赤ちゃんにおしゃぶりは歯並びに影響ある?いつからいつまですればいい?

赤ちゃんがおしゃぶりをくわえている姿は
なんとも可愛らしく感じますよね。
でも、おしゃぶりを使い続けると
「出っ歯になりやすい」
「歯並びが悪くなる」
という噂を耳にすることもあります。

今回は赤ちゃんのおしゃぶりが歯並びに与える影響などを紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんにおしゃぶりは歯並びに影響ある?

結論からいうと
おしゃぶりは歯並びに影響する可能性があります。

特に、
乳歯が生えそろう時期や
乳歯と永久歯が生え代わる時期におしゃぶりを多用すると
歯や顎の成長を妨げてしまいます。

代表的な症状は
「上顎前突」(いわゆる出っ歯)、
「開咬(かいこう)」(上下の歯の間に隙間ができる)
などがあります。

さらに、
乳歯の奥歯が生えそろう時期(2歳半頃〜3歳すぎ)までおしゃぶりを使用していると
「交叉咬合(こうさこうごう)」(奥歯の噛み合わせがずれる)
まで引き起こす可能性があります。

また、おしゃぶりが長時間
口の中に入っている状態は
赤ちゃんのおしゃべりの時間を減少させてしまい、
言葉の発達にも影響する可能性が指摘されています。

赤ちゃんにおしゃぶりはいつからいつまで?

赤ちゃんのおしゃぶりは
新生児用から販売されています。
赤ちゃんが泣いたりぐずったりしたときのために使用すると効果的ですが、
絶対に使用しなくてはいけないということはありません。
おしゃぶりを与える前に
赤ちゃんのを抱っこしてあげたり
あやしてあげたりすることで気が紛れるのであれば
無理に使用する必要はないのです。

おしゃぶりを終わらせる時期としては、離乳食の完了期。
口の動きが「吸う」ことから「噛む」ことへ移行してくると
おしゃぶりは卒業のサインです。
先述したように、
2歳半以降、奥歯が生え揃った後もおしゃぶりを使用していると
歯並びだけではなく噛み合わせにも影響してしまいます。

理想的なのは
乳歯の奥歯が生え始める1歳半頃からやめる準備を始めて
2歳過ぎるころには完全にやめられると良いでしょう。


スポンサーリンク

赤ちゃんにおしゃぶりをやめさせるためには?

赤ちゃんがおしゃぶりを欲しがるのは
生まれた時から備わっている
「吸啜反射」(唇に触れたものを吸う反射行為)によるもの。
だいたい生後5〜6ヶ月程で見えなくなると言われています。

しかし、3歳頃まではその名残りが残っている場合があり、
ぐずっている時や気持ちが不安定な時などに
おしゃぶりや指しゃぶりなどでを気持ちを落ち着かせようとします。

いわば、赤ちゃんの「精神安定剤」。
あまり長期間にわたり使用していると
習慣化してしまい、
無理にやめさせようとしても逆効果になることも・・・。

まずは、
赤ちゃんがなぜおしゃぶりを欲しがるのか、
を考えてみましょう。

例えば、
下のお子さんのお世話に集中しすぎていませんか?
忙しいあまりにしかめっ面になっていませんか?
お母さんの気持ちに赤ちゃんのは敏感になり、
おしゃぶりをして気持ちを落ち付けようとします。

逆に、
お母さんが優しく語りかけたり、抱き上げたりすることで
赤ちゃんは安心感につつまれ気持ちも安定します。

おしゃぶりは即効性があり便利なアイテムですが、
おしゃぶりに頼る前に、
まず赤ちゃんとのスキンシップをたくさんとることから始めましょう。

さいごに

おしゃぶりは依存しすぎると、やめさせることが難しくなってきますが、
どうしても泣き止まない時にだけ使うなど使用方法にけじめをつければ
大変便利なお助けアイテムです。

あまり神経質になり過ぎずに
赤ちゃん成長にあわせて使用していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする