子供に刺身は何歳からいいの?注意点と早すぎるとダメなわけは?

子供に刺身は何歳から与えればよいのか
ママもどうしたら良いか疑問に感じますよね。
生まれてから何かとお祝いする機会があり、
そうするとお祝い事に欠かせない
刺身やお寿司の出番が多くなってきますよね。
私も疑問に思っていたので、
家にある育児書に
どのように書いてあるか探してみましたが、
なかなか刺身などの生の魚に関する情報は
みつかりませんでした。
低年齢のうちから何でも子供に与えたがる
おじいちゃんおばあちゃんもいますよね。
食べさせて子供にアレルギーが出たら大変だし、
子供が生のお魚を食べる事に関して色々な意見があり、
どれを参考にすればわからないとお悩みの方の
解決に少しでもなれればと思い、
1つ1つ探って行きたいと思います。

スポンサーリンク

早すぎるとだめな訳は?

子供にとってアレルギーの頻度というのは
とっても高いと言われています。
特に4歳ぐらいまではほとんどが食事からの
アレルギーであるといわれています。
食中毒になると低年齢の頃は抵抗力が弱く
重症化してしまう恐れがあるので
体力がついてくる2歳半から3歳ぐらいの
元気のよいときに食べさせるのが良いでしょう。

さいごに

刺身はアレルギーや食中毒の観点から
低年齢のうちから無理に与えなくても良いと思います。
お寿司は卵焼きやきゅうり、かんぴょう、納豆など
子供でも食べられるものがあります。
刺身は大きくなってからのお楽しみにとっておいて
小さい頃は周りの人が
注意しながら与えたほうが良いと私は思います。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする