子供のお風呂かご飯はどっちが先がいい?早く寝かしつけるコツとタイミングは?

子供 ご飯 お風呂 順番 健康

私は子供が小さいし、良くこぼすので食事を先にしていました。
 そして、多くのご家庭は食事が先のようです。
 しかし調べてみると「お風呂を先にした方がスムーズ」とか「お風呂が先の方が湯冷めしない」など言っている方もいました。
 どちらを先にした方が良いのか結論は人それぞれですが、今回の記事が参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

子供のお風呂かご飯はどっちが先がいい?

○ご飯を先にするメリット
子供はご飯を食べるとき、手を汚し服も汚すので、その後にきれいにできる。
食事中にきている服は、保育園や幼稚園から帰宅して元々汚れた衣類なので食事によってさらに汚れ、その汚れ物を洗濯に出しながらお風呂に入り寝巻きに着替えて就寝。
 また子供はお腹がすいていると、大人の想定以上にイライラする。
家に帰ってきてすぐ子供のお腹を満たしてあげることはいいことだと思います。
 そして、寝る数時間前に食事を終えることで睡眠の質も上がると言われているそうです。

●ご飯が先のデメリット
ご飯を食べてしまうと眠くなる。
また満腹まで食べると動けなくなる。
「もっとテレビ見たい」「もう少し食休みしてから」などとお風呂に入る時間が決まらない。
 兄弟がいる場合は食べる時間に差があり、お風呂の時間もずれてしまうこともあるかもしれません。
 それを待っているとさらに時間が過ぎてしまう。

○お風呂が先のメリット
保育園から帰宅したら、すぐにお風呂に入ることができる。
着替えを用意しておき、テレビもなし、おもちゃもなし。
決まっていれば流れに身を任せてスムーズにお風呂に入ってくれると思う。
汚れている服をすぐに脱ぐので清潔。
冬は湯冷めしてしまうかなと思ったが、外から帰って来て体が冷えているので湯船に入ると「体の芯から温まりとても良い。」と言っている方も調べてみてたくさんいることが分かりました。

●お風呂が先のデメリット
 お風呂に入ったあとに食事の汚れが付く可能性がある。
 こぼしてしまったらもう一度お風呂に入り直し…なんてことも
 着替えが増えれば洗濯の回数が増える。
 手間も増えてしまうかもしれない。

スポンサーリンク

子供を早く寝かしつけるコツ

○睡眠サイクルを作る
夜、眠る前の睡眠サイクルを作っておくと、子供の寝付きは良くなります。
 眠る前の睡眠サイクルを作ることで、時間の分からない子どもでもそろそろ眠る時間なのかなと体で覚えていくようになります。

○安心感を与えることが重要
夜にゆっくり快眠してほしいときは、子供に安心感を与えてあげることが重要です。
子供がいくら寝なくてグズっても絶対に大きな声は出さずに、優しいトーンで優しく語りかけてあげるようにしましょう。
ママやパパの優しい声は何よりも子供を安心させます。
また、子どもと体が触れ合うコミュニケーションも、安心させるひとつの方法です。

○子供が眠る環境を変えない
大人でも布団や枕が変わっただけで、寝付きが悪くなったりします。
大人よりもさまざまなことに敏感な子供は、特にそれが顕著にあわられます。
子供が眠る環境や場所は、極力変えないようにして下さい。
布団や枕、眠る部屋を変えたことで子供の寝付きが悪くなったという場合は、元に戻してあげることをおすすめします。
寝付きが悪い子どもは特に、極力眠る環境を変えないように尽力してみて下さいね。

食事後にお風呂に入れるタイミングは?

 調べてみてさまざまなことが書かれていました。
 すぐに入ると消化不良を起こす可能性がある。
 食後2時間は空けた方が良いとか…
 そしてお風呂に入るためのベスト時間もある!そうです。
人の体温には1日のリズムがあります。
就寝中に体温が低くなって、早朝から夕方にかけてどんどん体温が上昇し安定していき、また就寝に向けて体温が下がっていくというリズムの繰り返しだそうです。
このリズムの中で、人間の体温が一番安定する時間帯は夕方から夜、時間にして16時~19時頃みたい。
参考になれば…

さいごに

 今回調べてみて、お風呂を先にしてみようかな。なんて思うようになりました。
 「ご飯が完成するまでにもう少し時間かかる」なんて時は遊んでもらって時間つぶし…
 その間に旦那とお風呂に入ってくれれば時間に余裕ができそう!
 ちょっと家族会議してみたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました