赤ちゃんの成長が遅くなる原因は?病気や対処法は?

赤ちゃんが生まれて、お世話の日々。

離乳食が始まるまでは、基本赤ちゃんは、ミルクを飲み、おむつを替えてもらい、そしてよく寝る、ではないでしょうか?

そして出産後、初めての1か月健診。

「どのくらい大きくなっているかな。」「異常はないかな。」

と、思いながらママ達は受診するのではないでしょうか?

ところが、思いの外、赤ちゃんの体重が増えていなかったら・・・

気になりますよね。

現在、5歳と2歳の娘がいる私も長女の時、中々体重が増えない事に悩みました。

それと、首のすわりや、歩く時期も今思うと他の子より遅かったです。

不安になるのが、ママですよね。

赤ちゃんの成長が遅いと感じ時、どんな原因があって、どうすればいいのか調べてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの成長が遅くなる原因は?

赤ちゃんの成長過程は主に、

首がすわる 3~4か月頃
お座りができるようになる 6~8か月頃
はいはいをするようになる 7~11か月頃
つかまり立ちをするようになる 8~11か月頃
一人で歩くようになる 11~1歳半頃

が目安です。もちろん個人差があるのでその時期に必ずするわけではありません。

首がすわる、お座りをしない原因としては
・まだ首を支える筋肉が発達していない
・頭が大きくてバランスがとれない
・お座りのやり方がわからない
・抱っこの方が好き
・お座りに関心がない

などが考えられます。

はいはいや一人で立ったり歩いたりしない原因としては
・まだ筋肉が発達していない
・はいはいできるが、する気が無い
・慎重な性格

などが考えられます。

私の長女ははいはいをしませんでした。

仰向けになって、足を使い、器用に動いていました。
初めての子なので、「その内はいはいになるのかな?」とのんきに待っていましたが、結局、はいはいする事無く歩きました(汗)

その時期にネットで、「はいはいは筋肉を鍛えるのにすごく良い行為。

そして、こけた時の受け身の練習にもなっている」

と言うのを見て不安になりましたが、腹筋はあまりないですが、

こけた時、ちゃんと手が出て受け身をしているのであの頃の不安はなんだったのだろう、と笑い話になっています。

それに、首のすわりも遅かったです。

これは後で分かったのですが、筋肉の発達が遅かったのもあると思いますが、基本、「横抱き」ばかりしていたのです。

スポンサーリンク

案外、首がすわっていなくても縦抱きしている子、いませんか?
抱っこひもなどで。

私は、首がすわらないと縦抱きはしてはダメなんだと思っていて、それも遅かった原因の一つだろうと思っています。

ですので、本当に個人差が大半をしめていますので、あまり神経質にならないで下さい。

それと冒頭でも触れましたが、身長体重が母子手帳の成長曲線から外れている場合。

これは離乳食前の赤ちゃんの場合は、母乳やミルクが足りていないと考えられます。

母乳不足かどうかは、赤ちゃんのおしっこの回数で判断できます。

赤ちゃんは1日5回以上おしっこをします。

それ以下だと、母乳やミルクが足りていない可能性があります。

離乳食が始まる頃の成長曲線が外れている場合は、離乳食の量が少ない事が考えられますが、2つとも、これも食べる量も飲む量も個人差があります。

成長曲線から外れていても、よく笑い、元気に過ごしているなら、気にしなくていいです。

どうしても心配なら、保健師などに相談してみてください。

赤ちゃんの成長が遅い場合、考えられる病気

6か月を過ぎても
・首がすわらない
・うつ伏せにしても頭が持ち上がらない
・人やおもちゃなどに関心を持たない
・目線が合わない
・抱っこを嫌がる
・言葉が出ない
・指さしをしない

こういった場合は、発達障害や、病気の可能性がありますので、専門医に相談して下さい。

ですが、専門医も3歳ごろまで診断がつかない場合もあります。

それだけ個人差なのか、発達障害なのかは、見分けがつきにくいみたいです。

最後に

赤ちゃんの頃は本当にあっという間に過ぎます。

私も今振り返ると、体重が中々増えない時、赤ちゃん用に体重計を買い、ミルクを飲むたびに体重計に乗せていました。

時間が掛かっても、月齢通りのミルクを全部飲みきるまで飲ませていました。

長女からしたら、もしかしたら、ミルクが好きではなかったのかもしれませんね。

離乳食を始めたら、すぐに体重が増えたのです。

でも、ママは、平均にこだわります。

その気持ちすごく分かります。

ですが赤ちゃんを見て下さい。

笑顔で元気にしているなら、それがその子の適正と思ってください。

短い期間なのでママもできるだけ楽しんで子育てして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする