赤ちゃんの指しゃぶりはいつから始まる?泣くときとやめさせ方は?

赤ちゃんのちょっとしたしぐさって本当に可愛いですよね。

それに癒されます。

指しゃぶりをしている姿を見ると「お腹空いているのかな?」「自分の指が美味しいのかな」「それとも安心するのかな」と思いながら見ていました。

ですが実際、指しゃぶりは癖になるからやめさせた方がいい。と耳にします。

他にも歯並びが悪くなる。が有名ですね。

でもまだ歯も生えていない赤ちゃんならいいのでは?と思うのですが。

今回は指しゃぶりについてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの指しゃぶりはいつから始まる?

赤ちゃんの指しゃぶりはだいたい生後2か月頃から始めるといわれています。

理由として考えられるのは
・赤ちゃんの本能
これは生きる為の本能的な事です。ママのおっぱいの飲む練習とも言われていますし、赤ちゃんは本能的に口の近くにあるものは基本なんでも口に中に入れます。赤ちゃんにとって当たり前のことなのです。

・精神安定
赤ちゃんはおっぱいを吸うと安心します。それは眠くなるとよけい安心を求める為、おっぱいの代わりに指しゃぶりをすることで安心しているのです。
他にもさみしい時や、不安なときも安心するために指しゃぶりをします。

赤ちゃんの頃の指しゃぶりは心配しなくても大丈夫ですが、2歳を超えてくると段々癖になってきて中々やめられないようになるので起きている間だけでも指しゃぶりを止めさせた方がいいかもしれません。

大きくなるにつれよく言われているよう、歯並びが悪くなる原因になるからです。
その他口呼吸になったり滑舌が悪くなったりもします。

ですが指しゃぶりが精神安定になっているのであれば無理にやめさせるのは良くないと思います。

ほとんどの子供はつかまり立ちや歩き出す時期におもちゃに興味もいくので指しゃぶりをしていると遊べなかったり、物を掴めないので自然に止めます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの指しゃぶりをやめさせると泣く時

上記で説明したように基本赤ちゃんの指しゃぶりは心配する必要がないため、長い目で見守ってあげてほしいのですが、「肌が弱いから」「指しゃぶりのし過ぎで内出血している」などの理由で止めさせたい、と思うママもいます。

ですが赤ちゃんは本能で指しゃぶりしていますので止めさせようとしても逆に泣いてしまったりすると思います。

そういった時は本当に止めさせた方がいいのかママが決めるのではなく、小児科に連れて行って先生に一度診てもらってはどうでしょうか?

赤ちゃんの指しゃぶりのやめさせ方は?

それでも指しゃぶりを止めさせることになった場合、夜は別として日中

・しっかり遊んであげて指に気がいかない様にする
・指に絆創膏を貼る
指に違和感を与える事で指しゃぶりしなくなります。
・手袋やミトンをつけておく
手袋やミトンの感触に違和感を感じ指しゃぶりしなくなります。
手袋やミトンが外れないよう、紐を付けて手首に結んでおくなどするといいでしょう。
夏場は蒸れますので冬場にすることをおススメします。また紐が絡まないよう、直接手首に結んで服の袖で見えなくする工夫をして下さい。
・指にからしを塗る
昔からよく聞く指しゃぶりをやめさせる方法ですね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

私には5歳と2歳の娘がいますが2人ともあまり指しゃぶりをしませんでした。

考えられることは、長女は精神安定に赤ちゃんの頃から使っているバスタオルで寝る事で、次女は私の手を握って寝るのが安心するからだと思います。

他のものが指しゃぶりの代わりになったのかな?と思っています。

ちなみに現在小学校1年の友達の子供は小学校入学前まで指しゃぶりしていました。

それが原因で歯のエナメル質がはがれ、虫歯になりやすくなったらしいです。

ですが彼女のママは「指しゃぶりで安心しているなら仕方ない」という考えでした。

癖になる前に止めさせる、精神安定なら長い目で見る。

ママによって考えが違います。

できれば子供と会話ができるようになるまで待ってあげて指しゃぶりをする理由を聞いてからでも良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする