赤ちゃんの歩き始めるきっかけは?練習方法とあった方が良いものは?

赤ちゃん

赤ちゃんがハイハイでたくさん動き回り、
さらにつかまり立ちを始めると、
そろそろ歩き始めるのではとワクワクしますよね!

つかまり立ちを始めたと思ったら
すぐ歩き出す赤ちゃんもいますし、
なかなか最初の一歩を踏み出さない赤ちゃんもいます。

早くて10ヶ月くらいで歩き始める子もいれば、
1歳半くらいでようやく歩き始める子もいます。
平均すると、だいたい1歳前後で歩き始める赤ちゃんが多いですね。

周りの子はもう歩いているのに、
うちの子は歩き始めるのが遅い・・・
そんな心配を抱えて悩むママも多いですよね。

私の子も、1歳をすぎても歩き始める様子がなくて、
本当に歩けるようになるの?
と不安になった記憶があります。

でもそんな心配をよそに、
1歳2ヶ月くらいで歩き始め、
あっという間に走り回るようになりましたよ。

いつかは歩き始めるとは思うけれど、
それでも知りたい
赤ちゃんの歩き始めるきっかけや、
歩く為の練習方法とあった方が良いものなどを
お伝えします!

スポンサーリンク

赤ちゃんの歩き始めるきっかけは?

赤ちゃんが歩き始めるきっかけは
どんなことでしょうか?

待ちに待った我が子の初めての一歩を見逃さないよう、
歩き始めのきっかけ、前兆をまとめてみました。

●つかまり立ちが上手にできる

最初はテーブルなどに完全に寄りかかって
やっと立っている感じですよね。
しかし、足腰の筋力とバランス感覚がつくと、
徐々に両手を使って、しっかりつかまり立ちをするようになります。

●伝い歩きが上手にできる

つかまり立ちが上手になると、
次第に何かものを取ろうとしたりして
伝い歩きを始めます。
初めは生まれたての子鹿のような
おぼつかない足取りですが、
すぐに上達してきます。

●一人で「たっち」ができる

そのうち立った状態でオモチャを取ろうとしたり、
両手で拍手したりして
一人で「たっち」ができるようになります。

そうしているうちにさらに足腰の筋力がついて、
歩き始めるのまではあと少しです!

スポンサーリンク

ここまできたら、赤ちゃんから少し離れて
「こっちにおいで〜」と声かけをしてみましょう。

ママのところに行きたいという気持ちが、
最初の一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。

赤ちゃんの歩く為の練習方法

赤ちゃんは、ズリバイやハイハイを毎日して
どんどん筋力をつけて行きます。

ですので、特別歩く為の練習は
しなくても大丈夫なのです。

とはいえ、毎日の遊びの中で
楽しく歩く練習ができたらいいですよね!

つかまり立ちを始めた頃に、
遊び感覚でできる練習方法をいくつかご紹介します。

〈親子で一緒にペンギン歩き〉
赤ちゃんの両脇をしっかりと支え、
ママの足の甲の上に赤ちゃんの足を乗せて
ゆっくり歩いてみましょう。

右足左足を順番に前に動かし、
歩く感覚をつかませます。

〈手押し車で遊ぶ〉
手押し車でたくさん歩くことで
足腰の筋力がつき、
バランス感覚も鍛えることができます。

手押し車には、
赤ちゃんが喜ぶしかけがたくさんしてあります。
押して歩くたびに動くかわいいキャラクターや、
色々な音が出るものもあります。

うちの子も手押し車が大好きで、
毎日よく遊んでいました。
2歳くらいになっても使っていたので、
結構長く遊べてオススメですよ。

赤ちゃんの歩く練習にあった方が良いものは?

先ほど、歩く為の練習方法の中でもご紹介した
「手押し車」がオススメです!

赤ちゃんの興味をひく工夫がたくさんされていて、
楽しく遊びながら歩く練習ができます。

うちの子は、2歳を過ぎた今も使っていて
結構長く遊べますよ。
一つは持っていても損はしないと思います。

さいごに

赤ちゃんが歩くきっかけや時期は、
その子その子で個人差があります。

歩き始めるのが遅いからと言って、
運動神経が悪いとかそういうことはありません。

焦らずゆっくりじっくり、
我が子の成長を見守ってくださいね。

赤ちゃんが歩き始めたばかりの頃は、
思わず笑顔になるほど本当に可愛いです。

お散歩や外での遊びを、
一緒にたくさん楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました