赤ちゃんのおむつかぶれにワセリンはいいの?塗り方と落とし方は?

赤ちゃんがおむつかぶれになると、真っ赤になった
お尻を見るたびに痛々しくて可哀想に思えますよね。
肌が弱く敏感な赤ちゃんは
よくおむつかぶれになりやすいです。
赤ちゃんの肌にはワセリンを使って
ケアすると良いと言われていますが、
おむつかぶれにもワセリンは効果があるのでしょうか?
また、塗り方やワセリンが服や肌に付いてしまった時の
落とし方について調べてみましたので、
宜しければ参考にして下さい。

スポンサーリンク

赤ちゃんのおむつかぶれにワセリンはいいの?

赤ちゃんのおむつかぶれにワセリンはいいのでしょうか?
ワセリンはアレルギーを引き起こす可能性も低く、
デリケートな肌をもつ赤ちゃんの
おむつかぶれに効果を発揮します。
皮膚の表面に油の膜を張るので、おむつや排泄物の
接触を防いでくれる言わばバリア機能の役割があります。
皮膚がもつ本来の自然治癒能力を助け、
おむつかぶれの悪化をくいとめます。
ただしワセリンはおむつかぶれを
治す薬ではありません。
おむつかぶれの症状が軽ければワセリンの保護作用で
自然に治るかもしれませんが、炎症を起こしている、
ただれが悪化している様子なら病院に行きましょう。
病院は小児科でも皮膚科でも大丈夫なのですが、
まずは小児科へ行ってみましょう。
小児科は赤ちゃんに負担のかからない治療を
第一に考えてくれるからです。
小児科で処方してもらった薬がもし効かなければ、
更に専門性の高い皮膚科へ行ってみると良いでしょう。

おむつかぶれになるのは、赤ちゃんがおしっこや
うんちをした後におしりふきでごしごしこすってしまい、
肌のバリア機能が保てなくなってしまう事や
オムツの中がムレやすい事、
うんちの回数が多い事が原因です。

おむつかぶれを防ぐには、こまめなおむつ替えと
おしりは強くこすらず、押さえるように拭いて下さい。
おしりが赤くなって
おむつかぶれを起こしてしまった様子なら、
市販のおしりふきは控えておしりをお湯で洗い流します。
市販のおしりふきは赤ちゃんのお世話で忙しいママにとって
手軽で便利なアイテムなのですが、色々な成分が入っているので、
肌に刺激になる事があります。
その代わりに、大きめのコットンを
温かいお湯で浸して拭いてあげて下さい。
その方がさっぱりして衛生的なので、
おむつかぶれの予防になります。

赤ちゃんのおむつかぶれの正しい塗り方

赤ちゃんがおむつかぶれになった時の
ワセリンの正しい塗り方ですが、
まずはおむつかぶれの部分をぬるめのシャワーで洗い流し、
温かいお湯を浸したコットンで拭いて清潔にします。
そのあと、タオルやガーゼをやさしく押し当てて
水分を拭きとってください。
乾いたら、かぶれている部分やかぶれそうな部分に
ワセリンを薄く塗りましょう。
最後にまたおむつを履かせてください。

 


スポンサーリンク

赤ちゃんに塗ったワセリンの落とし方は?

赤ちゃんに塗ったワセリンや誤って
服やタオルについたワセリンを落とす場合
どのようにすれば良いのでしょうか?
油分は水よりぬるま湯のほうが落ちやすいので、
顏や手などに付いたワセリンを落とす場合は
まずぬるま湯でよく流いながしてください。
そのあとに泡立てた石鹸で洗い、
最後にまたぬるま湯ですすぎます。

服やタオルに付いた場合のワセリンは
熱めのお湯を利用してとって下さい
ワセリンは60度以上で液体になるので、
60度以上の熱めのお湯に服やタオルを浸し、
固形石鹸でよく泡立ててもみ洗いしてください。
粉末合成洗剤ではない粉石けんを溶かして使うと、
液体せっけんを使うより洗浄力があります。

さいごに

摩擦や刺激から肌を守ってくれるワセリンは
赤ちゃんのおむつかぶれの予防に良い事がわかりました。
ただおむつかぶれがあまりにもひどい場合は、
小児科など病院を受診した方が良さそうですね。
ワセリンを落とすときはお湯を使うと取れやすいのですね。
ぜひ皆さんも赤ちゃんに安心なワセリンを使って、
毎日ケアしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする