発達障害の子と犬の影響は?注意点と犬の選び方は?

犬を飼うことは子供の成長に良い影響を与える
と言われているので、我が家でも犬を飼ってみようかなと
考えるファミリーもいると思います。
良い関係を築くことで
子供にとって犬は大切な友達になるでしょう。
発達障害の子供にも犬を飼うことで
成長に良い影響を与えることができるのでしょうか?
発達障害の子供が犬を飼うときの注意点や
飼いやすい犬の選び方を色々と調べてみましたので
よろしければ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

発達障害の子と犬の影響は?

犬を飼うことで発達障害の子供に
良い影響があると言われています。
犬とコミュニケーションを取るときに
言葉以外のメッセージのやり取りをすることで
非言語コミュニケーションの能力が高まり、
人の気持ちを読み取るときにも役立ちます。

また犬の世話をすることによって
社会で生きていくために必要なルールや
人との約束を守ったり、物事を自分で判断したりする力が
養われるようになります。
犬を飼うと子供の心にも良い影響があります。
精神的な健康を回復させるのが目的の
アニマルセラピーと呼ばれる動物療法もある位で
犬と接することで癒しの効果があり
情緒が落ち着くと言われています。
発達障害の子供は困難にぶつかりストレスを
ため込んでしまうとうつになったり
攻撃的になったりする2次障害を発症してしまう
場合がありますが、
犬を飼うことで2次障害も減るようです。
犬を飼うと家族仲も深まるので家族間で会話する機会が 
増えるので子供の社会的な交流能力が高まります。

発達障害の子と犬を飼う注意点

発達障害の子供がいる家で犬を飼う時の注意点ですが
まずは第一に子供と犬の関係をしっかりと保つことです。
お座りや待て、伏せの基本的な犬のしつけが
最低限できるようにしましょう。
子供と犬の関係が出来ていないと
犬が子供を噛みついたりすることもあります。
一歩間違えると危険な事態になってしまうので
注意が必要ですね。

犬と良好な関係を築くために犬のお世話の仕方を
しっかり子供に教えます。
犬のお世話は面倒なときでも毎日しなければなりません。
子供と毎日続けられるように1日のスケジュールに
お世話の時間を組み込む必要がありますね。
また犬がいやがることは絶対にしないように約束をし、
適切な犬の接し方を子供にさせましょう。
また犬と子供だけにする状況は避けましょう。
親が犬と子供を守りお互いについて
教えてあげるつもりで飼いましょう。

それから犬のアレルギーを持っている
子供もいるので注意が必要です。
犬を飼ってから手放すことは辛いので、
事前に家族全員でアレルギーの検査をうけてみてから  
飼うかどうかを決めましょう。
犬を家に迎え入れることでアレルギーが発症して
目がかゆくなったり、鼻水やくしゃみが出たり、
ひどいときには喘息になったりします。
重度だと命の危険にさらされることもあるので
アレルギーのある子供は無理に
犬を飼わないほうがいいですね。
室内犬を飼うと特にアレルギーを発症しやすいです。
すでに飼ってしまってからアレルギーを発症し
飼うのが無理な場合は里親を探して
犬を手放すことを検討しましょう。


スポンサーリンク

発達障害の子への犬の選び方は?

発達障害の子供に向いている犬の選び方のポイントですが
攻撃性のない安全な犬を選びましょう。
犬に攻撃されたり吠えられたりすると極度に
犬を怖がってしまうこともあります。
子供に攻撃性を発揮するチワワやポメラニアンは
選ばないのが良いかもしれません。
トイプードルやミニチュアシュナウザー、シーズーは
友好的な性格でしつけもしやすいので
子供に飼いやすい犬種でおすすめです。

さいごに

犬を飼うことで発達障害の子供の能力を引き出す
効果があることがわかりました。
犬を迎え入れたらお座りや待て、伏せの
基本的なしつけをして、子供と一緒に犬の散歩や
お世話をしながら子供と犬の
良好な関係を作り上げましょう。
飼う犬は攻撃性のない犬を選ぶと良いですね。
犬を飼うことは一つの命を背負うことになり
一生の責任を果たす必要がありますので
よく検討してから犬を飼いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする