子供がボールペンで落書きをしてしまった時の対処法は?落とし方とにじんでしまった時は?

子供

小さい子供がいる家庭でしばしば問題になるのが、壁紙の落書き。
ちょっと目を離したスキに落書きをされてしまって困ったという人も多いようです。
中でも、先が細く筆圧がかかりやすいボールペンで落書きされてしまうと、なかなか消すのが大変なことも。
どうすれば壁紙にボールペンで書かれた落書きをキレイに消すことができるのでしょうか。
今回は落書きをしてしまったときの対処法や落とし方について紹介します。

スポンサーリンク

子供がボールペンで落書きをしてしまった時の対処法は?

壁紙にボールペンで書かれた落書きなど、壁紙のボールペン汚れをきれいに落とすには、そのボールペンのインクの種類を特定することがなにより大切です。
なぜなら、インクの種類によって、汚れの落とし方が違ってくるからです。
ボールペンのインクには、大きく分けて、油性と水性の2種類があります。
ボールペンの色素を溶かし込む溶剤が有機溶剤の場合は油性、水の場合は水性になります。
「ボールペンで落書きされたー」と焦って対処するのではなく、インクをよく確認してくださいね。

子供がボールペンで落書きをした時の落とし方

①消しゴムやメラミンスポンジを使う
まず、ボールペン汚れがごく軽い場合は、消しゴムやメラミンスポンジでこすって落とすことができます。
壁紙を傷めないように、軽くこすってみましょう。
強くこすると、摩擦で壁紙が破けてしまったり、ボロボロになってしまったりするので、ご注意を。
また、壁材が柔らかく、線の部分が凹んでしまっているような場合は、この方法だけでは消すことはできません。

②濡れ雑巾で拭いてみる(インクが水性)
ボールペンのインクが水性の場合、水で濡らして固く絞った雑巾で拭いてみましょう。
落ちないようなら、台所用洗剤や洗濯用洗剤を数滴垂らした水で濡らした雑巾で拭いてみましょう。
日本の住宅に多いビニールクロスの壁紙の場合、これでキレイになることも多いです。
それでも落ちないようなら、ガラスクリーナーを使ってみましょう。
綿棒の先にガラスクリーナーをつけて汚れの部分を丁寧にこすります。
これを繰り返すと、インクの広がりを最小限に抑え、汚れをキレイに落とすことができます。
その後、もう一度水拭きしクリーナーを落とし、乾いた布で拭いて仕上げます。
※これらの水を使った方法は、紙・和紙製の壁紙など、水拭きできない素材の場合は、採用できません。

スポンサーリンク

③クレンジングオイルで油分を落とす(インクが油性)
インクが油性の場合は、まず、クレンジングオイルを使う方法を試してみましょう。
綿棒にクレンジングオイルを染み込ませ、汚れの部分をトントン叩くようにして汚れを浮かせます。
そのあとキッチンペーパーで押さえると、汚れがキッチンペーパーに移ります。
日本の住宅に多いビニールクロスの壁紙の場合は、これを数回繰り返せば、たいていの油性のボールペン汚れをきれいに落とすことができます。
ただし、壁紙の素材によっては、染みになることがありますので、目立たないところで試してみて確認するようにしてください。

④漂白剤で落とす(インクが油性・強めの油汚れ)
インクが油性の場合で、かつ、白い壁紙の場合に限られますが、漂白剤を使ってキレイにする方法もあります。
綿棒に液体の塩素系漂白剤をつけ、ボールペン汚れの部分に塗ります。
数分放置して、色が落ちたら、水拭きして漂白剤を落とし、乾拭きで仕上げます。
この方法は、色付きの壁紙では色落ちしてしまうので、白の壁紙の場合に限られます。
また、仕上げの水拭き、乾拭きをきちんとしておかないと、のちのち壁紙が黄色く変色してしまうことがあるので、注意しましょう。

⑤ガンジー(ガンヂー)インキ消を使う(インクが油性・頑固な油汚れ)
インクが油性の場合は、とっておきの方法があります。
それは、「ガンヂーのインキ消・ボールペン用」を使う方法です。
ガンヂーのインキ消は、もともと紙に書いた油性ボールペンの文字を消すためのものなのですが、壁紙のボールペン汚れもきれいに消すことができます。

ボールペンがにじんでしまった時は?

 消そうとしたら、「にじんでひどくなってしまった!」
もしかしたら油性、水性インク見極められず、消し方を間違えたのかもしれません。
 そのまま進めて消してしまうとひどくなって広がることも…
しかし、鉛筆を消しゴムで消すようにすらすら消せるインクばかりではありません。
正直、にじみ方を見てみないと何とも言えないし、広範囲でにじんでしまったら手遅れになることも…
インクを良く確認して対処すること、目立たないところ(狭い範囲)から綿棒などで確かめてみることが大切だと思います。
にじんでしまったら、広がる前にまずストップ!

さいごに

 今回はボールペン&壁の落書きに限定して紹介しました。
 子供の落書きは仕方がない。しかし、書かれてしまうと大変ですよね!
 何でもそうだと思いますが、まず狭い範囲で試してみてから広範囲にしてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました