赤ちゃんがミルクアレルギーになった時の症状は?原因や他に何をあげる?

赤ちゃんにとってミルクはとても重要な役割を担っています。
ミルクと母乳の混合育児の場合や、
外出用、非常時用、と様々な場面で
大事な栄養源として活躍してくれます。

そのぶん、
赤ちゃんのミルクアレルギーの問題も深刻です。

今回は、
ミルクアレルギーの原因や、症状、その対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんがミルクアレルギーになった時の症状は?

アレルギーの症状には主に以下のようなものがあります。
一般的には、
1回目にミルクを飲んだときよりも、
2回目以降に飲んだ方が
アレルギーは過剰に反応するケースが多いという特徴があるようです。

・湿疹、じんましん
肌に赤いぶつぶつや蕁麻疹が現れる場合があります。
ミルクに触れた口周りだけではなく
全身に異常が出る場合もあるので注意が必要です。

・下痢、血便、嘔吐
ミルクアレルギーが消化器官に影響を及ぼした場合、
慢性的な下痢や下血(血便)、嘔吐として症状が現れることがあります。
ミルクや牛乳を飲んだ後に
いつもと違ううんちが出たり、
嘔吐が頻繁に繰り返されるようであれば
ミルクアレルギーの可能性があります。

・アナフィラキシーショック
アレルギー反応が強い場合、
血圧低下や意識障害などに陥る
アナフィラキシーショックを引き起こす可能性もあります。

少しでもミルクアレルギーが疑われる場合、
病院で検査してもらうことをおすすめします。
症状によっては除去食の検討も必要になってきます。

赤ちゃんがミルクアレルギーになってしまう原因

アレルギーとは、
本来は身体に害を与えない物質に対して、
免疫機能が「異常物質だ!」と勘違いをして
過剰反応することにより引き起こします。

赤ちゃんがミルクアレルギーを起こしてしまう原因は、
粉ミルクや牛乳に含まれるタンパク質です。

このタンパク質には、
アレルギーの原因となるアレルゲンが含まれているため
それが赤ちゃんの身体で過剰反応して
アレルギーを起こしてしまいます。

母乳にもこのアレルゲンは含まれていますが、
牛乳のそれと比べて小さく、
量も少ないため、
アレルギーにはなりにくいようです。

スポンサーリンク

赤ちゃんにはミルク以外は何をあげる?

ミルクアレルギーの治療方法として一般的なのは、
アレルギーを引き起こすミルクを除去したものを食べさせること。

除去食を1歳過ぎるころまでにしっかりと継続していれば、
牛乳や乳製品を食べても
アレルギー反応が出なくなるケースがほとんどです。

離乳食がある程度進んでる赤ちゃんなら
ミルクや牛乳を使用しない食べ物を選んで
食べさせてあげてください。

離乳食が始まっていない赤ちゃんは、
お母さんの母乳が十分出るようなら問題はありませんが、
完全ミルク、もしくはミルクと母乳の混合の場合は
アレルギー専用の粉ミルクを利用してください。

現在は様々なアレルギー対応の粉ミルクが発売されていますが、
どの粉ミルクも、
医師や管理栄養士の指導に従い使用することが推奨されているので、
まずはかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

さいごに

ミルクアレルギーは、
消化機能が発達してくる1歳を過ぎるころには
自然と治ると言われています。

ミルクをあげたときの症状や様子など、
赤ちゃんの反応へは注意が必要ですが、
例えアレルギー反応が出たとしても、
あまり思い詰める必要はありません。

必要なら周りの友達や家族、お医者さんと相談しながら、
乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする