旦那の布団が臭う原因は?対策となるべく臭いを付けない予防法は?

旦那さんの布団がくさい・・・そんな悩みをもつ方は多いと思います。
結婚したての20代のころはそんなことはなかったのに、30代になったころから徐々に気になりはじめ
40代になると臭いがひどくて、一緒に寝るのも嫌・・・なんて話も聞きますよね。
臭いの問題はデリケートなので本人にも言いにくいですが、布団にしみついた臭いが寝室に充満して、洗濯しても臭いがおちないと悩みますよね。
では今回は、旦那の布団が臭う原因・臭いの対策・臭いを付けない予防法についてご紹介します。

スポンサーリンク

旦那の布団が臭う原因は?

ところで、なぜ旦那さんの布団はこんなに臭うのでしょうか?
一番の原因は、ずばり「人間の残臭」です。特に寝具には、人の体臭がビッシリこびりついている可能性があるのです。

つまり臭い原因は、旦那さんの体臭が布団に残っているということです。
この場合、臭いをまき散らしている張本人は気づいていない可能性が高いです。
人間は自分の臭いには慣れてしまっているので、自分が臭いことに気づかないんですよね。

ところで体臭の一番の原因はなんでしょうか?それは、加齢臭だと思います。
加齢臭の原因となる物質は、皮脂の酸化によって発生する「ノネナール」で、中高年以降になるとその量が増えていきます。
加齢臭の原因となる皮脂の汚れは、布団・枕などに染みつき、通常の洗濯方法ではなかなか洗い落とすことができません。
そのため、臭いが蓄積していくのです。

旦那の布団を臭い対策

旦那さんの臭い対策は、どうすればいいでしょうか?
まずは清潔にたもつことが第一です。寝る前に、お風呂に入らずに布団に入るなんて論外です。
朝風呂派の人もいるかと思いますが、寝る前にも必ず入浴をし、身体を清潔にしてから布団に入るようにしましょう。
また、体臭対策には生活習慣を見直すことも有効です。
食事にも気をつけましょう。食事で気を付けるポイントは、脂質の過剰摂取を避けることです。
肉食中心の食事から、魚を中心とした和食に変更し、トマト・かぼちゃ・人参など、抗酸化作用の高い野菜を積極的に食べるようにしましょう。
また、アルコールの摂取も皮脂の分泌を促進するため、お酒の飲み過ぎにも注意が必要です。加齢臭対策用のサプリメント等も販売されていますので、食事改善とあわせてサプリメントを取り入れることも効果的ですよ。
また、喫煙習慣や、睡眠・運動不足等も皮脂の分泌を増やす原因となります。これを機に禁煙してもいいかもしれませんよ。
こうした生活習慣全体の改善に取り組むことが、加齢臭対策においても重要になります。

旦那さんに体臭対策をしてもらいながら、布団の臭いを軽減させるにはどうすればいいでしょうか?
一番簡単なのは、消臭スプレーを使うことです。消臭スプレーで布団の臭いを改善することができます。

また、ニオイは熱で飛ばすことができます。
布団カバーや枕カバーは洗濯することができますが、布団や枕本体は洗えませんよね?そんあときは、布団乾燥機で加熱してあげると随分とニオイが和らぎます。
そのときは、天日干しよりも布団乾燥機でしっかりと加熱するほうが効果的です。
ただ、やはり布団が臭いの原因は、布団本体というよりは、布団カバーや枕カバーが臭っていることが多いです。
布団のニオイを解消するには、布団カバーや枕カバーのケアが大切になります。

スポンサーリンク

旦那の布団の臭いの予防法は?

布団の臭いの予防としては、寝具を清潔に保つ必要があります。
上で紹介した通り、布団カバーや枕カバーをマメに洗うことが必要ですが、加齢臭や酷い体臭が染みついたカバーの汚れは、普通に洗濯機で洗っただけではなかなか落ちないんです。

ニオイが染みついたカバーを無臭に近づけるには、染みついている皮脂汚れを徹底的に落とすことが大切になります。
体臭が染みついた皮脂汚れを落とすには小まめな洗濯と、以下のアイテムを活用してみるのがおすすめです。

 過酸化ナトリウム(酸素系漂白剤)
 プリン状石鹸

過酸化ナトリウム(酸素系漂白剤)は、衣服を白くするだけでなく、皮脂汚れを落とす効果や、消臭作用もあります。
使い方は、ぬるま湯に洗剤を溶かしたところに、ニオイの気になる部分に過酸化ナトリウム(酸素系漂白剤)を直接塗ったカバーを入れて、30分~2時間程度浸け置きします。
その後は、その洗濯液ごと洗濯機で洗えばOKです。軽い加齢臭ならこれで落ちますよ。
酸素系漂白剤には液体と粉末がありますが、粉末の物の方が皮脂汚れにはより効果的です。

プリン状石鹸は聞きなれない方が多いかもしれません。プリンでできた石鹸というわけではなく、粉石けんにぬるま湯を加えてプリン状にした物のことです。
それを気になる部分に直接塗ってから、そのまま洗濯機で洗濯します。皮脂汚れをスッキリと落としてくれますよ。
過酸化ナトリウムで落ちないようなら、プリン状石鹸をプラスして洗ってみるのもおすすめです。
もちろん過酸化ナトリウム無しで、プリン状石鹸だけで洗ってみても大丈夫ですよ。
プリン状石鹸の作り方は、30℃~50℃程度のぬるま湯500mlに、粉せっけん50gを溶かして3時間以上置いておきます。すると、プリンのようにプルプルになるんですよ。

さいごに

いかがでしたか?
今回は、旦那の布団が臭う原因・臭いの対策・臭いを付けない予防法についてご紹介しました。
大切な旦那さんのことを、臭いが原因で嫌ってしまうのは寂しいですよね。
旦那さんの体臭対策のために不健康な生活習慣を見直せば、旦那さんの体調管理にもつながりますよ。
また、寝具を清潔に保つことをこころがければ、その寝具で眠る旦那さんも嬉しいですよね。
お互い思いあって、仲良く臭い対策を続けていきましょう。

スポンサーリンク