子育てで旦那が過保護すぎる場合はどうする?扱いとやめさせ方は?

「旦那が過保護すぎて困っています」

ネットでこんな書き込みが最近多いです。

よく見てみると、主に怪我や、病気の時にビックリするくらい心配したり、外で遊ぶことに関して、色々制限をしたり。

子供はのびのび育ててあげたい。と、思いますが確かに今のご時世、危険がいっぱいなのは理解できます。

ですが、過保護すぎて「公園の砂場では汚いからダメ。」「ハサミは危ないからダメ。」

と、心配だからといってあまりに子供やる事に制限をしてしまうと、子供の「やりたい」という、興味が薄れていくのではないかと私はその方が心配です。

「子供は怪我をして大きくなるもの」

と、もう少し柔軟に構えてもいいのでは?

と思うのですが、最近のパパは心配性なのでしょうか?

スポンサーリンク

子育てで旦那が過保護すぎる場合はどうする?

私が子供達の怪我で一番心配することは頭を打つことです。

小さいとどうしても頭が大きいのでよく頭を打ちます。

ですので1歳を過ぎ、歩き出したときは気になって旦那も私も過保護になっていた時期があります。

例えば、階段は常に抱っこ。

家では分厚いラグの上でしか遊ばせない。

硬いものは近くに置かない。

公園に連れて行かない。

今思うと結構制限していますね(汗)

今でも私の旦那は「公園の砂場は汚いからあまり、遊ばせるな」

と、言います。

それは無理ですね。と、思っていますが。

このように、旦那が過保護すぎると思っているママは多いみたいです。

小さいうちは仕方ないとしても、幼稚園に入る頃になると、子供も好奇心が旺盛になります。

それを「危ないからダメ」と言うのは、過保護と言うより、過干渉になると思います。

ですが旦那としても、「子供の為」と信じて自分が過保護になりすぎている事に気づいていないのが現状です。

そんな時は、休日にみんなで公園に行って、他の子供達の遊んでいる姿を見せてはどうでしょうか?

小学生ともなるとすごく活発に遊んでいる子をよく見かけます。

私は、そんな子供達を見て、「うちの子達も怪我して学んでほしいな」

と、思えるようになりました。

スポンサーリンク

一人、お友達についていけず、鉄棒すらできない子にはなってほしくないです。

旦那さんも、他の子供達のイキイキと遊ぶ姿を見る事で、なにか感じてくれるかもしれません。

子育てで旦那が過保護すぎる時の扱い方

ママは一日中子育てで疲れていますし、毎日の事なので多少適当になるママもいると思います。

そんな時、仕事から帰って来た旦那が過保護全開で子供に接しだしたらイラッとなりますよね。

そんな時は基本、スルーでいいと思います。

あーだこうだ、言ってくると思いますが、「今度から気を付けるね。」とか、

「そうなんだ」くらいで返事をしておくと喧嘩に発展することもないでしょう。

行き過ぎた過保護の旦那のやめさせ方は?

旦那は基本、普段は仕事で家にいませんので今、子供は何ができて、何ができないのか、ちゃんと分かっていないと思います。

なので「これはできないのでは?」

と考えから過保護になりすぎる、といったことがあるみたいです。

そんな時は、子供が自らして見せて「こんな事できるよ」

という事を分かってもらうのが一番です。

赤ちゃんの時期の過保護は聞き流すか、ストレスが溜まらない程度に従ってもいいのでは。と思います。

ですが、幼稚園や、保育園では「自分でできる事は自分でしましょう」

がスタンスですので、案外できる事は多いはず。

それを旦那に見せる事で納得してもらうのが一番なのかな、と思います。

最後に

大事なのは「怪我をさせない」ことではなく「怪我して覚えてもらう」

ということです。

危険な事を親が避けていると、いつまでたっても子供は成長しませんし「危険予知」の判断が鈍ります。

例えばブランコに乗って手を放すとこけて痛い。

これを自分で学ばないと、大きくなってからだと大けがをするかもしれません。

「こけたらかわいそう」と言う理由でブランコに乗せないのは違う意味でかわいそうです。

「かわいい子には旅をさせろ」

その通りだと思います。

怪我をして子供は成長するのです。

怪我をせずに育った子供の方が私は怖いです。

他人の痛みを理解できないかもしれませんから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする