赤ちゃんが鼻血を出しちゃう原因は?対処法や見分け方はどうする?

元気に遊んでいる赤ちゃんが鼻血を出したら、びっくりしますよね。

けがをした?何かの病気?!と慌てなくても良いように、赤ちゃんが鼻血を出す原因と対処方法、見分け方についてお話ししていこうと思います。

早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

赤ちゃんが鼻血を出しちゃう原因

赤ちゃんが鼻血を出すのは、主に鼻の入口付近に集まっている血管が傷つくことが原因です。

赤ちゃんの鼻の粘膜は、大人よりも少ないので、ちょっと鼻をぶつけてしまったり、自分の指を突っ込んじゃったり、擦ったりするだけで鼻血が出てしまうのです。

もちろん、風邪や何かの病気で鼻の中が炎症しても鼻血は出ます。

ほんと、うちの娘もすぐに鼻血を出してしまい最初はパニックでした(笑)

赤ちゃんが鼻血を出した時の対処法

赤ちゃんが鼻血を出しちゃったら、まずお母さん(お父さん)は落ち着きましょう。

慌てて対処しようとすると、余計に出血させてしまう可能性もあります。

対処方法ですが、赤ちゃんの小鼻を圧迫して止血しましょう。

よく、鼻血が出たら上を向くといいますが、これは間違いです。

上を向いてしまうと、血が喉の方へ流れてしまいます。

なので、できたら下を向かせて小鼻を圧迫してあげましょう。

それから、鼻血が止まってからもすぐにはお風呂に入らないようにしましょう。

鼻血が出たということは、血管が傷ついているということで、お風呂に入るとせっかくふさがってきた傷も血管が膨張することで開いてしまうのです。

なので、鼻血は止まってからも30分~1時間はおいてから入るようにしましょう。


スポンサーリンク

赤ちゃんが病気かどうかの見分け方

赤ちゃんの鼻血が病気だった場合ですが、これは止血を続けても止まりません。

また、鼻以外の場所からも出血したり、あざが出たりもするそうです。(出血してもすぐ止まる場合は特に心配ありません。)

上記のような症状がみられる場合は、すぐに小児科を受診しましょう。

さいごに

いかがでしたか?

赤ちゃんの鼻って、本当にすぐに出血するんですよ。

寝ている時に当たって出ることもあります。

うちの娘は、粘膜が多少多いのか、指を突っ込んでいても、擦っても出血はしていませんが、「いつか出血しそうだなー。」と思っています。

赤ちゃんの鼻血は、ほんの少し鼻を擦っただけでも出てしまいます。

しかし、擦ったりぶつけたりしていなくても鼻血は出ます。

例えば、夏場の暑さで血管が開いた時や、お子さんが興奮している時です。

暑さに関しては、お風呂でも出血する場合がありますので、温度には気を付けてくださいね。

それから、鼻血が出た時の対処方法ですが、血が喉に入ると、むせたり詰まったりする可能性があって危険ですので、お子さんの顔を上に向けないようにだけ気を付けてくださいね。

この対処方法は、大人にも言えることですので、ここで覚えていただければと思います。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする