産後の肌荒れの原因は?対処法とNGな事は?

赤ちゃんとの生活がスタートし忙しい毎日を送っていると、なかなか以前のようにはゆっくりと自分のスキンケアにかける時間なんてとれなくなりますよね。
たまに鏡を見ると自分の肌の荒れ具合に、え!!!!!っとびっくりすることもあるんじゃないでしょうか?
妊娠出産でめまぐるしくホルモンバランスが変わってしまうので、産後の肌荒れは避けては通れないものなのです。
でも、ずっとこのままだったらどうしよう?
なんとかする方法はないの?
手遅れになる前になんとかしたい!
と思っている方も多いと思いますので、産後の肌荒れの原因と対処法などをまとめてみました。

スポンサーリンク

産後の肌荒れの原因は?

産後の肌荒れの原因は、ホルモンバランス、ストレス、睡眠不足、食事バランスの乱れ、便秘、などが考えられます。

・ホルモンバランス
妊娠中にはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが増加しますが、出産とともに急激に減少していきます。
これらのホルモンの減少が妊娠中から産後にかけての肌荒れや、むくみを引き起こします。
そういえば妊娠中に肌荒れやむくみを経験した、とういう方も多いのではないでしょうか?
また、肌荒れのほかに産後の抜け毛の原因にもなります。

・ストレス
産後って今まで経験したことないくらいストレスを感じることが多いですよね。
これもホルモンバランスが関係しているのですが、ストレスを感じることでさらに肌荒れが悪化してしまいます。
ストレスの原因となることをとりのぞければいいのですが、なかなかそうもいかず・・・

・睡眠不足
新生児期の赤ちゃんはまとめて寝てくれず、2~3時間おきに授乳やミルク、そしておむつ交換。
赤ちゃんによっては1時間おきにおきてしまうなんてママもいらっしゃるんじゃないでしょうか?
じつは私がそうでした。
1時間おきに起きるし、抱っこしたままじゃないと寝てくれないし、やっと寝てくれたと思ってベットにおろすと起きちゃうし・・・
結局、抱っこしたまま座り込んで寝てました。
あの頃の自分をほめてあげたい(笑)
出産で体力を使い果たしたあとに、ゆっくり体を休む時間なんてもらえないまま突入する赤ちゃんとの生活。
寝不足になって当然ですよね。

・食事バランスの乱れ
赤ちゃんのお世話にいっぱいいっぱいで、気がついたら自分の食事なんて適当にあるもの食べておしまいになっていませんか?
ストレスからチョコレートなんかのお菓子を食べてしまったり。
野菜不足からビタミン不足につながり、それが肌荒れを引き起こしている原因にもなっているのです。

・便秘
野菜不足から便秘になってしまっていませんか?
ストレス、睡眠不足、食生活の乱れから便秘をひきおこし、結果それが肌荒れの原因につながっているのです。

産後の肌荒れの対処法

ホルモンバランス、ストレス、睡眠不足、食事バランスの乱れ、便秘、これらを解消すれば肌荒れはよくなっていきますが、どう考えても無理なはなしですよね。

ホルモンバランスは自分ではどうしようもないことですし。
個人差はありますが1年ぐらいは対処のしようがありません。

睡眠不足、これはダンナさまに協力してもらってはどうでしょうか?
ダンナさまの仕事がお休みのときは、夜中の授乳をミルクにして代わりにあげてもらいママは休ませてもらう。
お肌のためだけじゃなく、まとめて睡眠をとることによってまた赤ちゃんのお世話を頑張れるんじゃないでしょうか。
赤ちゃんとの生活は体力勝負ですから、休めるときには休まないとママが倒れちゃいますよ。

食事バランスの乱れは、意識すればなんとかなるんじゃないでしょうか?
そんなに難しく考えなくていいんです。
手軽に食べられる野菜やフルーツを用意しておいて、ささっと食べる。
野菜がたっぷり入ったスープをまとめて作り置きしておく。
ヨーグルトに市販のフルーツソースを混ぜて食べる。
これぐらいだったらなんとかなりそうじゃないですか?

便秘については食物繊維をとることで解消できますので、ヨーグルトにおからパウダーを混ぜたものを食べるだけでだいぶ違ってきますので、おからパウダーが苦手でなければ是非おすすめします。


スポンサーリンク

産後の肌荒れでNGな事は?

産後のお肌はとても敏感になっていますので、出産前と同じ基礎化粧品を使い続けるのはやめたほうがいい場合があります。
刺激がつよすぎてますますお肌が荒れてしまうなんてこともありますので。
合わなくなってるなと思ったら低刺激の敏感肌用のものにかえてください。
ゆっくりスキンケアしてる時間なんてとれない、なんて方にはオールインワンタイプの基礎化粧品を使ってみるのもおすすめです。

さいごに

産後の肌荒れは誰もが避けては通れない道です。
ママが一生懸命にがんばっている証でもあると思います。
赤ちゃんのお世話がひと段落したあと、ほんの少しの時間でもいいので自分にかけてあげる時間を作れるようダンナさまやご両親にも協力してもらって、なんとかストレスや睡眠不足の解消ができるようにしてください。
ほんの少しの時間でいいんです、自分のためだけの時間をつくることがお肌にも心にも大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする