5歳の男の子がわがまま言った時の対処法は?甘えの違いと怒り方は?

赤ちゃんから大変だった子育てがようやく楽になる頃は子供が4~5歳になる頃ではないでしょうか?

こちらの言うている事も理解してくれますし、自分でできる事も増え、友達とも関わり方も学んできます。

5歳になれば基本、幼稚園か保育園に行っていると思います。

そうなると段々出てくるのが家と幼稚園や保育に居る時のギャップです。

今まで素直だったのに、急にわがままになったり、「ママ嫌い」「あっちいけ!」「バカ」とか、汚い言葉を使ったり、時には叩いてきたり。

男の子だからそんなものなのかな?と思いたいのですが、「嫌い」や「バカ」などいわれたらママとしては傷つきますよね?

今回は5歳の男の子のわがままや、甘えに対することをまとめてみました。

スポンサーリンク

5歳の子供がわがまま言った時の対処法は?

5歳になるとママの元から離れて幼稚園や保育園で過ごす時間が増えます。

集団生活の中で、たった5歳の子供にとっては慣れるまで苦痛を感じる子もいているかもしれません。

そんな子は、家に帰ると安心するのか、わがままを言ったり、ストレス発散に汚い言葉を使ったりします。

ですので一概に単なるわがまま、汚い言葉を使っているからと言って頭ごなしに叱らないで下さい。

5歳の子供は単純です。

人を困らせて楽しむ、という事はまだ思いつきません。

それより、ママの愛情の確認の為にわざとわがまま言ったりしている方が多いと思います。

ママとしてはそれでも困ると思いますがここは、「他人に迷惑を掛けていない」のであれば叱る前に子供の気持ちに寄り添ってあげて下さい。

「今日、幼稚園どうだったの?何したの?お友達と遊べたの?」

聞いてあげる事で、子供からなにか不安な事があると話しやすくなります。

5歳の男の子のわがままと甘えの違い

わがままと、甘えの違いって難しい所です。

わがままを調べてみると「相手のことを考えずに、自分のしたいようにすること」だそうです。

まさに「子供」の日常ですよね(笑)

後先考えずに行動して後で困ったことがあるとママ頼み。

うちはそんな毎日です。

うちは女の子なのですが、欲しいものがあると、誕生日まで待てないのです。

スポンサーリンク

「買って、買って」攻撃を受けます。

一度、そんなに欲しいものなのかと思い、誕生日でもないのに買ってあげたら、案の定数日で行方不明になりました。

「物を大事にして」と叱りますが、後で思います。

5歳の子供ってどこまで先の事考えて行動しているのかな?と。

こういう事を積み重ねて学ぶのではないかな?と思います。

あと、性格もあるのかな?とも。

かといってもちろん毎回買いませんが。

子供の物欲は無くなりませんからね。

ですのでこの時期の子供には、理由を説明することが大切だと思います。

何故ダメなのかを明確に伝えてあげて下さい。

それにまだ5歳、という事を忘れないで下さい。

自分でなんでもできるわけではありません。時にはできる事でもママにやってもらいたいこともあります。

そんな時は「自分でできるでしょ。」ではなく寄り添ってあげて下さい。

きっと、幼稚園や保育園では一人でやっていますから。

まだまだ甘えたい年齢です。その内、ママと一緒にいる事が恥ずかしく年齢になりますから、それまで甘えたいときはたっぷりスキンシップもして下さい。

5歳の子供がわがまま言った時の怒り方は?

5歳の子供にわがままをしたから「だめでしょ!!」と叱ったところで何故怒られたのかちゃんと理解するのは正直まだ難しいです。

ですので、明確に何故ダメなのかを子供に伝えてあげて下さい。

その際、子供の目を見て伝えるのも大事です。

感情的になりがちですが、そこは抑えて下さい。子供の方も感情的になってしまいます。

相手は子供なのです。そこを忘れないで下さい。

最後に

いかがでしたでしょうか?

私にも5歳の娘がいますので、わがままと甘えの線引きが難しい所です。

それに自立してほしいからと、「自分でできるよね?」とよく言っています。

ほんと、この記事を書くに当たり、娘に対して反省しています。

「まだ生まれてたった5年の子にあれこれしつけと思って叱ってばかりだったな」と。

わがままは、子供の特権でもあります。

子供のうちにたくさん失敗や、わがままも言って小学校に入って、規律を少しずつ学んでくれたらいいのかな、と思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする