赤ちゃんのおもちゃの消毒方法は?頻度とおすすめはなに?

毎日赤ちゃんが遊ぶおもちゃですが、みなさんはきちんと消毒していますか?

毎日遊ぶということは、毎日口に入れたり舐めたりしているので、消毒したほうが良いのです。

では、どうやって消毒したら良いでしょうか?

今回は、おもちゃの消毒方法や頻度についてお話ししていこうと思います。

では早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

赤ちゃんのおもちゃの消毒方法は?

赤ちゃんのおもちゃの消毒方法は、おもちゃの種類によって変わります。

浸け置きして消毒 ・プラスチック製のおもちゃ
消毒液を薄めて、タオルなどで拭いて消毒 ・木製のおもちゃ
天日干しで消毒 基本的にどのおもちゃもできます。

一度浸け置きしたり、消毒液をつけたタオルで拭いたりした後で天日干しをすると、乾かすこともできて良いですよ^^

洗濯する 布製のおもちゃや、フェルトでできているおもちゃ

表にするとこんな感じです。

あまり難しくはないので、生後6カ月くらいまでは、おもちゃの消毒をおすすめします。

※薬液につけた後は、必ず水道水で薬を落としてから乾かしてください。

赤ちゃんのおもちゃの消毒頻度

日ごろから、おもちゃに限らず色々なものを口にする赤ちゃんですが、そんなに頻繁に消毒する必要はないです。

なぜかというと、毎日毎日消毒をしていると、菌への免疫力がつきにくくなるからです。

では、どのくらいの頻度でしたら良いかといいますと、大体最低1週間に1回です。

多くても3日に1回とか、汚れが気になってきたら、くらいで大丈夫です。

しかし、布製のおもちゃは、汚れて乾燥しても、そこに菌がいる可能性があるので、汚れたり濡れたりしたときは洗濯してあげましょう。


スポンサーリンク

赤ちゃんのおもちゃの消毒のおすすめ

一口に消毒といっても、色々な種類がありますよね。

なので、いくつかご紹介していこうと思います。

・ミルトン(液体でも錠剤でも可)
・シルコット(ウェットティッシュ)
・ジェームズマーティン(スプレータイプ)
・手ピカジェル

ミルトンは、哺乳瓶の消毒で使用されている方も多いのではないでしょうか?

説明書にもありますが、ミルトンは哺乳瓶の消毒と同時におもちゃの消毒もできますので、プラスチック製のものを消毒するのには丁度良いと思いますよ^^

さいごに

いかがでしたか?

私は、以前保育士をしていましたので、子どもが生まれた時は消毒しなきゃー!と少々意気込んでいました。

しかし、いざ生まれてみると、生後半年くらいになるまで、あまりおもちゃに興味を示さなかったので、消毒もあまりしませんでした。

拾い食いや誤飲も気を付けていましたが、それも特になくて肩透かしを食らった気分でした(苦笑)

それでも、机の角は良くかじっていたので、思いついた時に拭いたりしていました。

プラスチックのおもちゃは持っていて、ちょくちょく遊んでいたので、ミルトンで哺乳瓶ごと消毒していました。

容器はすでにあるし、錠剤は60粒で売っているものがあるので、それを買って使っていました。

後は、ぬいぐるみの天日干しはしましたが、他のおもちゃはあまり消毒していません。

本当に、「あ、そろそろ消毒しとこうかな」と思った時にしている感じです。

もちろん、これはお母さんの気持ちによって変わりますので、必ずそうしなければいけないわけではありませんよ。

体が弱くて、すぐに体調を崩してしまうお子さんであれば、毎日消毒した方が良いでしょうし、私のように毎日はいいかなーと何日に1回の消毒でも良いわけです。

上記でもお伝えしましたが、あまり消毒消毒と頻繁に消毒すると、菌への免疫がつかなくなって、病気になりやすくなる可能性もありますので、気を付けてくださいね。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする