赤ちゃんの足の冷え対策は?原因と予防法は?

1歳を迎えるまでの赤ちゃん時代は
気がかりなことが多いですね。
特に初めての子供をもつママは赤ちゃんの体調の変化に
不安になりがちだと思います。
その中でも赤ちゃんの足が冷たく感じ
体が冷えているのでは?と思うことはありませんか?
赤ちゃんの足の冷えには
どんな対策をすれば良いのでしょうか。
また足が冷える原因や冷えないための予防法を
これから紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの足の冷え対策は?

赤ちゃんは動けるようになるまでは
1日の大半を部屋で過ごすことが多いです。
赤ちゃんの足の冷え対策は部屋の温度を
暑すぎず冷えすぎず快適にする必要があります。
赤ちゃんの足や手は体温調節をするための
センサーの役割があります。
そのために室温が低いと体温にすぐ影響してしまいます。
赤ちゃんが過ごす快適な室温は
いったいどれぐらいが良いのでしょうか?
夏は25度から28度、冬は18度から22度ぐらいが
快適な温度と言われています。
室温だけではなく湿度にも気を配りましょう。
特に寒い季節やエアコン、
暖房の使用で空気が乾燥してしまいます。
40パーセントから60パーセントの
湿度を保つようにしましょう。

また足が冷えていると赤ちゃんの寝つきにも
影響してしまいます。
夏は室温が高いのでバスタオル1枚でも十分ですが
冬の室温が低い時には赤ちゃんの寝る布団に
湯たんぽを入れて暖めておくと安眠につながります。
注意点は低温やけどの恐れがあるので
布団が十分にあたたまったら湯たんぽは
布団から取り出しましょう。

赤ちゃんに靴下をはかせるのはどうでしょうか?
靴下は冷えを防いでくれますが室内は
基本的に暖かいことが多いですよね。
靴下は外出の時や室内の温度が低い日のみにして
普段は素足で過ごすのが良いです。
暖かい室内で靴下をはくと赤ちゃんの足のうらは
たくさん汗をかいてしまいます。
そのために体温が一気に下がってしまい
足の冷えにつながってしまいます。

赤ちゃんの足が冷える原因

赤ちゃんの足が冷える原因ですが、体の水分量が多いため
足も含め体全体が冷えやすいといわれています。
人の体は多くの水分でつくられていて赤ちゃんのように
体が小さいほど水分の割合が多いのです。
大人の水分量は体の約60パーセントの割合を占めていて
生まれたばかりの赤ちゃんは約80パーセントといいます。
そのため赤ちゃんは大人に比べて冷えやすいのです。
また体温の調節が未発達であることや
皮下脂肪が少ないことでクーラーや室内の温度に
直接の影響を受けてしまうのです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの足の冷えの予防法は?

赤ちゃんの足の冷えの予防法ですが
水分補給をする場合に冷たいものはなるべく避けて
少しぬるめのものを飲ませるように心掛けましょう。
白湯やほうじ茶を人肌に近い温度にして与えましょう。
ただミルク以外は受け付けないという
赤ちゃんもいるので、その場合は無理に
飲ませる必要はありません。
それから運動は冷えの予防につながります。
赤ちゃんに運動?と考えてしまいますが、
特別なことをさせなくても赤ちゃんは
泣くこと自体が運動になります。 
泣きながら足をバタバタさせているだけで
筋肉や肺が鍛えられます。
色々手は尽くしたのにそれでもまだ赤ちゃんが
泣いているという場合はしばらく泣かせておくことも
運動のためには必要なのです。
ハイハイができたり歩けるようになったら
自然と赤ちゃんの運動量も増えていきます。
赤ちゃんはまねっこが大好きなので
ママは赤ちゃんとハイハイで競争して
遊んでみると運動量も増えて良いですね。
歩けるようになると散歩をすることで
沢山体を動かすことができますね。

さいごに

赤ちゃんは手や足を使って体温の調整をしています。
足の冷えは赤ちゃんの周囲の温度が
特に関係していることがわかりました。
赤ちゃんが快適に過ごせるような
室温と湿度を保つようにしましょう。
温度計や湿度計をおいて毎日チェックしていながら
温度調節をしてみてください。
また足の冷えは寝つきを悪くしてしまうので
夏はバスタオル、冬は湯たんぽを使い
赤ちゃんの寝る布団を温めておきましょう。
冷たい飲み物は控えてぬるめの白湯などで
水分補給をしてくださいね。
運動も大事なので親子で体を使った遊びや
散歩を楽しみましょう。
赤ちゃんの足を冷やさないために
ぜひ参考にしてみてくださいね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする