赤ちゃんの名前はいつまでに決めればいい?決め方とピンとこない時は?

もうすぐ待っていたわが子の誕生にまだかまだかと待っているパパさん。

ママはお腹の中で10か月も育てているので一足先に親心が生まれてきますが、パパはわが子の顔を見るまで「親になった」という感情が中々湧かないかもしれません。

そんなパパ達が、まず最初に考えるのが赤ちゃんの名前ではないでしょうか?

どれがいいか考えながら「生まれてから決めよう」と思うご夫婦も多いはず。

名前は赤ちゃんにあげる親からの最初のプレゼント、とも言います。

一生ものですので、しっかり考えたいですよね。

そこで今回は、赤ちゃんの名前の決め方、いつまでに決めるのか。などを調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの名前はいつまでに決めればいい?

赤ちゃんが生まれたら14日以内に出生届を出さないといけません。

14日もあるなら余裕だ。と思ったパパ。ママ。

いえいえ。

出産したらバタバタしますし、ママは暫く入院です。

それに生まれて14日間も名前がないのも可哀想な気もしますので、できるだけ生まれる前、もしくは生まれてすぐ数日には決めてあげた方がいいのかな?

と私は思います。

それに入院中ママは赤ちゃんのお世話をするので、やはりその時に名前で呼んであげたいですよね~。

赤ちゃんの名前の決め方

我が家は5歳と2歳の娘がいるのですが、二人とも主人が名前を決めました。

もちろん、私も気に入ったのでOKを出しました。

主人が二人の名前を命名した理由なのですが、「自分は妊娠や出産を経験できないからせめて名前は決めたい!!」

と言われ、私もダメとは言えず(笑)なのです。

主人の決めた娘の名前は、名字と画数と響きで決めたそうです。

私は次女の時、他の漢字の方が可愛いのに、と反論しましたが、「画数がこれがいい!」と押し切られました。

名前の決め方は色々あります。

・響きで決める
・画数で決まる
・流行の名前で決める
・オンリーワンで決める
・両親の名前から取る
・神社やお寺などで命名してもらう

などがあります。

スポンサーリンク

ここで気を付けて頂きたいのが、一度名前を決めると変える事はとても難しいということです。

実際、龍飛伊と書いて「ルフィ」、光宙「ぴかちゅう」、姫星「きてぃ」、緑夢「ぐりむ」などの名前が存在します。

もちろん、パパママが一生懸命、考えたのは分かりますが、オンリーワンにこだわりすぎて、子供が大人になってから漢字や読みに苦労するような名前はあまりおススメしません。

名前を付けるにあたって、両家の親が「この名前にしなさい」。

と口をはさむのは珍しくありません。

初孫となれば一層口を挟んできそうです。

ですが、赤ちゃんを育てるのはパパとママです。

周りの意見も聞きつつ、最終的にはパパとママが決めて下さい。

できれば誰でも読めて書ける漢字にするのが良いと思います。

名前は一生ものです。ですので、これから生きていく上で何度も自分の名前を紹介したり、紙に書いたりする場面が出てきます。

そこで、まったく読めない漢字や画数が多過ぎる漢字だと、本人が嫌になるかもしれません。自分だったら、と思って考えてみてください。

赤ちゃんの名前にピンとこない時は?

たくさんあり過ぎて名前が決められない。これだ!という名前がピンとこない時。

名前の候補があり過ぎて決まらない時は、赤ちゃんが生まれて顔を見て決めてみてはいかがでしょうか?

きっと、赤ちゃんに合う名前が出てくると思いますよ。

候補すらない場合は、上記の名前の決め方を参考にし、その他に、赤ちゃんが生まれる季節や、その時期の出来事にちなんだ名前、もしくはパパ、ママの尊敬、好きな有名人の名前を頂くなどはどうでしょうか?

その他にも、呼び名から決めて名前を決めるという方法もあります。
「りっちゃん」「いっくん」「あっちゃん」など、気に入った呼び方から決めて名前をつけるのです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

名前辞典を見るとこんなにたくさん名前があるとよけいに悩みますよね?

ですがたくさん悩んで決めた名前です。子供が大きくなった時、胸を張って「世界一良い名前!なんだ」と言ってあげて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする