赤ちゃんがベッドから落下の対策は?おすすめアイテムとポイントは?

赤ちゃんを育てていると日々成長を感じながら
ママは過ごしている事と思います。
昨日できなかった事が今日は出来るようになると
喜びもひとしおですよね。
そのように日に日に成長していく赤ちゃんですが、
出来る事が増えると新たに心配の種も増えてきます。
その一つが寝がえりを打つようになった時なのですが、
寝返りを打って赤ちゃんがベッドから
落下しないかどうか不安ですよね。
ベッドから落下しない為の対策や落下防止の
お勧めアイテム、選ぶときのポイントや赤ちゃんの
寝かしつけのコツについて色々と調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんがベッドから落下の対策は?

赤ちゃんがベッドから落下してしまうのが
心配な時の対策はベッドの片側をしっかり壁につけて、
もう一方をガードします。
赤ちゃんが落ちないようにガードする商品があるので、
取り付けたら赤ちゃんを壁側に寝かせます。
壁側は少しでも隙間が空いているとそこから落ちてしまう
可能性があるので、隙間を開けないように
するのがポイントです。
その為ベッドがズレないように
しっかり固定しておきましょう。
万が一落ちた時の対策として、ベッドの下に
柔らかいクッションを敷いておくとより安心ですね。
ローベットがあるならそこに赤ちゃんを寝かせるのも
落下した時に衝撃が少ないのでお勧めです。
ベビーベットは四方を柵で囲まれているので
落下対策にはいいのですが、赤ちゃんが成長すると
長い期間使えなくなってしまうという
デメリットがありますね。

赤ちゃんの落下から守るおすすめアイテム

赤ちゃんがベッドから落下しない為のおすすめは
ベッドガードという商品です。
ベッドガードはベッドフェンスとも
呼ばれる事もありますが、柵のようになっていて
家のベッドに取り付ける事ができる
赤ちゃんの転落防止グッツなのです。
そのベッドガードを選ぶ時のポイントは
安いからといって価格で選ぶのではなく、
赤ちゃんの安全の為に使うものなので
品質を良く見て選ぶ事が大事です。
特にPSマークやSGマークの商品は
安全基準を満たしているので、付いているかどうか
確認をしてから選ぶと間違いがないですね。
しっかりした質の良いベッドガードを選ばないと
途中でずれてしまい、せっかく取り付けたのはいいけど
赤ちゃんがベッドから落ちてしまうという事もあります。
もう一つの選ぶポイントは、ベッドガードの長さが
長いほうがより安全と言えます。
長さが150cm以上のものを選ぶのがお勧めです。


スポンサーリンク

赤ちゃんをベッドで寝かしつけるポイントは?

赤ちゃんをベッドで寝かしつける時のポイントは
入眠のパターンを作ってあげる事です。
例えば絵本を読んだり足の裏をマッサージしてあげたりするなど
毎回同じ入眠の儀式をしてあげると
安心して寝てくれる事が多いのです。
私も実証済みですが、子供が赤ちゃんの頃は
絵本の読み聞かせが入眠パターンになっていました。
このようにまだ言葉の意味が理解できていないはずの
赤ちゃんもママの声を聴くと安心感からか
よく寝てくれる事もあります。

赤ちゃんが眠そうなサインを見せた時に
タイミングよく寝かしつけるのもポイントの一つです。
そのサインは、目をつぶったままぐずぐずしていたり
目が赤くなったりする事や手や足が温かくなったり
布団や洋服に顔をこすりつけたりする事もあります。
そうすると赤ちゃんが眠くなったという証拠なので、
そのタイミングで入眠儀式をしてあげると効果的です。
抱っこして寝かしてあげるのもいいのですが、
少しでもママの負担を軽くため寝かしつけに効果のある
グッツを利用してみるのもいいと思います。
例えば、オルゴールや胎内の音のCDを
赤ちゃんに聞かせる事や、ぬいぐるみなどお気に入りのものを
持たせる事で安心して寝てくれる場合があります。
色々手は尽くしたけど全く効果が無い場合もあるでしょう。
そんな時は原因が別にあるかもしれません。
お腹が満たされていない、おむつが濡れている、
体調が悪いなど色々な事が考えられるので
1つ1つチェックしてみましょう。

さいごに

赤ちゃんのベッドの落下防止にはベッドに
ベビーガードをつけて赤ちゃんの身を守ってあげましょう。
ベビーガードは価格だけで選ばずに安全基準を満たした
製品を選んであげる事が大切なのですね。
床に柔らかいクッション性の物を敷いて、
万が一落ちた時も大丈夫なようにしておきましょう。
寝かしつけの時は入眠パターンを毎回作り、
赤ちゃんの様子を観察しながら
接してあげると良い事が分かりました。
宜しければぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする