座るようになり

寝返りをうてるようになり、ハイハイをするようになるたびに、赤ちゃんの成長に喜びを感じますよね。

だけど歩きはじめるのだけは、赤ちゃんの意思も必要な気がしますし、他の子の歩きはじめるきっかけがどんなだったかも気になりますよね。

ということでこの記事では、赤ちゃんの歩きはじめるきっかけについて調べてみたので、ご紹介していきますね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歩き始めるきっかけは?

赤ちゃんが歩き始めるきっかけは何かあるのでしょうか?

特にはじめてのお子さんだと、とっても気になりますし、出来れば歩きはじめるきっかけはこの目で見届けたいと思いますよね。

最初はハイハイをしていた赤ちゃんが、つかまり立ちをするようになり、さらには伝い歩きをするようになると

「そろそろ一人で歩くころかな?」と、ママは心待ちにすると思います。

「なにかきっかけがあれば歩くかも!?」と思うのではないでしょうか?

例えば赤ちゃんが普通に立てるようになるには

つかまり立ちをしながら、思わずおもちゃを取ろうとしたときや、楽しくなって手拍子したときに

つかまっている手を離すようになり、気が付いたら立てるようになっていますよね。

またこのように、つかまっていた手を離してもしっかりと立てるようになれば、歩くのに必要な筋力やバランス感覚が備わってきているともいえるのです。

そして、立てるようになると次は伝い歩きをするようになります。歩き始めるのはあと少しですね。

ただ、赤ちゃんが歩きはじめるきっかけは本当に人それぞれみたいです。

例えば、支えなく座っている状態から立つ動作を繰り返すことで、歩き始めることもあるようです。

たしかにこの動作を繰り返すには、バランス感覚がないとできませんから

赤ちゃんが床に座って遊んでいるときに立とうとするのをみたら、「もしかしたら立つようになるかも!」って、注意してみておいてもいいかもしれません。

またなかには、少し先にある大好きなおもちゃやオヤツ、自動販売機・・・などにつられて

なんの前触れもなくスタスタ歩きだすなんて赤ちゃんもいるみたいですよ。

赤ちゃんの歩く為の練習方法

わが子に早く歩いてほしいと思っているママ。その気持ちはよくわかります。

だけど、早く歩いてほしいという思いが強いあまり

赤ちゃんの体や心の準備ができていないうちに、親が強制的に歩かせようとするのは危険ですよ。

バランスをくずしてケガをしたり、歩き方がおかしくなったりする可能性があります。

一度怖い思いをすると、それ以降恐怖心から歩こうとしなくなることもありますので

無理やりに歩かせようとしてよいことはありませんね。

基本的には嫌がる赤ちゃんに強制的に練習させることは望ましくありません。

しかし、いつかは歩けるようにならないといけませんから

赤ちゃんが自然と歩くことに興味がいくような働きかけは大事かもしれません。

「歩くっておもしろいな」と赤ちゃんが思えたり、楽しみながら練習できたらそれが一番理想的ですよね。

まずは手押し車を押して、歩くことの楽しさを体験してもらうのもおすすめです。

ハイハイしていたときよりも目線が高くなり、視界がかわりますから

それで歩くことへの興味がわいて、自ら歩こうとするかもしれません。

そのほかにも、ママやパパの両足に赤ちゃんの足を乗せて、ペンギン歩きをするのもいいですよ。

ママやパパとスキンシップをとりながら、歩く感覚を養えます。

つかまり立ちしているときに、少し離れた場所に大好きなおもちゃを置いて歩くのをうながしてもよいですね。

ニンジンで釣る作戦ですが、おもちゃで遊びたくて「最初の一歩」が出ることがあるかもしれませんよ。

赤ちゃんの歩く練習にあったほうが良いものは?

赤ちゃんの歩く練習をするときですが、基本的になにか道具が必要なわけではありません。ただ、歩く練習をするときに家の中の環境を整えることは大切になります。

赤ちゃんが安心して歩くために、できるだけ床に物を置かないようにして、広いスペースを作ってあげましょう。

子どもが歩こうと思っても、物が多すぎるとすぐに物につかまって伝い歩きをしてしまいますよ。

また、歩くバランスをとりやすいように床はマットを敷くなどして滑りにくくしましょう。

滑って転ぶと危ないですし、そのためでも床を片付けることは大切です。

また、赤ちゃんは靴下は履かずに裸足がよいです。

歩きはじめる前には、何度も転んだり、尻もちをつくでしょうから

転んだときにけがをしないように。角のある家具には保護材を付けましょう。

上でもご紹介した通り、ママが「まだまだ歩かない」と思っていても

赤ちゃんが突然歩きはじめることもありますから、普段から環境を整えておきましょうね。

さいごに

今回は赤ちゃんの歩き始めるきっかけや、練習方法とあったほうが良い物などについてご紹介しました。

ママにとっては、赤ちゃんが成長していく様子をみるだけで楽しいですし

子育ては正直辛いこともありますが、赤ちゃんができることが増えていくことで

子育てのやりがいや喜びを感じられるのだと思います。

歩きはじめるタイミングも他の子とくらべることもあると思いますし

「早く歩かないかな?」と焦ったりソワソワすることも、きっとありますよね。

でも、大切なのはその子その子のタイミングです。

焦らずその子のタイミングをみつけてあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました