双子の寝床はどれが楽?メリットとデメリットはある?

ベビーベッドかベビー布団か。

赤ちゃんの寝床について悩まれる方は多いのではないでしょうか。

双子ならばその選択肢はさらに増えます。

ベビーベッドにするなら1台か2台か。
布団にするならベビー布団1枚か2枚か。
購入かレンタルかという選択肢もでてきますね。

私も当時シュミレーションしながらかなり悩みました。

結局のところ、私の場合は布団もベビーベッドも使用しました。

まず、生後3カ月頃までは、私の布団を真ん中にして、ベビー布団
を2つ敷いていました。
里帰り中で広い畳の部屋だったので、迷うことなく決まりました。
次に、自宅に戻ってからは購入した双子用のベビーベッドを使いま
した。実際に使用したのは8カ月ぐらいまでです。
それ以降は、私と子ども2人でシングルの布団を2枚敷いて寝てい
ます。ちなみに使わなくなったベビーベッドは中の板を取り外して、
暖房器具や加湿器を囲うサークルとして利用しています。

決して安くはない買い物ですので、慎重に選びたいものです。

幸い、私はベビーベッドと布団両方のメリットもデメリットも実感
しました。
私が使ってみて感じたことをまとめてみましたので、是非ご参考に
してみてください。

スポンサーリンク

双子の寝床はどちらがふさわしい?

ベビーベッドとベビー布団のどちらが選べばいいか。

それは、それぞれのご家庭の事情や重視する点によって違います。

まずはどの部屋に寝床を作るかを考えてみましょう。

赤ちゃんは1日のほとんどの時間を寝ることに費やしているので、
目が届きやすいことや、お世話がしやすいことも考慮して決めた方
が良いでしょう。

また、直接赤ちゃんに風が当たるようなエアコンの真下、直射日光
が当たる場所、周りのものが倒れてくる危険性がある場所などは避
けないといけません。
上にまだ小さいお子さんがいたりペットがいる場合には、容易に赤
ちゃんに近づけないような対策が必要になります。

寝床を作れる場所がだいぶ限定されるのではないでしょうか。
我が家の場合は、寝室の一角しかスペースがありませんでした。
それでもクローゼットの扉を半分しか開けられなくなりました(笑)

次に、どういった点を重視するかです。

お世話のしやすさを重視するのか、長く使用できることを重視する
のか。

双子育児を乗り切るために少しでも楽になるのであれば、何でも利
用したい!

とはいえ、服も育児グッズも2人分近くお金がかかるのが現実。

少しでも長く使用できるものがいい!

スポンサーリンク

どちらも切実ですよね。

ベビーベッドと布団を使ってみて気づいた点を以下に挙げてみまし
た。

双子の寝床のメリット

ベビーベッドのメリット
・腰や膝への負担が少なく、おむつ替えや抱っこが楽。
・こまめに掃除する必要がない。
・少し目を離すときには安心感がある。

特に腰痛持ちのママにおすすめです。
また、世話するだけで精いっぱいの状況なので、床掃除までなかな
か手が回りません。
何か落ちているものを口にしてしまう可能性があることも考えると、
清潔面でも安心です。

布団のメリット
・サイズオーバーにならない限りは使用可能。
・リビングや寝室など簡単に移動させられる。
・添い寝ができる。
・添い乳ができるので授乳が比較的楽。

比較的長く使用でき、日中はリビング、夜間は寝室に置くことで常
に目の届く範囲に移動させることも可能です。
また、添い寝ができるので、寝た後別の場所に移動する必要がない
のはとても便利です。移動させている間に起きてしまうことは結構
あります!

双子の寝床のデメリットは?

ベビーベッドのデメリット
・圧迫感がある。
・1年もしないうちに使えなくなってしまう。

高さもあるので圧迫感があります。
また、つかまり立ちするようになってきたら柵を飛び越えて落下す
る危険性もありますので、使用することができません。
他に用途がなければ、購入するよりレンタルすることをおすすめし
ます。

布団のデメリット
・腰や膝が痛い。
・布団からはみ出る。

産後は特に体力が落ちています。布団だと抱き上げるにもおむつ替
えにも腰にかなり負担がかかりますので、私は腰痛ベルトを巻いて
痛みと戦っていました。
また、寝返りするようになってくるとかなり動きます。しょっちゅ
う布団からはみ出るので、何度も元の位置に戻さないといけません。

さいごに

いかがでしたか?

双子の場合、新生児のうちはベビーベッド1台または布団1枚でも
十分なぐらいですが、すぐに大きくなって手狭になります。遅くて
も寝返りするようになったら、覆いかぶさるなどの危険を防ぐため
にも2台または2枚用意した方が良いでしょう。
また、大人用の布団を検討される方もいらっしゃると思いますが、
うつぶせ寝で呼吸困難に陥ることがないよう、マットレスは固めの
ものにしましょう。

どういったスタイルがパパママにとって、赤ちゃんにとって、より
ふさわしいか参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク