子供の英語の絵本の選び方は?いつからとおすすめは?

子供が生まれるとふとよぎるのは「英語は早いうちから習わせた方がいいのかな?」

とママなら一度は思った事でしょう。

2020年から小学校低学年から英語が始まり、中学になると1時間の授業がまるまる英語でやると聞いています。

ちなみに私は中学校で英語を挫折したので子供たちにはせめて授業はついて行けるくらいの英語力は身に付けさせたいと思っております。

「日本語も分からない内から英語なんて教えなくていい」「小さいうちから英語に慣れ親しむ方がネイティブな発音が聞き取れるのでいい」

と意見が分かれるところですが、私自身、英語は小さいうちから派です。

今回は英語に親しむ第一歩として英語の絵本についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子供の英語の絵本の選び方は?

子供に英語の絵本を見せても多分さっぱり分かりませんよね?

まずは単純な文章で、絵を見ただけで意味が分かる絵本から子供に与えた方がいいでしょう。

例えば「I’m runnig」と書いてあったら、走っている子供の絵が描いてある、「I’m eatnig」と書いてあるとご飯を食べている絵がある、などです。

意味が分からない英語の本を読んでいても子供は興味を示しませんので、単純で分かりやすい絵本から始めてみて下さい。

他にも日本語に和訳されている子供の知っている絵本の英語版もいいですし、CD付の絵本もあります。

「うまく発音できないから子供の為の英語の勉強にならないのでは?」と思っているママは多いはず。

本来なら、多少の発音は気にしなくてもいいのですが、どうしても気になるママには絵本の内容をCDで聞く、と言う絵本もあります。

聞いているうちに親子で絵本の読破が期待できます。

子供の英語の絵本はいつから?

赤ちゃんの頃から英語の絵本、読み聞かせにしてもいいのかな?日本語の絵本を読み聞かせしても反応、薄いのだけど?

と絵本を理解しているのか分からない赤ちゃんに読んでも意味あるのかな。とママは悩むところですが、絵本を読み聞かせるのに何歳~というのはありません。

もちろん英語もです。

子供が小さければ小さいほど親しみやすくなるのでいいのではないでしょうか。

子供におすすめの英語の絵本

子供におススメの英語の絵本はやはり、繰り返し同じ言葉を言っている単調な絵本です。

まずは文章よりも単語を覚えていく方がいいでしょう。

たくさんある英語の絵本の中でおススメなのが

見開きで楽しそうな赤ちゃんと、悲しそうな赤ちゃんの絵がある絵本です。
シンプルで繰り返しなのでHAPPYとSADの意味が理解できるようになります。

これも繰り返し同じ文章を読んでいく絵本で仕掛け絵本になっていますので楽しみながら読めます。

この絵本は日本語訳もある人気のある絵本です。本文をきらきら星のメロディに合わせて読むことが出来る為、すんなり頭に入ってきます。

この絵本は寝かしつけにもおススメです。夜、寝ようとしている女の子の部屋のドアが「ドンドン」とノック音がしてお化けなどがやってきて部屋に入れてと頼んでくるお話です。
ナンバーズ ステップand ラーン<数字>
数字の絵本です。厚手なので少々乱暴に扱っても大丈夫。仕掛けもいっぱいでこれで英語の数字も楽しく覚えられます。
ナンバーズ ステップ and ラーン<アルファベット>
こちらも繰り返し読めるよう厚手で、単語も覚えられるようになっていますので子供も楽しみなが英語を覚えられます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

英語の絵本なんてまだ早いのでは?

と思っていたママもこんなに子供向けの絵本があるとは、と思って頂けたのではないでしょうか。

私はCD付の絵本に興味を持ちました(笑)

冒頭にも書きましたが本当に英語が苦手なんです。

これを機に子供達と一緒に英語の勉強をしていけたらなぁと思います。

気になる絵本を見つけられるといいですね。

スポンサーリンク