子供が爪をかじる癖の治し方は?原因と注意点はどこ?

子供

子供の癖で気になる癖のうちの一つである爪をかじること。
子供の癖の中では多い癖ではありますが、衛生的な問題や他人の目を気にするとやめてもらいたいと思う親御さんも多いのではないでしょうか。
爪をかじることはいったいどのようなことが原因で癖となってしまうのか、またどのように対処すればいいのかご紹介します。

スポンサーリンク

子供が爪をかじる癖の治し方は?

●子供の様子をそっと見守る
子供の爪をかじることを直すためには、主にどんなシーンで爪を噛むのかを把握する必要があります。
宿題で分からないところがあってイライラしたとき、アニメを観て集中しているときなのか、まずはその原因を見つけましょう。

●子供と過ごす時間を積極的に作る
子供と一緒の時間を意図的に作るようにしましょう。

●愛情表現やスキンシップを大切にする
「ありがとう」「大好きだよ」という気持ちは口にしなければ分かりません。
子供は照れて嫌がるかもしれませんが、それでも「私にとってあなたはかけがえのない存在」「唯一無二の大切な存在」ということを伝え続けることが大切です。

子供が爪をかじる原因

《精神的なストレス》
休日に家族でゴロゴロしているときや、絵本の読み聞かせをしているときは平気なのに、両親に叱られた後や宿題を始めた途端に爪をかじるのは、子供に精神的なストレスや負荷がかかっていることが原因かもしれません。
何か強いストレスを感じたときに、爪をかじることによってストレスを分散させようとしているのです。

《両親の愛情不足》
自分に妹や弟ができて両親に構ってもらえなかったり、夫婦共働きで家族揃って食事をする機会が少なかったりすると、子供は「自分は必要のない存在なのかもしれない」と寂しさを感じてしまうものです。

スポンサーリンク

《無意識でなんとなくやってしまう》
理由がある訳ではないけれど、なんとなくでやってしまっているという場合もあります。

《環境の変化によって心のバランスが崩れている》
保育園や幼稚園の入園や卒園、両親の転勤による引っ越しといった新しい環境の変化によって、心のバランスが崩れていることも爪をかじる原因の1つです。

子供の爪をかじる癖を治す時の注意点は?

★遠回しに爪をかじる癖を本人に気づかせる★
本人も無意識で爪をかじっていることの方が多いはずです。
そのため、爪をかじっているのを発見したら優しく注意してあげてください。
これを何度も繰り返すことによって、「爪をかじる=いけないこと」という意識を持てるようになります。
※「また爪をかじってるよ」と直接的な言葉で注意をしても、子供自身に「自分が爪をかじっている」という自覚がなければなかなか改善の兆しは見えないでしょう。

★爪かじりがいけない理由を子供に説明する★
一方的に「爪をかじるのはよしなさい」と注意するのではなく、なぜいけないことなのかをきちんと説明してあげてください。
「手にはいっぱいばい菌やウイルスがついている」という理由を話すことで子供は、「爪をかじるのは良くないこと」と自覚できるようになります。

さいごに

子供が爪をかじってしまうのは、両親の愛情を感じられなかったり、精神的なストレスを分散させていたり、自分の気持ちを落ち着けるためだったりとさまざまな理由があります。
「爪をかじるのはいけないこと」ということを子供にきちんと伝えた上で、親子の時間を作っていきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました