赤ちゃんの絵本はいつから興味がある?選び方やはどれがおすすめ?

赤ちゃんに絵本を読んであげたい、でもどんな絵本がいいのかわからない!そんなお母さんは多いのではないでしょうか?

ここでは、そんなお母さん・お父さんのために赤ちゃんがどんな絵本が好きなのか、赤ちゃんと絵本についてお話ししていきたいと思います。

では早速見て見ましょ~(`・ω・´)

スポンサーリンク

赤ちゃんの絵本はいつから興味がある?

まず、赤ちゃんはいつ頃から絵本に興味を持つかですが、赤ちゃんは生まれる前から耳が聞こえています。
なので、目が見えていなくてもお話しを聞かせてあげると、見えるようになってからも「あ、なんだか聞いたことがあるような気がするぞ」と興味を示してくれます。

それから、お腹の中にいる時から聞かせてあげるのも、絵本に興味を持つきっかけになるんですよ。

赤ちゃんの絵本の選び方

赤ちゃんの絵本を選ぶときは、「原色のもの」、「言葉がきれいなもの」、「読んだときに音が面白いもの」が良いと言われています。なぜ原色なのかと言いますと、生まれてから3か月までは、赤ちゃんの目はほとんど見えていません。

3か月過ぎるくらいになって、ようやく目が見えるようになってくるのです。

色も、一番最初に見えるのは赤色と言われているので、原色のようにはっきりとした色で描かれている絵本を選ぶようにしましょう。

次に、音が面白いものですが、「びりびり」「じゃあじゃあ」などの擬音が大好きなのです。

音を繰り返すことが面白いので、赤ちゃんは喜んで絵本を開いていることが多いです。


スポンサーリンク

赤ちゃんのおすすめの絵本

赤ちゃんにおすすめの絵本ですが、「どんどこももんちゃん」、「じゃあじゃあびりびり」、「いないいないばあ」、「もこもこもこ」、「フルーツめしあがれ」です。

「じゃあじゃあびりびり」は、原色で描かれていて、擬音を繰り返していく絵本です。

大きさも小さくて赤ちゃんが自分で開いてみることができます。

「どんどこももんちゃん」は、原色ではありませんが、繰り返しの言葉がたくさん使われていて、喜んで見てくれます。

「フルーツめしあがれ」はイラストがきれいで、一つ一つおいしそうに描かれています。

これはうちの娘に初めて買ったものでしたが、1歳半の今でも読んで欲しくて持ってきますよ。

さいごに

いかがでしたか?

赤ちゃんに絵本を選ぼうと思うと種類はたくさんありますし、どんなものが好きかわかりませんし。

私は、絵本を買いに行ったのが生後3、4カ月くらいでした。

選んだのは娘です(笑)

買ってからはちょこちょこ絵を見せていて、娘はわかっているのかいないのか、イラストを触ってじーっと見ていました。

1歳過ぎるころには自分で読んだり、盛大に破いてくれたりしていましたが、好きな絵本なのでよく持ってきています。

また、絵を見て食べる真似をしたり、食に興味を持ってくれるようになりました。

「もこもこもこ」も好きな絵本で、「もこ」と読むと期待でニヤニヤしています。

絵本のぺージは薄いものが多いのですが、赤ちゃん向けの絵本は、分厚くて固めの物が多いので、破られたくない方は、1ページが分厚いものをお勧めします。

内容はどんなものが良いというのは、特にありません。

あえて言うなれば、難しい言葉のものはお勧めしません。

まだ言葉を覚えていない赤ちゃんには、桃太郎でも難しいお話しです。

なので、擬音を繰り返す絵本や、五味太郎さんが書いているような「きんぎょがにげた」くらいの短いお話しの物が良いですよ。

絵本は赤ちゃんが言葉を覚えていくきっかけの一つであり、お母さんやお父さんとのコミュニケーションの一つでもあります。

なので、お母さんが楽しく読めそうなものだと、赤ちゃんも興味を持ってみてくれますよ。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする