赤ちゃんの湿疹の後のケアはどうやるの?原因とおすすめの保湿ケアは?

ほとんどの赤ちゃんは生まれて数週間ほどで乳児湿疹がでます。

女性がこんな肌になりたいと思う「プルプル赤ちゃん肌」とはほど遠い、ブツブツ肌になります。

私も長女の時に乳児湿疹を経験し、当時は「本当に綺麗に治るのかな?」

と凄く心配しました。

現在、5歳の長女と2歳の次女は、お肌が綺麗で羨ましすぎです!!

今回は赤ちゃんの湿疹の後のケアについてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの湿疹の後のケアはどうやるの?

赤ちゃんの顔や首などにぶつぶつが出てきて病院に連れて行ってまず言われる湿疹は「乳児湿疹」です。

これは簡単に説明すると、赤ちゃんの皮脂分泌が盛んなために体の中の不要なものが外に出ているのです。

それはニキビのようなものだったり、髪の毛にも「ふけ」のようなものが出たりもします。

こういった乳児湿疹のケアは基本清潔を保つことです。

特に耳の裏や首の内側は汚れが溜まりやすいので入浴の際、しっかり洗ってあげて下さい。

その際、無添加せっけんなど、赤ちゃんのお肌に優しいもので洗って下さい。

綺麗に洗った後は、保湿を忘れないで下さい。

赤ちゃんの肌は大人の肌よりとても敏感で弱いです。

保湿によって肌のバリア効果を高めていきます。

他にも赤ちゃんは自分で体温調整ができません。

寒い時期でも汗をかきますのでこまめに体温調整も忘れないで下さい。

赤ちゃんの湿疹で肌が固くなってしまう原因

乳児湿疹と言われたので病院から塗り薬をもらい、塗っていると肌が固くなった、と言うママの言葉を耳にします。

調べてみると、これは処方された塗り薬が原因の場合と、赤ちゃんが掻き過ぎて肌が固くなる2つの原因が考えられます。

乳児湿疹はとにかく清潔第一。

基本、朝夕しっかり洗ってあげる事が理想なのですが忙しいママは中々赤ちゃんを朝までシャワーをしてあげることが出来ないと思います。

スポンサーリンク

その代わりに塗り薬を塗っていると思いますが、実は薬で本来排出すべきものをまた体の中に封じ込めている事になりますのでブツブツが引いたと思ってもまた繰り返す、ということはありませんか?

もし何度もブツブツを繰り返し、肌が固くなるのであればもう一度病院で相談してみてはどうでしょうか?

もう一つの原因として乳児湿疹ではなくアトピー性皮膚炎の可能性もあります。

アトピー性皮膚炎はかゆみを伴いないますので酷く痒がり、手で掻ける月齢なら無意識に掻きむしっているかもしれません。

掻きむしると、血が出る事もあり、皮膚のバリアを壊してしまうので結果肌が固くなるのです。

痒いと掻くのでかゆみをできるだけ起こらないように

・服は綿を着せる
・洗濯洗剤や柔軟剤を無添加に変える
・汗をかいたらすぐに拭いてあげる
を気を付けてあげて下さい。

赤ちゃんの湿疹におススメの保湿ケアは?

肌が固くなる原因にあせもや乾燥が原因でかゆくて掻きむしっている事もあります。

とにかくいえる事は、肌を乾燥させない事なのです。

それには「保湿」です。

赤ちゃんのお肌につけるものなので安全なものを選びたいですよね。

それにはやはり刺激成分の配合されていない、無添加のものを選ぶようにしましょう。

最低限、気を付けてほしい成分は
・パラベン(防腐剤)
・合成着色料(赤色〇号)
・合成界面活性剤(〇〇硫酸Na)
と記載のある成分です。

この成分の配合されていないものを使うようにして下さい。

我が家では口コミが良い「ベビーミルキーローション」と使っています。

保湿ケアは基本、お風呂上りと、乾燥しているかな?と思った時にしてあげましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃん、て実はけっこう肌トラブルが多いのです。

お肌のケアは自分でできないのでママがしっかりケアしてあげて赤ちゃんも気分よく過ごせるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする