子育ての中で運動不足解消方法は?運動方法と注意点は?

産後は授乳のおかげで減っていた体重も、卒乳後は着々と太る一方。
あえて避けてきた体重計に恐る恐る乗ってみると、そこには人生で
見たことのない数字が並んでいるではありませんか!!
事の重大さに気付き、間食をやめて食事を変えてみたものの、体重
は思ったより減らない。

産後太り、おそるべし・・・。

とはいえ、テレビで活躍されている女優さんやモデルさんは、出産
後も以前と変わらない体型で見事にカムバックを果たされています。

「特殊なボディースーツを身につけているに違いない!?」

いえいえ、彼女たちは元の体型に戻すために努力しているのです。

産後太りだからと諦めてしまうのはもったいない!

食事に気をつけていてもなかなか体型が戻らないのは、やはり運動
不足が原因です。

育児中は相当体力を使っていると思いがちですが、散歩も遊びも子
どものペースに合わせたものなので、実は運動らしい運動はできて
いないのです。

その証拠に体は軽くなるどころか鈍っていませんか?

子育て中、運動不足を実感している方は多いようです。

スポーツジムへ行く時間もないし、毎日の家事育児だけで精一杯!

だけど、運動不足解消のために何かしたい!

そんなママ達は毎日の子育ての中で運動を取り入れてみませんか?

スポンサーリンク

子育ての中で運動不足解消方法は?

最近は、子連れヨガなど赤ちゃん連れのママ向けプログラムがあっ
たりしますよね?

私は残念ながら参加したことはないですが、参加したことのあるマ
マ友の評判は上々でした。
こういったプログラムに参加するのは楽しそうですね。

でも、子連れの外出は何かと大変。
それに、少しママと離れるだけでギャン泣きする子もいれば、じっ
としていられない子もいます。
子どもが気になって集中できないことを考えるとちょっと敬遠して
しまいます。

子どもが寝てから、集中してエクササイズのDVDで汗を流すのも
いいと思います。

でも、朝から晩まで育児や家事でクタクタになった身体でやるには
かなりの覚悟が必要で、続けられるかどうか・・・。

スポンサーリンク

運動不足を解消するには、これなら毎日続けられる!という運動を
選ぶことが大事です。

最初から張り切りすぎず、まずは手軽なものからはじめてみましょ
う。

家事をしながらだって運動はできます。
例えば、洗濯物を干しながらつま先立ちしたり、料理をしながらお
腹を引っ込めたり、横にひねってみたり・・・。

状況に応じてどんな運動ができるか、体を意識するだけで違います。

運動のためだけにわざわざ時間をとる必要はありません。

いわゆる「ながら運動」は、子育て中のママに最適なのです!

子供と出来る運動方法

子どもの世話をしながら運動もできたら、まさに一石二鳥ですよね!

例えば、赤ちゃんを抱っこしたままスクワット。これは定番です。
ある程度子どもの体がしっかりしてきたら、うつ伏せの状態で、子
どもをふくらはぎの上に乗せて足で持ち上げたりして、鍛えたい場
所に負荷をかけるのにちょうどいいです(笑)
全身を使って一緒に動物などの動きのモノマネをして遊ぶのも面白
いです。
子どもが走れるぐらいになったら、外で鬼ごっこなどもいいですね。

ただ一緒に遊ぶだけではなく、鍛えたい部分を意識して使うように
すると効果的ですよ!

子育て中に子供とする時の注意点は?

子どもと一緒に運動するときは、子どもの安全を確保してから行う
ようにしましょう。
熱中するとついつい大きな動きになってしまうので、周りに危険な
ものがないかいつも以上に確認しておいてください。
また、なわとびやフラフープなど道具を使う場合も、子どもに当た
らないよう十分に注意しておきましょう。

最後に、運動に無理は禁物です。
お子さんを持ちあげて鍛えようと思ったら腰を痛めた、なんてこと
もあります。
焦らず自分のできる範囲で続けていきましょう。

さいごに

いかがでしたか?
運動はリフレッシュにもなるので、子育てにも良い影響を与えられ
そうですね。
運動不足を解消して、健康体のママを目指しましょう!

スポンサーリンク