エアコンで赤ちゃんの肌への影響は?設定や丁度いい湿度は?

寒くなってきましたね。

場所によっては、雪が降っているところもあるのではないでしょうか?

そんな寒くなってきた今のような時期、エアコンをつけている家庭も多いかと思います。

今回は、エアコンがおこす赤ちゃんの肌への影響と、設定温度と湿度についてお話ししていこうと思います。

では早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

エアコンで赤ちゃんの肌への影響は?

お部屋で遊ぶとき、寝るとき、寒かったらエアコンをつけますよね。

赤ちゃんは、温度管理が苦手なので、エアコンやストーブなどで室内の環境を整えてあげることは、とても大切です。

しかし、エアコンと赤ちゃんの位置関係や、設定温度によっては、環境を整えるためにつけたエアコンが原因で、赤ちゃんの肌が乾燥してしまいます。

肌だけではなく、喉も乾燥してしまいます。

赤ちゃんの肌を乾燥させない為のエアコンの設定は?

赤ちゃんが過ごしやすい設定温度は、夏は25~28度、冬は22度と言われています。

あまり温度が高くても、肌はガサガサになってしまいますし、低いと今度は風邪をひいてしまいます。

温度の調節は難しいですが、その都度温度の確認をしてあげてくださいね。

「すごく寒い。でも温度はあまりあげられない!」そんなときは、来てる服を厚着にしてあげたり、薄手のベストを着せてあげるなどして調節してあげましょう。

夜寝るときはどうするかといいますと、スリーパーという、ひざ丈ほどの長めのベストのようなものを着せてあげましょう。

フリース生地のものや、毛布と同じ生地のもの、ガーゼ生地のものや、キルティング生地などがあります。

デザインもいろいろあるので、探してみてくださいね。


スポンサーリンク

赤ちゃんの肌にいい湿度は?

赤ちゃんが過ごしやすい湿度は、50%~60%と言われています。

湿度が低いと、肌がカサカサに乾燥しますし、高いと今度はカビやダニが発生、増殖しやすい環境になります。

室内の湿度は、気温や天気、季節によっても違いますので、毎日湿度計で確認するようにしてください。

喉が渇く、渇かないに限らず乾燥しますので、湿度計で確認してくださいね。

温度設定も湿度設定もしているのに乾燥している場合は、毎回お風呂のあとに保湿クリーム塗ってあげたり、お着替えの時に保湿クリームを塗って、ケアしてあげましょう。

さいごに

いかがでしたか?

夏の暑い時も、冬の寒くて乾燥した時期も赤ちゃんの肌の事を考えると、悩むことはいろいろありますよね。

エアコンをつけたから安心というわけにもいきませんし。

寝るときは、赤ちゃんのベッドがエアコンの風が直接当たる所にあると、肌がガサガサになってしまいます。

ベビーベッドとエアコンの位置はちゃんとみて設置してあげましょう。

うちは、ベビーベッドはほとんど使っておらず、今は一緒に寝ていますが、エアコンの風が直接当たることはないのですが、それでも腕と足は乾燥しましたし(苦笑)

今は加湿器で50%以上になるように設定していることもあってか、大人も娘も乾燥は避けられています。

寝るときはエアコンと加湿器を付けて、スリーパーを着せ、子ども用の毛布をかぶせて寝かせています。

スリーパーは本当におすすめなんですよ!

布団を蹴っておなか出してた娘ですが、スリーパーは蹴っても脱げないので、お腹が出ることがないんです!

なので、布団と毛布で調節してるけど心配な方は、是非試してみてくださいね。

サイズは大体同じものが多く、赤ちゃんには大きいものが多いのですが、3歳まで着られるサイズだったりもしますし、寝る前にしか着せないので気にせず着せて大丈夫ですよ。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする