子どものトイレトレーニングはいつから?頻度と注意点は?

子供

2歳を過ぎた頃からおむつが外れるお友達がちらほら見られるようになり、
そろそろトイレトレーニングを始めたほうがいいのか気になり始めますね。
我が家は下の子が産まれる少し前、まだ息子が1歳9カ月の頃に試みるも上手くいかず
焦っていたことを思い出します。
まぁ今思うとトイレトレーニングを始めるのはまだ早すぎたわけですが、
それでも徐々にトイレに慣れてくれてはいました。
では、トイレトレーニングを始める最も良い年齢とは、一体いつだったのでしょうか?

スポンサーリンク

子どものトイレトレーニングはいつから?

寝返りやお座り、立つことができるようになる年齢が赤ちゃんによってみんな違うように、
トイレトレーニングを始める適齢は心身の発達の具合や環境によって違ってきます。
早いお子さんだと1歳7~8カ月になると開始できます。
お子さんの身体がトイレトレーニングの準備ができたサインとして、おむつが濡れる頻度
が目安になります。
朝起きた時におむつが濡れていない、起きているときでもおしっこの間隔が1時間半以上
空いている場合はトレーニングを開始してみてください。
トイレに行きたい時に知らせてくれる程度のコミュニケーションがとれるようになっているかどうかも、トイレトレーニングを開始する時に重要になってきますね。

2歳になったばかりの我が娘の場合、お風呂上りの時に裸でいる時におしっこをしたくなるとトイレに行きたいと知らせてくれるのですが
まだおしっこの頻度が高いので、おむつを取るのはもう少し待とうかなと思っています。
2番目以降のお子さんは年上の子を見ているので、トイレに興味を持つのも早く
恐怖心を抱くことも少ないので、早めにおむつがとれる傾向にあるようです。

スポンサーリンク

子どものトイレトレーニングをする頻度

最初は30分~1時間ごとにトイレに誘ってみてください。
数日続けると、お子さんのおしっこの間隔がわかるようになってくると思うので
様子を見ながら一緒にトイレに行く頻度を徐々に減らしていきましょう。
トレーニング開始直後は、一番成功しやすい朝起きた時だけでも良いですが、
様子を見て嫌がらないようなら寝起き、食後、帰宅後の生活の節目は成功率も高いので
必ずトイレに誘い出しましょう。
そして、上手にできたら沢山褒めてあげてください。
自信がついてきたら、お子さんは自分からトイレに行きたい意思を伝えてくれるようになります。

子どものトイレトレーニングをする時の注意点は?

嫌がるお子さんを無理やりトイレに連れて行っても成功はしません。
心身ともに発達し、準備ができていなければトイレトレーニングを早めに始めたところで
早くおむつがとれるわけではないです。
失敗はみんなします。でも絶対に叱らないでください。
成功した時にはめいっぱい褒めて、自信を付けてあげましょう。
うんち、またはおしっこのみトイレでできるようになったけれど、
どちらか一方はおむつで排泄するお子さんも多く見られます。
やきもきすることもあるかと思いますが、
焦らず、お子さんのペースに合わせてトレーニングを進めてくださいね。

さいごに

トイレトレーニングは、お子さんが産まれて最初の親子の大きなチャレンジですよね。
大人がどういう風にトレーニングを進めていいのかわからないのと同じように、
お子さんにとってもトイレでの排泄は未知の世界なのです。
早くトレーニングを始めたものの、中断しては再度チャレンジしながら
結局、3歳近くなってもおむつがとれない息子に焦りを感じていた私。
息子の場合、赤ちゃん返りも手伝ってなかなかトイレで排泄しようとしませんでしたが、
3歳1カ月の時に急におむつは完全に必要なくなりました。本当に急でした。
これがまさに、息子のトイレ排泄への準備が整った時だったのだと思います。
お子さんの発達によって早い遅いはありますが、みんなその時は必ずやってきます。
だから、焦らなくても大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました