育児で父親が出来る事は?ママが喜ぶことやメリットは?

赤ちゃんが生まれるとママが大変そうなので
何かできる事はないかと考える
優しいパパもいるのではないでしょうか。
そう考えてくれる事自体が
ママにとっても嬉しいですよね。
しかし実際は赤ちゃんが生まれると
ママが育児の中心になり自分の出る幕はないと
考えてしまうパパもいますよね。
それでもママの負担を
軽くしてあげたいと思うパパの為に、
育児で父親ができる事やこうすれば
ママが喜ぶということ、パパが育児に参加することで
どんなメリットをもたらすのか
2児の母親である私の意見も交えつつ
書いていきたいと思いますので
宜しければぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

育児で父親が出来る事は?

育児で父親が出来る事は子供が赤ちゃん時代の頃は
ママのサポートに徹する事です。
私の場合は子供が赤ちゃんの頃にパパに手伝ってもらって
うれしかったのは食事作りです。
赤ちゃんの頃は頻繁に授乳や抱っこをしなければ
ならなかったので当時新米ママだった私は一時も
手がはなせないという状況でした。
授乳しているので自分が栄養価の高い食事を
とる必要があったので
具沢山のお味噌汁を作ってもらったりもしました。
また赤ちゃんが生まれた最初の頃は
あまり外に連れ出さないようにしていましたので
オムツや食料品の買い物に行ってくれたので大変助かりました。
赤ちゃん時代は育児の中心はママなのですが
乳児の時期を終えると子供はママより
パパを選ぶという場面が多くなっていきます。
そうなるとようやくパパの出番がやってきますね。
世の中の多くのママはパパがもっと
子供と遊んで欲しいと思っています。
子供に付きっ切りだったママも
パパが子供の相手をしてあげることで子供から解放され
リフレッシュをすることが出来ます。
パパは子供と一緒に楽しめる遊びを
1つもつといいかもしれませんね。
パパの得意な事は自分も楽しめるし
子供にも教えてあげることができるのでお勧めです。

ママが喜ぶ父親が出来る事

ママが喜ぶ父親が出来る事はなによりも
ママの話を聞いてあげることだと思いますが、
その内容はどうでもいいことばかりで
話を聞くのが苦手なパパもいますね。
でも普段ママがどんな事を感じながら子育てをしているか
口を挟まずに最後まで聞いてあげて欲しいと思います。
そして恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、
こんなにも試行錯誤しながら子供を育てていることへの
感謝の気持ちを伝えればママはもっと喜ぶと思いますよ。

ママは子供や自分の健康のこと、
子供の発達についての悩みや、
相手の実家の親戚関係やご近所、
ママ友のお付き合いのことなど
子育て中の悩みは本当に尽きません。
特に赤ちゃんの頃は本当に狭い世界で
暮らすことになります。車があればどこにでも行けるけど
車に乗れないママもいるので
活動範囲も狭く家に引きこもりがちになります。
大人と会話せずに赤ちゃんの相手をして
1日が終わるというママも多いですよね。
その時間が永遠に終わらないという感覚に
おちいってしまうこともあると思います。
実際に悩みがあっても気軽に相談できる相手がいないと
ママも煮詰まってしまいますね。

そんな時に自分の話を聞いてくれて欲をいえば
それを否定しないで聞いてくれると嬉しいですね。

私も赤ちゃんが生まれて大変な時期に
夫とコミュニケーションがとれていたことで
色々と救われました。
夫も私が誰も手伝ってくれる人がいない中
1人で子育てをしていたので1番の理解者になろうと
思っていてくれていたのかもしれません。

子供が生まれてからはあまり外食にもいけなくなったので
自分の為に美味しい食べ物を買ってきてくれたり
誕生日の日にケーキを買って来てくれたりしたのも
嬉しかったですね。
女性は美味しい食べ物に弱いですね。


スポンサーリンク

父親が育児に参加するメリットは?

父親が育児に参加するメリットを考えてみました。
父親が積極的に育児に参加すると子供のIQが高くなり、
将来社会的な地位が高くなる
傾向があることが分かっています。
また子供の自尊心も高くなります。
自尊心が高いと子供は自分の事が好きになり
いつも自信に満ちあふれ、多少のトラブルが起きても
へこたれない強い精神力を持つことができます。
あとは父親とたくさん会話をすると
子供の言語能力が高くなる傾向があるようですね。

さいごに

育児中に父親が出来る事は
身の回りの家事もありますが
母親の精神的なサポートが一番重要なのですね。
またパパが育児に参加し沢山関わってあげることで
子供の能力が飛躍的に伸びるということがわかりました。
子供と一緒に遊べる時期は人生のなかでとても短いです。
ママのサポートを続けながらお子さんの将来のためにも
パパもたくさん育児に参加してほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする