部屋の大掃除の順番は?早く終わらせるコツと必要なものは?

主婦の皆さんの中には年末の大掃除と聞くと、
急に気が重くなるという方が多いのではないでしょうか。
でも気持ちよく新年を迎えたいから、
早く大掃除を終わらせたいと思いますよね。

今回は効率よく大掃除を終わらせるための順番や
早く終わらせるコツと、大掃除に必要な道具について
お伝えしていきたいと思います。

主婦のみなさん!今年こそは大掃除を効率よく終わらせて、
ゆっくりと年越しできるといいですね。

スポンサーリンク

部屋の大掃除の順番は?

部屋の大掃除ですが、どこからやればいいのかわからない
という方もいるのではないでしょうか。
効率的な大掃除の順番を説明していきたいと思います。

まずは、不用品の処分から始めましょう。
物が散らかっていると手が止まって
時間のロスになってしまいます。
また、カーテンや玄関マットなどの大物の洗濯も
合わせて先にしておきましょう。

次はキッチン、そのあとにトイレや洗面所、お風呂場など
水回りの掃除をしていきます。

水回りが終わったら、各部屋の掃除をします。
ここでのポイントは玄関から遠い部屋からスタートしていきます。

次は、階段、床、廊下を掃除し、最後に玄関と移っていきます。
掃除は高い位置からほこりを取り除いてから拭き掃除をし、
徐々に低い方へ掃除をするようにしましょう。

部屋の大掃除を早く終わらせるコツ

年末はとくに忙しいので、部屋の大掃除をさっさと終わらせて、
ゆっくりしたいですよね。

まずは大掃除の日の計画を立てましょう。
なにをするのか具体的にリストを作っておきます。
その中から優先順位の高いところから、番号を順にふっておき、
何時から何時まではキッチンを掃除するという感じで、
タイムスケジュールを立ててみましょう。

計画通りに進めていくコツは、計画した時間になったら、
ある程度区切りのいい場所で終わらせて、
次の箇所を掃除していくようにしましょう。
まだまだ掃除し足りないと思うかもしれませんが、
全体的に掃除をするのであれば、
見切りをつけるということも必要です。

必要な道具を揃えておくのも、掃除を早く
終わらせるポイントの1つです。
使いたいときに取りにいくのでは、
とても効率がよいとは言えませんよね。
必要な時にさっと取り出せるのが、大掃除を早く
終わらせるコツでもあります。

家族みんなを巻き込むのもオススメです。
小さい子どもが掃除したら余計に時間がかかるのでは?
と思ってしまいますが、意外と子どものお掃除って
細かいところを丁寧に掃除してくれます。
私の子どもはお風呂掃除が好きですが、
タイルの溝の黒ずみまで汚れが取れるまで、
しっかりこすってくれます。


スポンサーリンク

部屋の大掃除に必要なものは?

大掃除をするために、まずは洗剤や道具を買いに行かなくちゃ!
と焦って買い出しに行く方も多いと思います。
でも大掃除を少しでも早く終らせたいなら、
買い物の時間すらもったいないと感じますよね。
まずは、家にある道具をかき集めてみてください。

大掃除に必要な道具は、雑巾や古い布数枚と掃除機、ほうき、
ハタキ、スポンジ、ゴム手袋、軍手、ストッキング、
細かい部分を掃除するのに使う古歯ブラシや、
プラスティックのカード、つまようじや
割りばしなどがあればOKです。

ストッキングは蛇口やシンクの水垢がよく取れます。
ストッキングの中に針金ハンガーを入れれば、
すき間などのホコリ取りにオススメです。

軍手をはめて掃除すると、ドアノブや手すり、
ブラインドのすき間など、細かい部分をなでるだけで
きれいになるのでお手軽です。
雑巾はぬれた雑巾と乾いた雑巾が必要です。

洗剤は中性洗剤、漂白剤、クレンザー、重曹、クエン酸、
練り歯磨きなど家にあるものを集めてみて下さい。
練り歯磨きは蛇口を磨くときに使い、最後で乾いた布で
磨くとピカピカになりますよ。

さいごに

今回は効率の良い掃除の順番や早く終らせるコツ、
必要な道具についてお伝えしていきました。
大掃除に取り掛かる前の不用品の整理は、年末に向けて
今からでも少しずつ取りかかっていくと、
掃除がやりやすいと思いますよ。 

計画を事前に立てたり、道具を揃えておいたりする前準備が
早く終らせるコツでもあります。 
 

そして特別な道具は必要なく、家にあるもので十分に
大掃除ができるので、お子さんや旦那さんを巻き込んで、
家族みんなで今年は大掃除に取りかかってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする