子供とのキャンプは何歳から大丈夫?持ち物や注意点の紹介

子供が生まれる前はよくキャンプに行っていたご夫婦は多いのではないでしょうか?

キャンプ、自然に囲まれた場所でのんびり過ごせていいですよね。

ですが子供が生まれるとキャンプはしばらく行けません。

「じゃあ何歳になったら行けるの?」と思いますよね。

今回は子供が何歳になったらキャンプに行けるのか、必要な持ち物や注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

子供とのキャンプは何歳から大丈夫?

ズバリ、キャンプ場には特に年齢制限はありませんので、0歳からキャンプには行けます。

ですが赤ちゃんだとキャンプに行ったという事を覚えてないと思いますし、授乳や頻繁にあるおむつ替えでママはよけい大変だと思いますのであまりおススメしません。

もし行くのであれば赤ちゃんのお世話をしてくれるおじいちゃんやおばあちゃんも一緒に行くのはどうでしょう?

子供がキャンプを楽しめるのは個人差もありますが2歳くらいからではないでしょうか?

それでもまだまだ目が離せない年齢ですのでパパママは必ず目の届く所で見ておく必要です。

これらを踏まえて3歳くらいまではキャンプに行く場合、設備の整ったコテージで過ごすのがいいと思います。

4歳過ぎると親の言っている事も理解できますし、簡単なお手伝いもしてくれますので思い切りキャンプを楽しめるのではないでしょうか。

もし、下の子がいても少しなら見ていてくれたりもしてくれますよね。

子供とのキャンプであった方がいい持ち物

初めて子供とキャンプに行くのであれば準備が必要です。

それに子供はいつもと違う場所に行くので夜、眠れなくなるかもしれません。

そんな時、普段これがあると眠るといった物がなるのであれば持っていってあげて下さい。

例えばぬいぐるみやお気に入りのタオルなど。

スポンサーリンク

他にも
・母子手帳
・絆創膏や消毒液
・虫除けスプレー
・着替え(たくさん持っていって下さい)
・おむつ
・離乳食やミルク
・除菌シート
・帽子
・日焼け止め
・予備の靴、サンダル、長靴など
・ごみ入れの袋(たくさん)
・ブランケット(子供が寝てしまった時に)
・子供用の椅子(テントの場合、ご飯を食べる時や、休憩のときにあるといいで)
・携帯用トイレ(夜中にトイレに行きたくなった時、トイレが近くにない時など子供には便利です)
・タオル(汗をかく時期のキャンプはたくさんあった方がいいです)
などです。

子供の年齢が低いほどたくさん要りますね。

子供とのキャンプでの注意点

大人だけのキャンプでも予想外の事態が起こる事があるため、子供ならなおさら注意が必要です。

子供とのキャンプ地は基本、近くに川や急斜面がある場所は避けましょう。

できれば見通しの良い場所がおススメです。

他にも
・こまめな水分補給
子供はとにかくはしゃぎます。そこで知らず知らずに脱水症状になるかもしれません。頻繁に水分補給を忘れないで下さい。

・虫除け対策
キャンプシーズンは虫もたくさん出る時期です。汗をかくからと肌が露出している服装は虫刺されの恐れもありますので虫除け対策は万全にしてください。

・火の扱いに注意
キャンプと言えば外での料理がメインです。その際、火を使いますので小さな子供にはくれぐれも気を付けて下さい。

・けが
安全が一番ですが子供はテンションが高くなると何をするか分かりません。そんな時にケガをします。救急セットは必須ですがケガの具合によっては救急病院に連れて行くことになるかもしれません。いざと言う時に慌てないよう、近隣の病院は調べておきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

小さな子供がいると荷物や準備が大変だなぁ、と億劫になるかもしれませんが、子供にとってきっと楽しい思い出になるはずです。

それに、はじめはテントではなくコテージやバンガロー、レンタルに頼るのもいいと思いますよ。

せっかく行くのであれば家族みんなが楽しめる事が一番ですからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする