風邪の時に赤ちゃんに母乳はあげてもいいの?注意点と影響は?

初めての子どもをもつママは赤ちゃんを育てていく上で、
いろいろな疑問点が生まれますよね。
その1つに母乳育児がありますが、ママが風邪を
引いてしまったときに赤ちゃんに母乳をあげていいものなのか
疑問に思うこともありますよね。

ママが風邪のときに母乳はあげても風邪はうつるのでしょうか?
風邪の時の授乳についての注意点や、風邪で授乳をしたときの
赤ちゃんの影響についてもご紹介したいと思いますので、
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

風邪の時に母乳はあげてもいいの?

風邪の時に赤ちゃんに母乳をあげることは大丈夫なのでしょうか?
結論をいうと風邪のときに赤ちゃんに母乳をあげても良いのです。
でも、「赤ちゃんに風邪がうつらない?」と心配になりますよね。
実はうつるのを心配するどころか、風邪の時ほど赤ちゃんに
たくさん母乳をのませたほうが良いといいます。

ママが風邪を引いたときに体にできるのが風邪の抗体ですが、
抗体は風邪のウィルスと戦う役目を果たしてくれます。
赤ちゃんがママの母乳を飲むことで風邪の抗体を
赤ちゃんに届けることができるのです。

赤ちゃんは風邪の菌に対して免疫ができて、
風邪の引きにくい丈夫な身体になります。
ですので、風邪も含めて、病気にかかっても
授乳を中止する必要はまったくありません。

風邪の時に母乳をあげる時の注意点

風邪のときに母乳をあげてもよいということがわかりましたが、
赤ちゃんに母乳をあげるときの注意点を紹介したいと思います。

赤ちゃんに母乳をあげて直接風邪がうつるということは
ないのですが、赤ちゃんを抱いて授乳をしているときに
くしゃみをしてしまうと、飛沫感染から
風邪をうつしてしまうということがあります。
ですので、風邪を引いているときはマスクを必ず
着用することをオススメします。

また、風邪のときに授乳というのは体力的に
けっこうきついものがあります。
世の中の流れからか母乳育児が推奨されていて、
ママの中には何がなんでも母乳で育て上げようと
思う方もいると思うんです。

私もその1人でしたが、具合が悪いときぐらいは
ミルクでもいいと思います。
私も子供が赤ちゃんのころによく風邪を引きましたが、
1週間ほど40度の熱が続いたことがあり、
実家の母にきてもらったり夫も会社を休んだりして
迷惑をかけてしまうことがありました。

そんなときにも母乳育児にこだわり続けていましたが、
赤ちゃんにミルクを飲ませてあげたら、
ここまで長引かなかったかなと思っています。
乳腺炎も心配だと思いますが、
数日であれば搾乳すればなんとかなります。

哺乳瓶を受け付けない赤ちゃんもいると思いますが、
その場合は泣いたらすぐに授乳ではなくて、
授乳の間隔を少しあけるように努力してみましょう。

スポンサーリンク

風邪薬は母乳に影響あるの?

風邪を引いたときに症状がつらいと風邪薬で治したいですよね。
でも、風邪薬って母乳に影響があるのかとても気になりますよね。
風邪薬は母乳に影響はあります。
しかし、授乳をしていても飲める風邪薬はあります。

風邪薬には授乳に適した薬、適さない薬というのがあります。
素人では判断ができないので、市販薬はできるだけ避け、
病院を受診して処方してもらうのが一番よいでしょう。

私が病院を選ぶときは、産婦人科や小児科、
もしくは小児科内科(内科小児科でもOK)を選んでいました。
小児科でも風邪程度ならママの薬を処方してくれますよ。

産婦人科や小児科、小児科内科は母乳育児についての
知識があるので、ママに薬を処方すれば、赤ちゃんにも
薬の影響を受けるということをきちんと理解しています。
ですので、授乳しても赤ちゃんに害のない薬を処方してくれます。

内科だと、症状を効率的に治すことが優先になるので、
どうしても効き目の強い薬を処方します。
とうぜん授乳禁止の薬を処方されます。

私も内科にいったときに授乳中だから・・と説明しても、
薬を飲んでいる期間は禁止ですよとこちらの事情はお構いなく
あっさりいわれることがありました。

今日から母乳は禁止ね、といわれてもほとんどのママは
受け入れることができないのが現実でしょう。
内科医は医者にもよると思いますが、
母乳育児については配慮してくれないのが一般的です。

さいごに

今回はママが風邪を引いたときの母乳についての説明をしました。
ママが風邪を引いたときは赤ちゃんに母乳をあげても
大丈夫なのですが、ママの体力がもたない場合は
ミルクを与えてみたり授乳間隔をあけたりして
決して無理はしないようにしてください。

赤ちゃんを育てるのはママしかいません。
風邪薬をもらいたいときは、赤ちゃんの健康に配慮してくれる
小児科内科や産婦人科をぜひ受診してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする