赤ちゃんに牛乳はいつからいいの?与えるときの注意点と温度は?

赤ちゃん

「粉ミルクは作るのが面倒だし、そろそろ牛乳に変えたいな」

「牛乳は栄養があるって聞くし、できるだけ早く飲ませた方がいい
かな」

どのタイミングで牛乳を与えるべきか迷っているママ!

結論から言うと、早すぎても遅すぎても良くないということです。

早くから与えるとアレルギーを起こす可能性が高くなります。
そのため、以前は、牛乳のようなアレルギーを起こしやすいものに
ついては遅ければ遅い方が良いとされてきました。
しかし、近年は、少量を早いうちから与えた方がアレルギーの発症
を抑えられると言われています。

では、牛乳はいつ頃から与えるのがいいのか?

また、与えるときに注意しなければいけないことは何か?

まとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんに牛乳はいつからいいの?

そもそも粉ミルクと牛乳の違いは似ているようで全く異なります。

粉ミルクには赤ちゃんの成長に必要な栄養素が豊富に、かつバラン
ス良く入っています。
中でも牛乳との大きな違いは、鉄分が多く含まれているという点で
す。
一方、牛乳には、糖分やたんぱく質、カルシウムなどのミネラルが
たくさん含まれています。

牛乳も体に良さそうに思えますよね?
でも、1歳前の赤ちゃんの消化能力は未熟で、牛乳に含まれるたん
ぱく質の分子を小さく分解できません。
そのような十分分解されていないたんぱく質分子を吸収することで、
アレルギー症状を発症する場合があるのです。

また、牛乳に含まれるカルシウムは鉄分の吸収を妨げます。
まだ離乳食の段階で、鉄分を食事から摂取できる量はごくわずか。
そのため、牛乳を摂取しすぎると鉄欠乏性貧血になる可能性もある
のです。

牛乳は赤ちゃんにとっては注意が必要な飲み物といえます。

厚生労働省が策定したガイドにおいて、1歳以降に牛乳を与えるの
が望ましいとされています。
消化能力が発達する1歳以降を目安に試してみると良いでしょう。
1歳前に使いたい場合は、調理に少量使う程度にしておきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんに牛乳を与えるときの注意点

牛乳を与えるときにはいくつか注意すべき点があります。

まずは、少しずつ慣らしていくということです。
1歳になったからと、急に粉ミルクを中止して牛乳を与えてもいい
というわけではありません。
初めて与えるときには、10~20ml程度の少量にし、お腹の調子、
アレルギー症状など問題無いか必ず確認しましょう。

アレルギーの症状としては、じんましんや湿疹などの皮膚症状や便
秘、下痢、おう吐などの消化器系の症状、さらにはぜんそくや呼吸
困難などの呼吸器系の症状も起こりえます。

一つでも気になる症状があった場合、自己判断で続けて与えること
は危険です。かかりつけの医師に相談するようにしましょう。
特に家族にアレルギーの既往歴がある場合には十分注意が必要です。

次に、鉄分をしっかり摂取することです。
前にも述べたように、多くの鉄分が含まれていた粉ミルクを止める
と、食事で補うより他はありません。意識して鉄分の多く含まれて
いる食物を食事に取り入れるようにしましょう。

他には、当然のことですが、賞味期限が切れた牛乳はあげないこと
です。期限内であったとしても、一度パックを開けたら菌が繁殖す
るので、鮮度には注意しましょう。

最初のうちは特に、慎重に与えることが重要です。

赤ちゃんに牛乳を与えるときの温度は?

牛乳は、少量から少しずつ慣らしていくよう説明しましたが、冷蔵
庫から出した冷たい牛乳をそのまま与えると、胃腸に負担がかかっ
てしまいます。

初めのうちは人肌に温めたものにし、様子をみましょう。
電子レンジで約1分程度温めて、実際に味見してみてください。
慣れてきたら常温にしたものを与え、それで問題なければ冷たいも
のを与えるというように身体に慣らしていくことをおすすめします。

さいごに

いかがでしたか?
牛乳が使えるようになるとメニューの幅も広がりますし、健康に欠
かせない飲み物であることは間違いありません。
赤ちゃんのうちは色々と心配なこともありますが、注意点をしっか
り守って飲ませてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました