子育ての姉妹喧嘩のイライラ、対処法とどちらを先になだめる?

子供より親が先に亡くなるから将来は姉妹で仲良くやっていって欲しい。

私は長女と次女にそんな思いがあります。

30代後半で5歳と2歳の娘がおります。

ですが子供たちはそんなこと関係ないとばかりに喧嘩をします。

まだ小さいのに喧嘩になります。

親から見ると凄くくだらない事なのですが・・・・

親から見てくだらなくても本人、いや、特に長女にとっては悔し涙を流すほど大変なことなのです。

今回は兄弟ではなく姉妹喧嘩について色々、お話ししていきます。

スポンサーリンク

子育て姉妹喧嘩でイライラ

姉妹喧嘩は兄弟喧嘩と違って激しくなさそう。と思いがちですが、小さいうちは激しいです。

うちだけではないですよね?

まだ小さい姉妹だと、妹は姉を叩き、姉は妹を突き飛ばし「もう〇〇ちゃんなんか嫌い!!」とはっきり言います。

理由は単純。

妹が姉の持っている物を欲しがるからです。

取られた姉は激怒し、ひどい時は叩きます。

そうなると妹は大泣き。

この繰り返しです。

泣かれるとさすがにイライラします。

かといって取られた姉もくやしくて私に八つ当たり。

他にも別に姉は絶対これ!と決めていないのに妹がそのおもちゃで遊ぼうとしたら先回りして横取りしたりもします。

さすがに、「いじわるしないで」と怒りますが、冷静に考えると意地悪したくなるほど姉もストレスを感じているのかもしれません。

姉妹喧嘩の対処法

喧嘩が始まると2人とも周りの声なんて聞き入れません。

小さいうちの喧嘩の大半の原因はおもちゃの取り合いです。

我が家の場合ほぼ、姉が遊んでいたものを妹が横取りから始まります。

「まだ他にも同じ種類のおもちゃがあるのだから貸してあげたら?」

「ごめんね、〇〇ちゃんはまだ小さいから分かってないの」

と言うと姉は渋々譲ってくれますが毎回これだと可哀想なので、最近は妹にも「これはお姉ちゃんのだからダメ。」と言うようにしています。

スポンサーリンク

2歳過ぎるとこちらの言っている事を理解できますのでやはり、親としては中立の立場で見てあげないと姉が可哀想ですよね。

小学生になる姉妹喧嘩も激しくなると思います。

単純な喧嘩なのであれば、子供が大きくなるにつれ中立の立場で仲裁しても中々解決しにくくなるかもしれません。

そういう場合、手を出したり、暴言を吐いた場合をのぞき、じっくり2人の話しを聞いて、自分たちで解決できるよう導いてあげるのはどうでしょうか?

他にも喧嘩の注意を逸らしてみるのも手です。

「もうすぐ好きなテレビ始まるよ!」などと言ったり、「ちょっと手伝って」とママが困っている素振りを見せたりなど。

ママが倒れたふりをするのもあります。

子供の喧嘩の原因は大人からみると本当にくだらないことが多いです。

なので案外気を逸らしたり、2人を引き離したりすることで案外忘れます。

そこまで親が真剣にジャッジしなくてもいいのです。

ですがあまりに頻繁に喧嘩をするようであれば一度2人になにか不満やストレスが溜まっていないのかじっくり聞いてあげてみて下さい。

単にママに甘えたいだけの時もありますよ。

そんな時は1日1回でもいいので寝る間などに1人ずつきゅっと抱きしめてあげるだけで子供たちは安心します。

姉妹喧嘩でどちらから先になだめる?

いざ姉妹喧嘩を目の当たりにすると仲裁し、どちらを先になだめるべきか瞬時に判断することになります。

くだらない喧嘩なのであればしばらく様子見てみてもいいでしょう。

どちらかが泣いている場合は、泣いている子をなだめながら泣いていない子の話を先に聞いてあげてみるのがいいでしょう。

どちらもヒートアップしている場合は、2人を引き離し、落ち着いてから1人ずつ事情を聞いてあげて下さい。

最後に

いかがでしたでしょうか?

「喧嘩するほど仲が良い」といいますので親は子供の喧嘩に真剣に悩む事はしなくていいと思います。

それだけ本音を言い合える仲ということなのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする