旦那が子育てを手伝ってくれない時の対処法は?動かし方とイライラ発散法

昔は「男は外に出て働き、女は家を守るもの」という考えが当たり前だった時代、子育ても母親がするべきと言われていたものです。

ですが今の時代、女性も出産後働く人も増えてきていますので、「子育て」は決して母親だけがしないといけないことではありません。

子育ては夫婦でするものです。

なのに今の世も父親は中々子育てを手伝ってくれなくて困っているママは多いのです。

今回は子育てを手伝ってくれないパパを上手に手伝わす方法と手伝ってくれない時のイライラの発散法をご紹介します。

スポンサーリンク

子育てを旦那が手伝ってくれない時の対処法は?

イクメンといわれる言葉があるように最近の男性も育児に積極的に参加してくれるようになりましたが、少なくとも私の周りで子育てをしているパパは見たことがありません。

私の旦那もその一人です。

・子育ては母親がするもの
まだまだこの考えを持っている男性は多いです。
・何をしていいのか分からない
ママは出産を終えるとすぐ子育てが始まります。
看護師から教えてもらって授乳やおむつ替えを教えてもらいますが、パパは教えてもらう機会がないため、退院して赤ちゃんを目の前にしてどうしていいのか分からない、が本音みたいです。
リアルに抱っこや服の着せ方も怖くてできない、というパパもいます。
・仕事がある
パパは子育てよりも「家族を養わないと」と言う使命の方が強いみたいです。
なので仕事をして、少しでも経済的にママを楽にさせてあげようと考えがちです。
これは男性、女性の脳の違いなのです。
・育児が大変だと分かっていない
心外ですが本当にそう思っているパパは多いです。
「仕事より育児の方が楽そう」と。
そう思うのなら1週間でいいから変わってほしいものですよね。

旦那が子育てを手伝ってくれない時の動かし方

中々子育てを手伝ってくれない旦那にはお願いするしかありません。

自分が子育てをしないとダメ、という概念がないのですから。

赤ちゃんの抱き方やミルクの飲ませ方を一から教える必要があります。

「なんで俺が」と言われる前に「あなたの子供だよ?」「私が風邪を引いた時などお世話ができなくなった時、あなたしかいないのよ?」「パパも赤ちゃんに触れ合ってほしい今しかないんだよ」

スポンサーリンク

など、不本意でしょうが、とにかく旦那を持ち上げる言葉を掛けましょう。

パパを褒めてその気にさせるのもいいです。

「ミルクあげてくれたら他の事ができるからすごく助かる」
「私はお風呂で赤ちゃんをずっと抱っこできない、さすがパパ!」など。

とにかく、「あなたしか頼る人がいない」など、甘える事と、褒めてその気にさせて時間はかかりますが少しずつ赤ちゃんのお世話を教えていきましょう。

旦那が子育てを手伝ってくれない時のイライラ発散法

どんなに手伝ってほしいと訴えても言ったことしかしない、中々手伝ってくれない旦那もいます。

そうなるとママはストレスが溜まってきますよね。

ここからはストレス発散法をご紹介します。

・スイーツ、欲しかったものを買う、ランチにいく。
やはりなんといっても自分へのご褒美ではないでしょうか?
どれも旦那に内緒ですることでストレス発散になります。「赤ちゃんがいるから外出できない」と思ったママ、ネットで買い物や、スイーツのお取り寄せもできますよ。
・赤ちゃんと離れる時間を作る
ママがイライラしていると赤ちゃんにも伝わってしまいます。赤ちゃんを不安にさせないためにも一時保育を利用して数時間でも一人になる時間を作って下さい。
・諦める
そもそも旦那に子育てを手伝ってもらう事を諦めるのです。
大変ですが、子育て以外に旦那の良いところを考えるようにするとイライラが収まることもあります。
ちなみに私は旦那に子育てをしてもらう事を諦めました。
週末、お風呂に入れてくれるだけですがたまにご飯も作ってくれますし、私の手抜き料理や散らかった部屋を見ても文句を言わないでいてくれるので「それでいいや」と思うようにしています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

案外、子育てを手伝ってくれないパパは多いみたいです。

都合のいい時だけ子供をみて、泣くとバトンタッチとか。

でもそれだけでもしてくれるのだから、良しとしよう。という気持ちにならないとママのイライラは残念ながら解消されません。

他の旦那さんが羨ましくなる時もありますが、子供は大きくなるとママの味方になります。

今、あなたは将来とても心強い味方を育てているのですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする