部屋の大掃除断捨離はどこから?コツと子供と楽しむには?

主婦は毎日家事や子育て、仕事と大忙しですよね。
そろそろ年末に向けての大掃除についてどうしようか
考えるママもいるのではないでしょうか。
まだ早いでしょう?という声も聞こえてきそうですが、
忙しい主婦のみなさんだからこそ、
早めに計画を立てていくことをオススメします。

今回は大掃除の前準備でもある断捨離について
説明をしていきたいと思います。
部屋中に物があふれて掃除どころじゃないというママに、
ぜひ読んでいただきたいと思います。

スポンサーリンク

断捨離はどこから?

部屋が散らかり過ぎて、まずはどこから手をつければいいの?
と子育て中の主婦にはありがちな悩みだと思います。
断捨離がいいとは言うけれど、ただやみくもに断捨離しても、
すぐに嫌になって手が止まってしまいます。
どこが散らかっているのか、まずは頭の中で
一度情報を整理してみましょう。

そんな時にオススメなのが、紙に書き出す方法です。
これは、細切れの時間のなかで断捨離するのに
とくに良い方法だと思います。
小さい子どものいるママは子どもがぐずったり
幼稚園のお迎えの時間がきてしまったりと
よく作業が中断してしまいますよね。

わたしがよくやる方法は、部屋を見渡して物の吹き溜まりが
できている場所を、紙に書き出していきます。
紙に書き出したら、その中から一番簡単に
終わりそうな場所から手をつけていきます。
終わったら、線を入れて消していくようにします。

次に時間のあるときにオススメしたいのが、
物のカテゴリー別に一気に断捨離していく方法です。
今日は落ちついて片付けに取りかかれそうという時は、
冷蔵庫にある期限切れの食品やから手をつけ始め、
着たらかっこ悪いと思われるヨレヨレになった服など
手をつけてきます。
食品やいたんだ洋服は捨てるのも判断がしやすいので、
断捨離もサクサクと進みますよ。

食品、衣服の次には本や書類、小物、
思い出の品と見直していきます。
ピンときたかたもいますが、
ベストセラーの「人生がときめく片付けの魔法」の著者である
こんまりこと近藤麻理恵さんの片付けの順番を
参考に少しアレンジしています。

部屋の大掃除 断捨離のコツは?

年末は旦那さんの実家に帰る予定のママや
おせちやごちそうをつくるのに
食料品の買い出しに忙しいママ、
旅行の予定があるというママもいますね。
それと並行しながら子供の世話もしなければならないので、
そんな中、断捨離なんて出来るの?と思ってしまいますよね。
断捨離のコツを3つご紹介したいと思います。

1つ目は早い段階から進めるということです。
今からでも少しずつ始めていきましょう。
例えばわたしの場合、1日20分は絶対に片付けの時間と決めます。
20分ならどんなに忙しい方でも、時間を確保するのは
そこまで難しくないと思います。
20分でもやれないぐらい忙しいという日は、
次の日に持ち越します。

2つ目は年末までに物を増やさない努力をします。
物を増やさないように意識するには、やはり自分の家の
在庫を把握するということです。
わたしは洋服が好きなのですが、欲しいなと思ったときは
すぐに買い物に行かないで、たんすの中身を見てからにします。
そうすると、欲しいなと思ったものは
実は持っていたということに気づきます。

3つ目は捨てる以外の有効活用する方法を考えるということです。
具体的にいうと、他の誰かに使ってもらうということです。
わたしは状態のよい子ども服は遊びにきた友達の子どもや
親せきの子にあげたり、フリマアプリで出品したりしています。
状態の悪いものは四角に切って、キッチンの油はねの
掃除のときに使ってそのまま捨てています。


スポンサーリンク

子どもと部屋の大掃除を楽しむには

日本では昔から年末に大掃除をするのが慣習ですよね。
そのため子どもに掃除を教えてあげたいと思う
ママもいると思います。
子どもと大掃除を楽しむためには
どうすればいいのか考えてみました。

まずは大掃除の計画を家族みんなで立てましょう。
子どもに何をやってもらうのか、あらかじめ子どもに伝えます。
床ふきやガラス拭きなど、できるだけ簡単で
達成感のある仕事を与えましょう。
掃除道具を子どもと一緒に選びに行くのも良いと思います。

つぎは具体的な掃除方法です。
何時から始めて何時まで終わらせる、と時間を決めます。
子どもの集中力を考えると、1時間程度で
終わらせてもいいと思います。
好きなアニメの主題歌をかけながら掃除すると、
テンションが上がるのではないでしょうか。
ママは子どもが掃除する場所の近くで、
声をかけられる距離にいるようにしましょう。

最後は終わった箇所を褒めてあげます。
「わぁー!綺麗になったね」とか「ピカピカ!よく頑張ったね」
など、パパやママが喜んでくれてよかった!
部屋が綺麗だと気持ちがいいな!と感じるような
褒め言葉をかけてあげましょう。
終わった後はお楽しみのおやつタイムにしましょう。

さいごに

今回は年末の大掃除や断捨離について説明をしました。
断捨離は捨てやすいものから徐々に感覚をつかんでいく
ということが大事なのですね。
今年の年末はお子さんを巻きこんで、
部屋の大掃除をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする