3か月の赤ちゃんの髪の毛が抜ける原因は?対策と注意ポイント

生まれたばかりの赤ちゃんは個人差がありますが、髪の毛がフサフサしている子や、薄いなぁと思う子もいますよね。

そんな赤ちゃんも数か月すると、枕に大量の抜け毛が。てことありませんか?

「え?うちの子ハゲてる?」と心配するママは多いのではないでしょうか?

私の5歳になる長女は、乳児湿疹が酷くて、頭にかさぶたが沢山出てきて気になり、そのかさぶたをベビーオイルで取っていたら毎回一緒に髪の毛も抜けてしまって、一時期、女の子なのにおでこがすごく広い赤ちゃんになっていました。

あの時は本当に心配しました。

「オイルで毛穴をふさいでしまって以後、髪の毛が生えてこなかったらどうしよう」と。

ですが、今では、ロングヘアの綺麗な髪の毛が自慢の娘です。

今回は赤ちゃんの抜け毛について原因や対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

3か月の赤ちゃんの髪の毛が抜ける原因は?

まずはじめに、赤ちゃんの抜け毛は基本、正常な事です。

ママも産後、ホルモンバランスの崩れなどで、一時的に抜け毛がありませんでしたか?

それと同じように生後3ヶ月くらいから半年にかけて赤ちゃんの髪の毛は生え変わります。

これを「新生児生理的脱毛」と言います。

抜け方として一気にたくさん抜ける時もありますので、ビックリするママは多いと思いますが、特に赤ちゃんの頭部に異常がなければ気にすることはありません。

生え変わりの他に、頭を自分で擦る事で抜け毛もあります。

「新生児後頭部脱毛」と言います。

特に赤ちゃんの頃は基本仰向けに寝かされますよね?

そうなると赤ちゃんは頭を擦ります。赤ちゃんの髪の毛は非常に繊細なので摩擦により後頭部の抜け毛が多くなるのです。

やたら後頭部だけ髪の毛の薄い赤ちゃんを見かけませんか?

新生児後頭部脱毛の場合、お座りをする頃になると寝返りもうてるようになりますので自然にまた髪の毛は生えてきます。

赤ちゃんの抜け毛の対策

「新生児生理的脱毛」は単なる生え変わりですので特に何か対策をしないといけない事はありません。

スポンサーリンク

「新生児後頭部脱毛」も、いずれは生えてきますので心配する必要はありませんが、頭を擦る事により、髪の毛が絡まりやすくなりますので、絡まりそうなときは思い切って髪の毛をカットしてしまってもいいと思います。

まれに赤ちゃん自信が自分の髪の毛を引っ張って抜くことがあります。

これは赤ちゃん自信が自分の体の事を知ろうとする行為や、手についたものを握る癖があるからですので、成長過程として様子を見てもいいでしょう。

その内、髪の毛を引っ張ると痛いと気づきやめるでしょう。

どうしても気になるようであれが、髪の毛を短くしたり「ダメよ」と言い聞かせてもいいでしょう。

赤ちゃんの抜け毛で注意ポイントは?

赤ちゃんの髪の毛が抜けるのはごく自然な事なのですが、中には注意してほしい抜け毛もあります。

それは乳児湿疹が頭部にまでできてしまった時の抜け毛です。

黄色いかさぶたが頭皮にできる、フケがでる、です。

これは赤ちゃんの新陳代謝が活発なのと女性ホルモンが強く作用することが原因といわれています。

ですので生後間もない時期に発症することがあります。

今さらですが、長女はこれだったかもしれません(汗)たしか1か月健診の頃にはおでこが広かった気がします。

私の経験上ちゃんと髪の毛は生えてきましたが病院には連れて行って下さい。

乳児湿疹が頭部にまでできた時の抜け毛に対しては、フケや赤ちゃんが頭をかゆがる素振りをしますので毎日清潔にしてあげて下さい。

自宅でのケアとしては、たっぷりの泡で頭皮を洗い、毛穴の詰まりを取り除いてあげて下さい。

最後に

いかがでしたでしょうか。

私自信「新生児生理的脱毛」という、生え変わりの時期がこんな赤ちゃんからあるなんて知りませんでした。

それに「枕ハゲ」と呼んでいた抜け毛に「新生児後頭部脱毛」という名前があったこともです。

いずれにしろ、どの赤ちゃんにもおこる成長過程ですので心配しなくて大丈夫です。

それと、中々髪の毛が伸びなくて心配するママの声も聞きますが、これも大丈夫です。

幼稚園に入園する頃には伸びてますから、今は日々の子供に成長を楽しんでくださいね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする