子供のお腹がゴロゴロ鳴るときに自宅でできる対処法は?ケア方法と鳴るときの違いは?

子育て

お腹がすいているわけではないのにお腹がゴロゴロしていたら心配になりますよね。
 たまに見られる症状なら良いけれど、心配になるほどいつもゴロゴロ鳴っていたら…
 今回はゴロゴロ鳴る原因とケア方法を中心にお伝えします。

スポンサーリンク

子供のお腹がゴロゴロ鳴るときに自宅でできる対処法は?

 胃にガスがたまっていると音が鳴るそうです。
 なので、腸までガスや空気を移動させれば改善できる?かも。
あくまで対処法ですが…
○背筋を伸ばし、お腹を膨らませる。(姿勢を正してみることで改善できるかも)
○奥歯の噛みしめをゆるめる(唾液を飲み込みすぎていてガスがたまっているかも)
○背中トントン(胃の中にある空気を腸へと送る手助けをすることができる)
 そうです。
 たぶん他にもたくさん方法があると思います!

子供のお腹がゴロゴロ鳴るときのケア方法

腸内の悪玉菌の数を減らすと、ガスの増加を防ぐことができ、お腹ゴロゴロの軽減に繋がるそうです。
~食生活を見直す~
腸内環境を整えるためには、食生活を見直すことが大切になってきます。
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく摂取する。
納豆や味噌などの発酵食品を毎日摂取する。
定期的に水分を摂取する。

~ヨーグルト~
腸の調子を整える代表といえばヨーグルト。
乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が腸内環境を改善し、お腹がゴロゴロ鳴るのを防いでくれます。

~ハチミツ~
腸内のビフィズス菌を増やす働きのあるハチミツも、お腹がゴロゴロ鳴る人にぜひ取り入れてもらいたい食材の一つです。
ハチミツに含まれるブドウ糖は善玉菌の一種で、ビフィズス菌の大好物。
善玉菌を活性化させるためにも、ぜひ上手にハチミツを摂ってみましょう。

~リンゴ~
リンゴに含まれるアップルペクチンという成分、みなさんご存知でしょうか。
食物繊維の一種で、腸内の善玉菌のエサとなる成分だそうです。

スポンサーリンク

~らっきょう~
腸内環境を整え、下痢や便秘を改善する働きがあるそうです。

空腹時とそれ以外にお腹が鳴る違いは?

●腸内にガスが溜まっている
腸にガスがたまると、なんだか苦しい上におならも臭くなり、とても厄介です。
このにおいの正体は、腸内の腸内細菌のバランスの乱れによるものだそうです。

●病気が潜んでいるシグナル
お腹がゴロゴロして、腹部の不快感が一向におさまらない!
しばらくこのような状態が続く場合、それは身体からの深刻なSOSかもしれません。
医師に相談してみましょう。

●過敏性腸症候群(IBS)
下痢や便秘などの便通異常が続いていませんか?
それらが原因でなんだかお腹がゴロゴロ鳴る・・・。
これら腹部不快感などの症状を、過敏性腸症候群(IBS)と呼びます。
原因は、消化管の知覚過敏や運動異常、または心因性といわれています。
過度なストレスなどにより、悪化するケースもあるようですよ。

●呑気症(どんきしょう)
食べ物や飲み物と一緒に空気まで飲み込んでしまう症状です。
食事をするとき、食べ物と一緒に空気も胃の中へと送り込んでいます。
この空気がそのまま胃から小腸→大腸へと移動します。
その過程で、お腹の中がゴロゴロ鳴ることがあるそうです。
ゆっくりよく噛んで食べることで予防できるそうです。

さいごに

 病気のことばかり書いてしまい、驚かせてしまった方もいるのではないでしょうか。
 申し訳ありません。
 個人的な意見ですが、食べ物を消化しているときや体をひねったとき、急に体を動かしたときにお腹がゴロゴロ鳴るような気がします。
 「常にゴロゴロしている」とか「決まって同じ時間になる」とか「なり始めると止まらない」とか、よっぽど気になる症状がなければそんなに心配する必要はないと思います。
 そしていつも書いてしまいますが、心配ならば医療機関を利用してくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました