赤ちゃんが絵本を舐めても大丈夫?食べたり舐めないようにするには?

赤ちゃんは、初めて見たものや不思議に思ったものは、まず口にいれます。なめなめ噛み噛みはしょっちゅうではないでしょうか?

おもちゃに限らず、机の角や服、絵本ももちろん、最初はなめなめから入ります。

わかっていてもなめて欲しくない、絵を見て欲しいと思うお母さんも多いと思います。

今回は、赤ちゃんが絵本を舐めないようにするにはどうしたら良いか、食べてしまった時などのお話しをしていきたいと思います。

では早速見て見ましょ~(`・ω・´)

スポンサーリンク

赤ちゃんが絵本を舐めても大丈夫?

赤ちゃん向けの絵本は、赤ちゃんがなめてしまっても害のないインクが使われていることが多いです。

だからと言って、どんどん舐めさせちゃっても良いというわけではありません。

ただ、舐めたからと言ってどうにかなってしまうということはないので、その点はご安心ください。

赤ちゃんが絵本を舐めないようにするには

絵本は読むものですし、なめなめより絵を楽しんで欲しいですよね。

では、お母さんが一緒にお膝に乗せて読んであげてください。

1回や2回では覚えてくれませんが、何回も何回も繰り返し読み聞かせてあげることで、赤ちゃんも絵本を読む、絵を見る楽しさがわかってきます。

まだ絵本を舐めるということは、絵を見ることよりも舐めることの方が楽しいということです。

絵本を舐めないようにするというよりも、絵本を楽しんでもらえるように読み聞かせてあげてくださいね。

ボードブック

それでも舐めたり、食べてしまうようであれば、ボードブックという、厚めの板のような絵本や、布製絵本があるので、そちらを読んでみましょう。

ボードブックは、上記のように厚めのページなので、赤ちゃんが自分でページをめくることができるので、より絵本を読むことに興味を持つというわけです^^

布製絵本

布製絵本は、名前の通り布でできているので、舐めてしまっても破れることがありません。

よだれの跡はつきますが、ものによってはお洗濯もできるのでお勧めですよ( ̄▽ ̄)b グッ!


スポンサーリンク

赤ちゃんが絵本を食べてしまったら?

赤ちゃんの誤飲誤食って、怖いですよね。

絵本をかじってしまった場合ですが、大抵の場合は何ともないです。

慌てずに、まずは口の中に紙が残っていないかどうかを確認しましょう。

いきなり手を口に突っ込んでしまうとびっくりしちゃうので、その時は、「あーんして」など声をかけてあげることを忘れないでくださいね。

口の中に紙が残っていなかったら、しばらく様子をみてあげましょう。

もし咳込んできたり、顔色が悪くなってきたりと、明らかに様子がおかしくなってきたら、病院を受診しましょう。

さいごに

いかがでしたか?

絵本を読むにあたって、赤ちゃんがどんな行動をとるかなんて、その時にならないとわかりません。

うちの娘もガッツリ絵本を舐め、ところどころ食べちゃってます。

その後は、具合が悪くなることもなく、すこぶる元気で成長しております。

1歳を過ぎると、舐めることはなくなりましたが、ビリビリが始まり、何度セロテープで補正してきたかわかりません(苦笑)

ビリビリが楽しいのもわかるので、新聞を破ってみたり、紙を破ってみたりと「破りたい欲求」を満たせるようにしていました。

今は力加減が難しくてビリっと行くことはありますが、わざと破るということはなくなりました。

普通の絵本のページをめくったり、ボードブックも自分で読んでいることがあります。

ボードブックは小さいので、持って読みやすいのかもしれません。

みなさんも、舐めちゃった!破いちゃった!と頭を抱えることは多いと思います。

しかし、そこに焦点を当てるのではなく、絵本を読み聞かせてあげて、絵本を読むことが楽しいと思えるようにしてあげてくださいね。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする