子供の風邪で病院に連れて行くタイミングは?原因と嫌がる時の対処法は?

子どもが風邪をひいてしまったときにどうしたらよいのか
わからないのが、病院へ行くタイミングですよね。
ふだん元気なのに急に熱がでて、ふうふうしていると
今すぐにでも病院へ駆け込みたくなりますよね。

それともただの風邪だから、1晩様子をみたほうがよいのか、
ママは悩むこともあるでしょう。

子どもが風邪を引いたときに病院へ行くタイミングや、
子どもはなぜ風邪をひきやすいのか?その原因や
病院嫌いの子どもの対処法について説明します。

スポンサーリンク

子供の風邪で病院に連れて行くタイミングは?

子どもが風邪を引いたときに病院に連れて行く
タイミングについて説明します。

子どもが風邪を引くと、急に38度以上の高い熱が
上がることがありますね。
とくに夜間に熱が上がるので、かかりつけの病院に
受診することができません。

苦しそうなので、焦ってしまい、夜間の救急病院を受診する
ママも多いのではないでしょうか。
よほど衰弱していれば、話はまた別になりますが、
風邪のほとんどについては、実はすぐに病院に行かなくても
大丈夫なのです。

翌日にかかりつけの病院を受診するようにしましょう。

子どもの表情をみて視線がしっかりあっているか、
おもちゃに興味をしめしてくれるか、顔色はよいかなどの
様子を判断して、もし問題がないようならそのまま自宅で
様子を見ていても大丈夫です。

また、熱とともに急に耳を痛がることがありますが、
眠れるようなら、耳の後ろや下を氷のうで冷やしてあげるなどの
応急処置をして、翌朝に耳鼻科に受診をしましょう。

ただし、例外があります。生後3か月未満の赤ちゃんが発熱した
場合は、重大な病気が隠されている可能性が高いので、
すぐにでも医療機関を受診しましょう。

子供が風邪にかかりやすい原因

子どもが風邪にかかりやすいのは一体なぜなのでしょうか?
赤ちゃんは母乳を通してママの免疫をもらっているので
最初のうちは風邪にかかりにくいのですが、
生後半年ぐらいになると、その免疫が失われてしまいます。

その後は風邪のウィルスに対して完全に無防備に
なってしまうので、風邪にかかりやすくなっていきます。
とくに保育園や幼稚園に通いだすと、風邪を引く機会が増えます。
小学校に入るまでは、何度も風邪をひいて風邪に対する免疫を
作り上げていきます。

ほかには、体の冷えが原因で風邪にかかりやすい
ということもあります。

寒いからと、大人と同じ感覚でつい子どもに
厚着させてしまうことがありますが、大人が思っている以上に
子どもは全然寒くないのです。子どもはもともと体温が高いので、
厚着することによって、よけいな汗をかき、その汗で
体を冷やしてしまうことになるのです。

また、季節的に冬が近づいてくると、室内が乾燥するので
風邪のウィルスが増殖され、
子どもはとくに風邪を引きやすくなります。


スポンサーリンク

子供が病院を嫌がる時の対処法は?

子どもが病院を嫌がることってありますよね。
皆さんも悩まれているのではないでしょうか?
私の子供も病院嫌いなのでお気持ちはたいへんわかります。
赤ちゃんの頃は大丈夫でも、知恵がついてくると年々、
病院に行くのを抵抗するようになります。

病院嫌いの対処法は、なぜ、病院にいくのか?その理由を
お子さん自身に納得してもらうことが一番です。
それでも子どもは病院は怖いところだと思っていますので、
簡単には納得はしませんが、理由をいうのと言わないのとでは
今後に大きな差があります。

「はやく元気になるために病院でおくすりもらおうね」などと
前向きな理由を伝えるとよいでしょう。
また、言い方は悪いですが、物で釣って病院へ行って
もらうというのも、有効な手段の1つです。

わたしの子どもの場合は先生に診てもらって全部終わったら、
病院にある自動販売機でアイスを買うようにしていました。
頑張ったご褒美にシールをくれる病院もあるので、
子ども専用のシール帳を用意しても喜ぶかもしれません。

これらは皆さんもすでにやっていることなので
目新しいことではないのかもしれませんが、病院にいけば
何かいいことがある、という風に子どもに思ってもらうことで、
病院に対するネガティブなイメージを変えることができます。

さいごに

子供の風邪で病院に連れて行くタイミングや風邪の原因、
病院を嫌がる時の対処法についてお伝えしました。
風邪を引くと親のほうがあたふたとしてしまいますが、
ほとんどの風邪の場合、夜間に熱が上がっても、受診は急がずに
翌日でも大丈夫なことがわかりましたね。

お子さんが風邪を引くと大変ですが、親子ともに
負担のかからない方法で、
乳幼児期の風邪を乗り切れるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする