3歳の子供が八つ当たりをしてくる時の対処法は?原因となだめ方

子供はいつまでも愛くるしくて可愛いだけじゃありません。

自分の思い通りにいかないとママを叩いたり、物を投げたりと八つ当たりのようなこともします。

「反抗期??」と思ってしまいますよね。

今回はそんな子供の八つ当たりについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

3歳の子供が八つ当たりをしてきた時の対処法

ついさっきまで機嫌よく遊んでいた子が突然、物を投げたり、ママを叩こうとしてきたらビックリしますよね。

「何するの!!」「叩いてはダメ!!」

と、思わず言ってしましがちですが、ここはぐっとこらえて、「どうしたの?」

と子供に寄り添い、まずは聞いてあげて下さい。

3歳の子供が八つ当たりをしてくる原因

当たり前ですが子供はいつまでも素直ではありません。

自分の中でおかしい、嫌だ、と思う事は小さいうちから反論してくるようになります。

そんな自我ともいえる成長の過程で特に困るのが「八つ当たり」ではないでしょうか?

子供が親に八つ当たりするのには大きく3つ原因があります。

・うまく自分の要求を話せない
まだ言葉が上手く話せない子供ほどこうしてほしい!と親に訴えたいのにどう話していいのか分からず、イライラしてしまい、物を投げたり親を叩いたりしてしまいます。
他にも調子が悪い時に八つ当たりする子もいます。

・かまってほしい
物を投げたり、大きな音を立てるとママがすぐに自分の所に来てくれる。と学習してしまうと、事あるごとに大げさに物を投げたり、わざと親を叩いたりします。怒らずにいると癖になりますので気を付けて下さい。

・親自身が子供を叩いている
残念なことに「いくら言っても分からないから」と言う理由で子供を叩く親はまだまだいます。叩いても子供はなんで叩かれたのか、なんて考えません。「怖い」それだけです。
親が叩くことによって子供自身も叩く癖が付いてしまう事があります。親は「八つ当たり?」と思いがちですがこれは八つ当たりではありません。

スポンサーリンク

3歳の子供が八つ当たりをしてきた時のなだめ方

子供が八つ当たりをしてきたらまずはママが聞いてあげて下さい。

「どうしたの?」「〇〇して欲しいの?」「△△が良かったのかな?」

ママが子供の気持ちを分かろうとしていると子供は安心してくれますので落ち着くでしょう。

かまって欲しくて叩いたりしてくる場合は、子供が落ち着いてから「ママに用事があるならママって呼んでほしいな」「叩くのじゃなくて優しく肩をトントンってできるかな?」

と分かってもらうまで根気よく話してください。これを容認してしまうと年齢が上がるにつれ行動が酷くなる恐れがでてきます。

親自身が子供を「しつけ」と称して手を上げているのであれば止めて下さい。

3歳の子供は中々スラスラ話せなくても言っている事は十分理解できます。

話せば分かります。ついカッとなって手を出しそうになった時、一旦冷静になるようにしましょう。

最後に

私にも現在5歳と2歳の娘がいるのですが、次女が最近自分の思い通りにならないと急に泣き出し、時には物を投げたりともう手に負えなくなります。

多少はお話しできるので私は根気よく

「何が気に入らないのか話してくれないと分からないよ?」と寄り添おうとはしますが、晩御飯時の忙しい時に泣かれるとついイライラしてしまって、

「そのまま泣いておきなさい!!」と突き放してしまう事もしばしばあります。

今回、このテーマを書くにあたって、まさに次女もこれなんだと気づかされました。

これからはしっかり寄り添っていこうと思います。

泣くと余計、要望なんて言えませんよね?

子育ては本当にママも手探りだと思います。

これから子供は色んな環境でストレスも溜まっていき、八つ当たりやわがままもでてくるでしょう。

親として、そういった子供の変化に注意してみてあげるようにしていけたらいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする