赤ちゃんの鼻水を吸うのはいつから?頻度と嫌がった時の対処法の紹介

赤ちゃんは鼻の中の粘膜が未発達なため、
空気の乾燥や気温の変化によって
すぐに鼻水が出てしまいます。
鼻水をそのままにしておくと
夜寝るときに鼻がつまって呼吸がしづらくなって
眠りが浅くなったり
ひどくなると
中耳炎や副鼻腔炎などの原因にもなるのです。

鼻水がたまっている状態は赤ちゃんにとっては良くないので
こまめに吸引してあげることが重要です。

では、具体手に吸引はいつからが適切なのか、
その頻度や、嫌がったときの対処法などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻水を吸うのはいつから?

鼻水吸引器は種類も様々ですが、
基本的には新生児から使用できるものがほとんどです。
心配な場合はメーカーや耳鼻科に聞いてみましょう。

大事なのはその使い方。
お母さんが吸うようなストロータイプの吸引器は
一気に吸い込まないようにすることが大事です。
思い切り深呼吸をして力の限り吸い込まないといけないと
思い込んでいるお母さんもいるようですが、
赤ちゃんの鼓膜が破れてしまう可能性もあるので
絶対に避けてください。

少しずつ小刻みに吸い込み、
鼻がすっきりするまで鼻水を吸い取ることがコツです。
赤ちゃんにが怖がらないように優しい表情で吸引してあげるのも大事ですね。

ストロータイプで取りきれないような粘着性の高い鼻水は
電動式のものが吸引力が高くておすすめです。
吸引力を微調整できるものもあるので、
新生児でも安心です。
また、ストロータイプと違い
お母さんが直接吸う必要がないので
感染の心配もなく衛生的なのもうれしいポイントです。

赤ちゃんの鼻水を吸う頻度

吸引器を使う頻度は1日に2回程度が適切です。
粘着性が高くネバネバした鼻水だと
吸引が難しくなってしまうこともあるため、
できるだけサラサラした状態で吸引してあげましょう。

吸引するタイミングとしては、
お風呂に入った後がオススメです。
お風呂の水蒸気でふやけた状態で吸引してあげると
あまり力を入れずに吸引できますよ。


スポンサーリンク

赤ちゃんが鼻水を吸われるのが嫌がった時の対処法

乾燥した鼻水は取りにくく、
赤ちゃんも嫌がってしまう可能性があるので、
まずは取りやすい環境にしてあげましょう。
先述したように、
お風呂上がりの鼻は湿気を含んいて鼻水も取りやすくなるのでおすすめです。
また、電動式の吸引器の場合、
モーター音が大きくて赤ちゃんがびっくりしてしまうケースもあるので
できるだけ音の小さいものを選ぶと良いでしょう。

そして、もっとも重要なのがお母さんの表情です。
赤ちゃん以上に緊張してこわばった表情で吸引器を使用すると
赤ちゃんも不安を覚えます。

「お鼻吸ってすっきりしようね」
など、優しく話しかけながら吸引してあげましょう。

それでも嫌がって吸引できない場合は
耳鼻科へ相談しにいきましょう。
鼻水の吸引だけのために病院へ行っても良いのかな?
と不安なお母さんもいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です。
家庭用の吸引器ですべての鼻水を取り切ることは難しいことなので
気軽に病院に相談しましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
赤ちゃんが自力で鼻がかめるようになるまでは
吸引器を常備しておくと便利です。
最初は扱いが難しくてストレスに感じることもあるかもしれませんが、
コツを掴んで慣れてくると上手に吸引できるようになります。
赤ちゃんとお母さんに合った吸引方法を試してみてください。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする