子供の風邪のひき初めに風呂はいいの?入浴法と過ごし方は?

最近急に寒くなってきましたね。我が家でも子どもが
鼻水を垂らしていたりせき込んだりする機会が増えてきましたが、
風邪のひきはじめかな?と感じることがあります。
でも、子どもってすぐに汗をかくので、
できれば毎日お風呂にいれて清潔にしてあげたいですよね。

今回は子どもの風邪のひきはじめのお風呂は
どうすれば良いかをご紹介していきますので、
ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク

子供の風邪のひき初めに風呂はいいの?

子どもの風邪のひきはじめにお風呂はいいのか気になりますよね。
実は風邪のひきはじめでもお風呂に入っても大丈夫なのです。
以前は風邪をひいたら、お風呂に入ってはいけない
ということが常識でした。
ですので、私たちも子供が風邪を引いたときは
お風呂にいれないほうがいいと考えてしまうのではないでしょうか。

しかし最近では、お風呂に入ったからといって
風邪の症状がとくに悪化するということはないのがわかっています。
むしろ、入浴することによって、体の免疫力が高まり、
風邪を早く治すことができるとのこと。

ただし風邪のときにお風呂にはいる場合は注意点があります。
食欲がないときや元気がないとき、38度以上の高熱のとき、
何度も吐いているときは入浴を避けることです

風邪のひき初めの入浴法

子どもの風邪のひき初めのときの入浴法が知りたいですよね。
まずは入浴する前の準備からはじめましょう。

最初に子どもの体温を測ります。
38度以上の高熱かどうかを確かめて、熱が微熱程度なら
お風呂に入れます。

次にすることは、入浴後の冷え対策のために、脱衣所に
ファンヒーターをつけておいたり、浴室を
熱めのシャワーをかけたりして暖めておきましょう。

浴槽につかる場合はお風呂の前に水分補給をすると
脱水症状を防ぐことができます。
長風呂は体力を消耗してしまうので厳禁です。
5分程度お湯につかれば身体は十分に温まりますので、
風邪の引き始めはとくに、長風呂は避けるようにしましょう。

それからお湯の温度は熱いのはNGです。
38度から40度程度のぬるめのお湯が適正温度になります。
風邪のときは簡単に髪や体を洗い短時間でお風呂を済ますのが
ポイントになります。

お風呂からでたら身体についた水分をバスタオルで
しっかりと吸収し、もう一度水分補給をしましょう。
イオン水は身体に効率的に水分補給ができるので、
風邪を引いているときにとくにおすすめです。


スポンサーリンク

風邪っぽいなと思った時の1日の過ごし方は?

子どもが風邪っぽいときはどのように
1日を過ごせばよいのでしょうか。
以下の点に気をつけながら過ごせるように配慮してあげましょう。
子どもが風邪っぽいときは、

・手洗いうがいをしっかりとする
・水分補給をこまめに
・食事はたんぱく質とビタミンを積極的に摂る
・体を冷やさない
・睡眠をしっかりとる
・加湿をする

ということが大事です。
食事に関しては、卵や肉などのたんぱく質や
フルーツや野菜などのビタミンを摂ることが
風邪の回復に効果があります。
食欲があれば、肉や野菜など様々な栄養が摂れる鍋を
作ってあげてもよさそうですね。

子供が風邪を引いて喉がつらい、というときに私の家では、
はちみつとレモン汁を合わせたレモネードを作ってあげます。
レモネードは喉の炎症を抑えて菌を撃退する効果があります。

また、寝込む位の具合の悪さでなければ、気分転換もかねて
軽い運動をするのもオススメです。
軽い運動は、免疫を高める効果があります。

このような点に注意しながら1日を過ごしていけば、
風邪が早く回復することもあります。

さいごに

いかがでしたでしょうか?子どもの風邪のひき始めの
お風呂については、入浴したからといって
風邪を悪化させる直接の原因ではないことがわかりました。

お子さんの症状をみながら、大丈夫そうであれば
入浴も可能ということなのですね。
お風呂に入る場合は入浴法をぜひ参考にしてみてください。

これからの時期は風邪を引きやすくなりますので、
お子さんやママの体調にも十分に注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする