赤ちゃんがおもちゃに興味を持つのはいつから?お風呂のおもちゃや注意点は?

新生児を過ぎるとだんだん眼が発達し始め、
色んなものに興味を持ち始めます。
おもちゃに興味を持って遊んでくれると
お母さんも少し余裕ができ
家事などもはかどるかもしれませんね。
では赤ちゃんがおもちゃに興味を持つのは
具体的にいつからなのでしょうか?
おもちゃの注意点や、お風呂のおもちゃのおすすめなどを
紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんがおもちゃに興味を持つのはいつから?

新生児の赤ちゃんは
視力がまだ弱く、ぼんやりとしか見えていないため
ぬいぐるみなどを見せてもあまり反応しません。
その代わりに
聴覚ははっきりしていて
音のでるおもちゃなどには反応を示します。
赤ちゃんとのスキンシップを考えるなら、
おもちゃよりも
お母さん、お父さんとが歌を歌ってあげたり
お話しをしてあげたりする方が良いかもしれません。

生後2ヶ月ぐらいになると
身の回りのものにだんだん興味を持ち始めます。
しかし、まだ握力が弱いために握って遊ぶことはできません。
この時期は頭のうえでくるくる回るメリージムなどを与えると
視覚や聴覚が刺激され発達します。

個人差はありますが、
首すわりが始まる4ヶ月頃になると
興味があるものに対して手を伸ばして掴もうとするようになります。

しかし、手で掴めるようになったとしても
おもちゃを手にとって遊ぶというよりは、
口に運び、舐めたり噛んだりして
その感触などを確かめていることがほとんどです。

本格的におもちゃで遊び出すのは少し時間がかかるようです。
おもちゃを買う時は
製品の対象年齢等を参考にすると良いでしょう。

赤ちゃんにお風呂のおもちゃは?

赤ちゃんとのお風呂タイムは
準備や赤ちゃんのお世話などで色々と大変ですよね。
そんなときこそ
お風呂用のおもちゃに助けてもらいましょう。

赤ちゃんとのお風呂タイムが楽しくなるようなおもちゃをご紹介します。

・不動の人気!ラバーダック
定番中の定番、ラバーダックは、
黄色いボディにつぶらな瞳で赤ちゃんにも大人にも大人気。
くちばしから水をピュッと出す仕草は
可愛くてたまりません。
水陸両用のものであれば
お風呂の中でも浴室でも使えるので
赤ちゃんも喜ぶでしょう。

・もはや必需品!?スイマーバ
こちらも定番の「首うきわ」。
赤ちゃんにプレスイミングをさせることを目的に作られた
スポーツ知育用具なのですが、
日本では主にお風呂で使用する方が多いようです。

スイマーバを使うことによって
赤ちゃんは全身を使って運動ができるため
バランス感覚や持久力が養われるとされています。
また、水への恐怖心をなくす効果もあり
赤ちゃんもリラックスしてお風呂のタイムを楽しめるようです。

ただし、スイマーバによる入浴中の事故が発生したこともあり、
使用には十分な注意が必要です。

・おふろ絵本
濡れても大丈夫な素材の絵本です。
お風呂の温度で色が変わったり、きらきら光ったりするしかけがあり、
ストーリーもないので、
まだ文字が読めない赤ちゃんでも十分に楽しめます。

月齢に適したおもちゃで
赤ちゃんとのお風呂タイムをたのしみましょう。


スポンサーリンク

赤ちゃんにおもちゃを与える時の注意点/h2>

赤ちゃんとにおもちゃを与える際には注意も必要です。
ポイントを2つにまとめてみたので
参考にしてくださいね。

・目を離さない
赤ちゃんとが動き回るようになると
ちょっと目を離した隙に
おもちゃを口に入れて飲み込んでしまったり
おもちゃの紐などに足をひっかけたりして
思わぬ事故に繋がってしまうこともあります。

また、ねんね期の赤ちゃんとのであっても
手の届くところにおもちゃをおいてしまうと
ふとした瞬間におもちゃが口や鼻を覆ってしまい
窒息してしまう危険があります。

おもちゃで遊ばせるときは必ずそばで見守りましょう。

・安全なおもちゃを選ぶ
飲み込む可能性がある小さなおもちゃや
先端が尖っているような鋭利なおもちゃは避けるなど、
赤ちゃんに危険が及ばないおもちゃを選びましょう。
また、破損しやすい、または取れやすい付属品がついていないかも
十分確認うる必要がありまます。

おもちゃの対象年齢を確認ひ、
与える前に安全を十分確保したうえで遊ばせましょう。

さいごに

いかかでしたでしょうか。
おもちゃを使用することによって
親子の会話やスキンシップが活発になり
赤ちゃんの心も豊かに成長します。

しかし、あまり早い段階でおもちゃを与え過ぎると
赤ちゃんの興味がをうまく引き出すことができません。
おもちゃ選びは
赤ちゃんの成長や個性に合わせて選ぶことが最も重要です。

親子でお気に入りのおもちゃをみつけてみてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする